1. Home
  2. EAT
  3. ヘルシーで賢い世界の食習慣10 #まとめ

ヘルシーで賢い世界の食習慣10 #まとめ

1,338

ヘルシーで賢い世界の食習慣10 #まとめ

海外に行くと、その土地土地に根付いた食文化によく驚かされます。野菜や果物が溢れんばかりのマルシェや、豚肉を食べないイスラムのハラール食など、食事には、栄養だけでなくその国の歴史や文化、生きることを楽しくするヒントがいっぱい。そんな、世界の食事情をまとめてお届けします。

01.世界中の美味しいが集まるイスラエル料理

20170408_matome_01.jpgユダヤ人本来の食文化と各国の文化が融合したのが現在のイスラエル料理のスタイル。東欧諸国で食べられている全粒粉のパンや、クミンが効いた野菜のソースに目玉焼きがのった「シャクシュカ」、ひよこ豆のフムスなど、美味しくてヘルシーでボリュームたっぷり。そんないいとこどりのイスラエル料理が、2017年3〜4月の期間中に外苑前で楽しめます。>>世界中の美味しいがミックスされたイスラエルの朝ごはん

02.つぎつぎに食トレンドが移り変わるニューヨーク

20170408_matome_02.jpg

ニューヨークでは今、グルテンフリー・ダイエットが流行っているせいか、小麦粉の代用になるFlour(粉)の種類が豊富。マーケットにも、アーモンド粉、フラックス・シード粉、キヌア粉、玄米粉......、セレクトに悩むほど数多く揃っています。ヘルシーフードがこんなに身近にあれば、自然とヘルシー志向になりそうですね。>>グルテンフリーやスプラウテッド...日々進化するNYのヘルシーフード

03.時短で作れる、台湾のヘルシー朝ごはん

20170408_matome_03.jpg
Main Photo by Atsushi Tadokoro via flickr.

台湾の朝食メニューの定番になっている豆乳スープ「鹹豆漿」。タンパク質が豊富な大豆を含み、寝ぼけたカラダを快適にスタートさせるのにぴったり。実は、2分で作れてしまう時短ごはんでもあります。胃に優しくて腹持ちもいいというから、脂っこい食事をした翌朝にいいですね。>>台湾屋台の朝ごはん、2分で作る豆乳スープ「鹹豆漿」

04.美食大国フランスで今注目のグルメ3つ

20170408_matome_04.jpg食糧自給率100%を超えるヨーロッパ有数の農業大国。そんなフランスが国をあげて開催する「パリ国際農業見本市」は、最高の食材が集まり、その価値や味わいをプロだけでなく一般の人も堪能できるイベントです。イベントの中でも注目の品評会で金賞に輝いた、スペシャルなオリーブオイルやビール、ワインを紹介しています。>>美食大国フランスのいま。パリ国際農業見本市で出会った注目グルメ

05.知る人ぞ知る、南インドの絶品主食レシピ

20170408_matome_05.jpg

インドにはナン以外にも、おいしい主食がたくさん。中でも南インドのリゾート地、ケララ州やスリランカで食べられているポロッタが絶品です。うずまき状に薄い層が重なった平焼きパンは、サクッとしたパイのような食感。ココナッツミルクベースのカレーや欧風シチューにマッチします。>>サクっとまるでパイのような南インドの絶品主食パン「ポロッタ」の作り方

世界には、まだまだ知られていない料理がたくさん。食文化の理解を深めれば、食習慣の幅もよりいっそう広がりそうですね。

そのほか5つの食習慣はこちら栄養満点でグルテンフリー。ニース生まれの「ソッカ」世界一カフェがある街を感じる。オセアニアスタイルのカフェ中東の超ヘルシーなパワーフード、フムス専門店「Vege Stand」オープンたった2つの材料でオージーの定番おやつ #BlissBallsアメリカで今後注目のファストフード・チェーン9店

bread-image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    2. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    7. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    8. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    9. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    2. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    5. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    6. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    7. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    8. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    9. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    10. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    8. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. 【セルフチェックリスト】取れない疲れ、「3つのストレス」のせいかも

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら