1. Home
  2. EAT
  3. たった2つの材料でオージーの定番おやつ #BlissBalls

たった2つの材料でオージーの定番おやつ #BlissBalls

たった2つの材料でオージーの定番おやつ #BlissBalls

雄大な自然に囲まれたオーストラリアは、動物保護への意識が高い国。スーパーへ行けばビーガンやグルテンフリー食品のコーナーがあるのは当たり前。そんなヘルシー志向のオージーが好む定番おやつが「Bliss Ball(ブリスボール)」。砂糖・添加物不使用、グルテンフリー、かんたんに作れておいしいので注目しています。

たった2つの材料で作れる

ブリスボールの基本的な材料は2つ。好みのドライフルーツとナッツのみ。これをフードプロセッサーで粉砕して、あとは手で食べやすいサイズに丸めれば完成です。難しい作業は一切ありません。

現地では、ドライフルーツ、ナッツの他にキヌアやカカオなどのスーパーフードを加えて栄養価をアップ。朝食代わりやおやつとしてはもちろん、運動前のエネルギー補給としても親しまれています。オーストラリアへ留学していた4年前もブリスボールはコンビニで手に入るほど、身近な存在でした。

マイ定番を作ってみたくなる

ブリスボールの最大の魅力は、好みにアレンジができるところ。甘いものが食べたいときにおすすめのレシピは、デーツ×アーモンド×カカオパウダーの"トリュフ風"。濃厚な味わいになり、ヘルシースイーツにありがちな、物足りなさを感じることもありません。抹茶を加えて和スイーツ風にも、食感にアクセントが欲しいときにはココナッツフレークをプラスして......と、いろいろ試しながら作るオリジナルの「ブリスボール」には、なんだか愛着まで沸いてきそうです。

楽しみ方は無限大

生のフルーツよりも食物繊維が多いドライフルーツやナッツは、便秘しがちな女性の強い味方。加工に砂糖や塩、オイルを使っていないものを選ぶとよりヘルシーに作れます。前出したデーツやプルーン・イチジク・レーズン・マンゴーなど、使用するドライフルーツによって味わいも栄養価が異なるので、その日の体調や気分にあわせて作るのもよさそう。

誰よりも身近な私のためのおやつ「ブリスボール」、その楽しみ方は無限大です。

image via shutterstock

(佐藤文香)

あわせて読みたい

朝食にもおつまみにも。ベビーキウイにハマりそう #Nergi

続くきれいは知ることから始まる(Sponsored)

もっと自由にゆるやかに心地よい自分再発見(Sponsored)

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?