1. Home
  2. EAT
  3. グルテンフリーやスプラウテッド...日々進化するNYのヘルシーフード【カヒミ カリィの Wherever I go】

グルテンフリーやスプラウテッド...日々進化するNYのヘルシーフード【カヒミ カリィの Wherever I go】

カヒミ カリィのThe plate of my life

グルテンフリーやスプラウテッド...日々進化するNYのヘルシーフード【カヒミ カリィの Wherever I go】

アメリカではグルテンフリー・ダイエットが流行っているせいか、最近マーケットに行くと、小麦粉の代用になるFlour(粉)の種類がとても豊富になっています。アーモンド粉スペルト粉フラックス・シード粉ひよこ豆粉キヌア粉玄米粉セモリナ粉ライ麦粉など。

20170323_kahimi2.jpg

改めてじっくり商品を見てみると、こんなにたくさんの種類の粉物があるので驚きました。このところタイガーナッツのオイルやミルクをよく見かけるのですが、この間、初めて粉になったものも発見しました。その他にも、チアシードアマランサスなど、栄養価が高いと言われるスーパーフードがずらりと陳列されています。

私はチアシードを一晩水に浸してタピオカのようになったものを朝食のヨーグルトに入れたりアマランサスやまとめて茹でて水にさらしたキヌアを、お米と一緒に炊いたりサラダに入れたりしていますが、これまで粉物はそば粉や米粉、アーモンドパウダーを使ってクレープやケーキを焼く時以外、あまり使ったことがありませんでした。

20170323_kahimi3.jpgもう一つ、粉物の他に最近増えたように思うのが豆類や穀物を発芽させた商品(スプラウテッド)です。アメリカではこのところ、大豆や玄米を始めとする豆類や穀物類に多く含まれている、アブシジン酸やフィチン酸が体に良くないと言われています。

前は牛乳よりもヘルシーだと人気のあった豆乳は最近売り上げが落ちて、その代わりにアーモンドやカシューナッツ、ヘンプ、米から出来たミルクが人気になっています。今年に入ってからは、カシューナッツやアーモンドを低速低温圧搾法で作った、コールドプレスミルクの新製品を冷蔵棚に多く見かけるようになりました。

昔から大豆製品を食べている日本人からすると、そんなに良くないのかしら? と思いますが、アメリカでは発酵や発芽していない大豆はとても体に悪いと言われているのです。そこで発芽させた大豆で作った豆腐が出て来たり、先ほどお話しした豆類や穀物なども、最近ホールフーズマーケットなどの自然食品店などに行くと、あらかじめ発芽させてから乾燥させたりローストしたものを多く見かけるようになりました。パンなども、グルテンフリー&発芽させた穀物で作られたものが多くなっています。

20170323_kahimi4.jpg

NYのヘルシーフード事情はどんどん進化していて、時々ファッション雑誌をめくっているような感じでただの流行なのでは? と疑問に思うこともありますが、とても興味深く面白いなぁと思います。先日、本屋に行ったらヘルシー系の料理本で良さそうなものが増えていて、デザインもまた面白いものが多く気になりました。

最近そんな風にしてNYの食品棚をジックリと見ていたら、久しぶりに食に対する興味が湧いて来たので、近々新しい料理にチャレンジしてみたいと思っています。美味しくて身体にも優しいレシピを発見したら、こちらでまとめて紹介しますね!

カヒミ カリィ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    2. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    3. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    4. 心臓と血管のため40歳までに変えるべきことは?

    5. 健康な食事の基本。食生活にプラスしたいこと、マイナスしたいこと

    6. レモン水をめぐる5つの迷信

    7. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    8. 腰痛を引き起こす8つの習慣、しつこい痛みにサヨナラ

    9. 肌の疾患が心臓病のリスクをあげる? 意外な5つの原因

    10. おいしく食べて、心身が整う。軽井沢のヴィーガンレストラン

    1. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    2. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    3. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    4. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    5. いつも遅刻する人が、時間に正確な人に理解してほしい8つのこと

    6. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    7. やる気がなくなって、疲れがとれないときの対処法

    8. 人間性が垣間見える「ムカッ」としたときの表現 #コミュニケーション術のネタ帳

    9. 睡眠に悩むなら。研究で証明されたよく眠るための秘訣5つ

    10. 30歳を過ぎたら気を付けたい「たるみ毛穴」の対処法

    1. ドロっと多い、においが違う? 女医さんに聞く「おりもの」の疑問

    2. 綿棒を耳掃除に使うのは絶対にやめた方がよい理由

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる 8つのサイン─今日から始める、もっと健康になる方法

    4. 砂糖を1週間我慢すると起こる、イイことって?

    5. 特定の食べ物がどうしても食べたくなるとき、カラダが伝えたい6つのこと

    6. 大橋マキさんに聞く、上手にリスタートできた理由

    7. 幸せホルモン「セロトニン」を増やすといわれる食材

    8. アルツハイマー病の意外な5つの原因とは?

    9. 固定観念がくつがえる!自分らしいファッションと香りとの新しい出会い

    10. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    グルテンフリーやスプラウテッド...日々進化するNYのヘルシーフード【カヒミ カリィの Wherever I go】

    FBからも最新情報をお届けします。