1. Home
  2. EAT
  3. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

食事バランスのキホン

32,114

田邉愛理

コレステロールと心臓と血管

「こんなとき、何を食べればいいの?」――そんな食事の悩みを管理栄養士の中村美穂さんが解決。体の悩みや不調からのリカバリーに役立つ栄養知識を、食の処方箋としてご紹介します。

第5回のテーマは「食の不摂生を立て直す」。食べすぎ、飲みすぎた翌日のリカバリー術や、コレステロール値を下げる食事のポイントをみていきましょう。

筋肉、美肌、美髪がほしい! 管理栄養士に聞く、きれいになる食材

美肌、美髪、筋トレ&筋肉づくりをサポートするには何を食べればいいの? 役立つ栄養知識を、管理栄養士の中村美穂さんに聞きました。第4回のテーマは「きれ...

https://www.mylohas.net/2019/09/197776sp_nutrition_scene04.html

シーン9:LDL(悪玉)コレステロール値を下げたいです。ふだんの食事で気をつけることは?

コレステロールと血管

摂りたい栄養素

  • 食物繊維……とくに水溶性食物繊維。水分を取り込んでゲル状になり、コレステロールや不要な物質の吸収を妨げ、体外に排出させる。大腸の善玉菌のエサとなり、腸内環境を改善する
  • 不飽和脂肪酸(オメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸)……抗酸化作用があり、善玉菌が悪玉化するのを防ぎ、悪玉コレステロール値を下げる
  • βカロテン、ビタミンC、ビタミンE……抗酸化力が強く、悪玉のLDLコレステロールの酸化を抑制する

おすすめの食材

  • 海藻類(わかめなど)、こんにゃく、オクラ、キノコ類、豆類、もち麦……水溶性食物繊維
  • クルミ、オリーブオイル、アマニ油、青魚……不飽和脂肪酸
  • にんじん、ほうれん草、モロヘイヤ……βカロテン
  • アボカド、アーモンド、ひまわり油、抹茶……ビタミンE
  • ミニトマト、キウイフルーツ、柑橘類など……ビタミンC

栄養を摂るべきタイミング

ビタミンC、Eは体内に蓄積されにくく、こまめな補給が必要。

食事の間隔が空きすぎると空腹感からたくさん食べがちなので、1日3回の食事と間食を規則正しく摂り、食べすぎないことが大切です。とくに朝食を食べることで便秘を予防し、夜の食事を控えることにつながります。

避けたい食事

肉の脂、ラード、バターなど、動物性脂肪の摂取を控えましょう。アルコール、甘いジュース、お菓子も控えめに。

中村さん

中村さん

善玉と呼ばれるHDLコレステロールを増やし、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールを減らすためには、肉の脂やバターなど動物性脂肪を控え、オリーブオイル、青魚、クルミといった不飽和脂肪酸から脂質をとりましょう。

かぼちゃ、にんじん、ナッツ、ごま、赤・黄ピーマン、柑橘類など、抗酸化力のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを含む食品も有効。 血中のHDLコレステロールが酸化しLDLコレステロールとなるのを防ぐことができます。


シーン10:食べすぎ、飲みすぎた翌日にできる食の工夫はありますか?

食事

摂りたい栄養素

  • ビタミンC……アルコールの分解を早め、胃腸の粘膜の修復を助ける
  • ビタミンB1……糖質やアルコールの代謝を促す
  • ビタミンU(キャベツから発見された水溶性化合物)……胃酸の分泌をおさえ、胃腸の粘膜の修復を助ける
  • ……尿で排泄する。脱水症状を防ぐ

おすすめの食材

  • トマト、赤・黄ピーマン 、キウイフルーツ、柑橘類など……ビタミンC
  • キャベツ、セロリ、パセリ……ビタミンU
  • 大根、かぶ……消化を促す酵素を含む。生ですりおろして食べて
  • 梅干し、梅干し番茶、しょうが……解毒作用

栄養を摂るべきタイミング

栄養を摂ることより胃腸を休めることが大切。食事は消化によいものを少量にとどめましょう。野菜スープがおすすめ。

避けたい食事

消化に負担のかかる脂質の多いものは控えて。胃に刺激を与える辛味、酸味の強いもの、味の濃いもの、カフェイン、アルコールもNGです。

中村さん

中村さん

食べすぎた胃腸を休めるためには“食べない”のが一番ですが、飲みすぎにはアルコール代謝を高めるビタミン類が必要。ビタミンUは食べすぎ、飲みすぎのどちらにも効きます。


5回に渡ってお届けしてきた「悩み別・摂りたい栄養素」、いかがでしたか? 私たちの体とその働きは、日々の食事で成り立っています。栄養素が体に与える働きを知ることは、きっとセルフコントロールに役立つはず。体の悩みや不調を感じたら、ぜひ身近な食材から取り入れてみてください。

第1回:体の悩みを栄養で解決! 疲れがとれないときに食べたいものは?
第2回:ダイエット&体脂肪を落とすときは何を食べる? 管理栄養士がアンサー
第3回:貧血になりがち、体調が悪い。不調から抜け出すために食べたいものは?
第4回:筋肉、美肌、美髪がほしい! 管理栄養士に聞く、きれいになる食材
第5回:LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

>>特集「食事バランスのキホン」の他の記事を読む

不摂生を立て直そう

LDLコレステロール値を下げたい! コレステロールを下げる食品&食べ方

コレステロール値はどうやって下げることができるのでしょうか? 管理栄養士が解説する、コレステロールを下げる食品&食べ方を紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/04/188393diet_cholesterol.html

管理栄養士が教える、食べ過ぎた次の日のNG行動3つ

実は食べ過ぎたあとに何をするかで、その後の体重が左右されるかも。管理栄養士が教える、食べ過ぎた次の日の3つのNG行動って?

https://www.mylohas.net/2018/09/175025diet_overeating.html

管理栄養士・中村美穂さん

中村美穂(なかむら みほ)さん
管理栄養士・フードコーディネーター。料理好きから管理栄養士となり、おいしく楽しく身体にやさしい料理やお菓子を探求。商品開発や、保育園栄養士としての給食作り・食育活動・食事相談等の経験を活かし、料理教室「おいしい楽しい食時間」を開催。書籍・雑誌へのレシピ提供も多数担当している。

取材・文/田邉愛理、企画・構成/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?