1. Home
  2. EAT
  3. 管理栄養士が教える、食べ過ぎた次の日のNG行動3つ

管理栄養士が教える、食べ過ぎた次の日のNG行動3つ

18,385

shutterstock_505757311

ついつい食べ過ぎてしまったとき、どうしていますか? 実は食べ過ぎたあとに何をするかで、その後の体重が左右されるかも。

管理栄養士が教える、食べ過ぎた次の日のNG行動をご紹介いたします。

1. 食事を抜く・極端に食事量を減らすのはNG

shutterstock_1063891508

食事を抜いて、食べ物が長時間体に入ってこないと、脳が飢餓状態と判断してしまいます。すると、次に食べ物が入ってきた時に体が余計に脂肪を蓄えようとしてしまうため、太りやすい体質になってしまいます。(「Diet Plus」より引用)

ついやりがちなのが次の日の食事を抜いたり極端にカロリーを制限してしまうパターン。カロリーを控えて帳尻を合わせればいいと思っていましたが、次の食事に備え、体は蓄えモードになってしまうそう。

食べ過ぎた次の日の体重増加は、実はほとんどむくみとも言われます。体重をみて焦らずに、3日ぐらいで元に戻そうというスタンスでも大丈夫なのです。

2. 炭水化物抜き・野菜だけの食事もNG

shutterstock_400298848

食べすぎた翌日にご飯やパン、麺類などの炭水化物を一切食べなかったり、野菜だけの食事にすると栄養のバランスに偏りが出てしまいます。(「Diet Plus」より引用)

カロリーコントロールしよう! と思うと最初にするのが主食の量を減らすこと。でもその食事の仕方では栄養のバランスが崩れ、代謝がうまく回らないことに......。極端な食事制限はせずバランスよく食べることが大切のようです。

shutterstock_3272929

食べ過ぎてしまった時に摂るとよいものは、こちら。

水分

一度にたくさん摂らずこまめに。尿量を増やし、老廃物を排出し代謝を促しましょう。温かい白湯やお茶などを飲んで、体を冷やさないこともポイント。

野菜

野菜はビタミンB群やカリウム、食物繊維が豊富。代謝を助けてくれる上に、低カロリーなので食べ過ぎた後にはぴったりです。毎食摂るよう心がけましょう。

たんぱく質

摂取した時に消費するエネルギーのことを「食事誘発性熱産生」というそうですが、これが高いのがたんぱく質。おすすめは魚を主菜にすること。魚介類に含まれるタウリンは、食べ過ぎで働き続ける肝臓を助けてくれるのだそう。

3. 塩分、アルコールも要注意

shutterstock_370951817

食べ過ぎた翌日は揚げ物、甘いスイーツや菓子類などの高エネルギーな食品は控えておきましょう。また、塩分にも注意が必要です。(中略)アルコールはアルコール度数が高いものほど高エネルギーであるうえに、食欲を増進させて、おつまみで脂っこいものや塩分が多いもの摂取も増えがちになるので注意が必要です。(「Diet Plus」より引用)

ダイエット中に控えたい甘いお菓子などの高カロリーな食品をはじめ、やはり、注意すべきはアルコールと塩分。ここは誘惑に負けず、カロリーコントロールを心がけましょう。

食後24〜48時間で、食べたものが脂肪になる

shutterstock_332045699

食事で摂りすぎたエネルギーが脂肪として蓄えられるのは、24〜48時間(「Diet Plus」より)」と言われています。食べ過ぎたものを消費するには、やっぱり運動も大切。

階段を使う、ひと駅歩くなど、日常の動作に運動をプラスしていくだけでも変わります。

体重が増えるとちょっとテンションが下がるもの。食べ過ぎてしまっても後悔して落ち込んでしまうより、まず行動! NG行動を避けてしっかり体調管理していきたいものですね。

ウェイトコントロールに役立つ栄養たっぷりレシピ

時短でヘルシー栄養たっぷりサバカレーの作り方

時間がないときでもすぐできておいしいサバ缶を使ったサバカレーレシピ(作り方)をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/01/0114sabacurry.html?test201808

低カロリーでタンパク質が豊富なチーズ3種とダイエットレシピ

ダイエット時には避けた方がよさそうなイメージのチーズですが、種類によってはダイエットの味方になってくれるそう。管理栄養士のおすすめするチーズの種類と...

https://www.mylohas.net/2018/02/cheese_diet.html?test201808

Diet Plus

image via shutterstock

クリハラチナツ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    2. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    3. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    4. ヒントは「脳科学」にあった! 何も叶わない、変わらない現状を変える方法

    5. 幸せになれるのは一瞬だけ。本当は怖い「疲れたときには甘いもの」

    6. ひたすら「なぜ」を繰り返すだけ。ネガティブ思考を消し去る方法

    7. 地味だけど栄養豊富。チーズ欲も満たせるカリフラワーのマッシュポテト

    8. 納豆とヘルシー食材で夏バテ&冷え対策。管理栄養士おすすめレシピ3つ

    9. アルツハイマーを予防する? 驚きの健康パワーを持つオリーブオイルの見分け方

    10. あなたも「急かし」症候群? 自分のリズムを取り戻す7つの方法

    1. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    4. 納豆パワー5つ。健康やダイエットに効果的な食べ方とは?

    5. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    6. 代謝を上げたいなら「炭水化物抜き」はやめて。食事で代謝アップするヒント

    7. 食事で代謝アップするには? こんな女性は代謝が落ちています

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 肺がんにならないために、今日からできること10

    10. 理学療法士おすすめ。10秒で「緊張性頭痛」を軽くする方法

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    9. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    10. 肺がんにならないために、今日からできること10

    管理栄養士が教える、食べ過ぎた次の日のNG行動3つ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More