1. Home
  2. EAT
  3. 管理栄養士が教える、食べ過ぎた次の日のNG行動3つ

管理栄養士が教える、食べ過ぎた次の日のNG行動3つ

50,850

クリハラチナツ

shutterstock_505757311

ついつい食べ過ぎてしまったとき、どうしていますか? 実は食べ過ぎたあとに何をするかで、その後の体重が左右されるかも。

管理栄養士が教える、食べ過ぎた次の日のNG行動をご紹介いたします。

1. 食事を抜く・極端に食事量を減らすのはNG

shutterstock_1063891508

食事を抜いて、食べ物が長時間体に入ってこないと、脳が飢餓状態と判断してしまいます。すると、次に食べ物が入ってきた時に体が余計に脂肪を蓄えようとしてしまうため、太りやすい体質になってしまいます。(「Diet Plus」より引用)

ついやりがちなのが次の日の食事を抜いたり極端にカロリーを制限してしまうパターン。カロリーを控えて帳尻を合わせればいいと思っていましたが、次の食事に備え、体は蓄えモードになってしまうそう。

食べ過ぎた次の日の体重増加は、実はほとんどむくみとも言われます。体重をみて焦らずに、3日ぐらいで元に戻そうというスタンスでも大丈夫なのです。

2. 炭水化物抜き・野菜だけの食事もNG

shutterstock_400298848

食べすぎた翌日にご飯やパン、麺類などの炭水化物を一切食べなかったり、野菜だけの食事にすると栄養のバランスに偏りが出てしまいます。(「Diet Plus」より引用)

カロリーコントロールしよう! と思うと最初にするのが主食の量を減らすこと。でもその食事の仕方では栄養のバランスが崩れ、代謝がうまく回らないことに......。極端な食事制限はせずバランスよく食べることが大切のようです。

shutterstock_3272929

食べ過ぎてしまった時に摂るとよいものは、こちら。

水分

一度にたくさん摂らずこまめに。尿量を増やし、老廃物を排出し代謝を促しましょう。温かい白湯やお茶などを飲んで、体を冷やさないこともポイント。

野菜

野菜はビタミンB群やカリウム、食物繊維が豊富。代謝を助けてくれる上に、低カロリーなので食べ過ぎた後にはぴったりです。毎食摂るよう心がけましょう。

たんぱく質

摂取した時に消費するエネルギーのことを「食事誘発性熱産生」というそうですが、これが高いのがたんぱく質。おすすめは魚を主菜にすること。魚介類に含まれるタウリンは、食べ過ぎで働き続ける肝臓を助けてくれるのだそう。

3. 塩分、アルコールも要注意

shutterstock_370951817

食べ過ぎた翌日は揚げ物、甘いスイーツや菓子類などの高エネルギーな食品は控えておきましょう。また、塩分にも注意が必要です。(中略)アルコールはアルコール度数が高いものほど高エネルギーであるうえに、食欲を増進させて、おつまみで脂っこいものや塩分が多いもの摂取も増えがちになるので注意が必要です。(「Diet Plus」より引用)

ダイエット中に控えたい甘いお菓子などの高カロリーな食品をはじめ、やはり、注意すべきはアルコールと塩分。ここは誘惑に負けず、カロリーコントロールを心がけましょう。

食後24〜48時間で、食べたものが脂肪になる

shutterstock_332045699

食事で摂りすぎたエネルギーが脂肪として蓄えられるのは、24〜48時間(「Diet Plus」より)」と言われています。食べ過ぎたものを消費するには、やっぱり運動も大切。

階段を使う、ひと駅歩くなど、日常の動作に運動をプラスしていくだけでも変わります。

体重が増えるとちょっとテンションが下がるもの。食べ過ぎてしまっても後悔して落ち込んでしまうより、まず行動! NG行動を避けてしっかり体調管理していきたいものですね。

ウェイトコントロールに役立つ栄養たっぷりレシピ

時短でヘルシー栄養たっぷりサバカレーの作り方

時間がないときでもすぐできておいしいサバ缶を使ったサバカレーレシピ(作り方)をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/01/0114sabacurry.html?test201808

低カロリーでタンパク質が豊富なチーズ3種とダイエットレシピ

ダイエット時には避けた方がよさそうなイメージのチーズですが、種類によってはダイエットの味方になってくれるそう。管理栄養士のおすすめするチーズの種類と...

https://www.mylohas.net/2018/02/cheese_diet.html?test201808

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    3. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    6. 簡単ドーシャチェックで、あなたのアーユルヴェーダ体質を診断!

    7. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    8. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    9. 毎日たった2分。美顔器で顔のコリをほぐして、たるみをアップ!

    10. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. 深い眠りが脳の大掃除をしてくれる!?

    4. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    5. インフルエンザ対策、ここがポイント。ピークが来る前にどう防ぐ?

    6. 低カロリーなのに、お昼までお腹が空かない! ヘルシー朝食9選

    7. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    8. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    9. 「確実に効果が出る」筋トレとは? 初心者でも大丈夫

    10. 管理栄養士が教える、風邪予防におすすめな食材ベスト3

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. 甘いもの、こってりしたものが欲しいとき。代わりに食べるといい食品5