1. Home
  2. EAT
  3. 貧血になりがち、体調が悪い。不調から抜け出すために食べたいものは?

貧血になりがち、体調が悪い。不調から抜け出すために食べたいものは?

食事バランスのキホン

4,245

田邉愛理

女性の不調

「こんなとき、何を食べればいいの?」――そんな食事の悩みを管理栄養士の中村美穂さんが解決。体の悩みや不調からのリカバリーに役立つ栄養知識を、食の処方箋としてご紹介します。

第3回のテーマは「身体の不調」。つらい貧血風邪の症状改善を、栄養素でサポートしていきましょう。

体の悩みを栄養で解決! 疲れがとれないときに食べたいものは?

疲れやすい。体力をつけたい。そんなときは何を食べればいいの? 体の悩みや不調からのリカバリーに役立つ栄養知識を、管理栄養士の中村美穂さんに聞きました...

https://www.mylohas.net/2019/09/197602sp_nutrition_scene01.html

シーン5:貧血になりがちです。鉄が足りないのでしょうか?

貧血

摂りたい栄養素

  • タンパク質……血液の材料。鉄の吸収を高める
  • ビタミンB6……タンパク質の分解や生合成に役立つ
  • ……酸素を全身に供給し貧血を予防
  • ビタミンC……鉄の吸収率を高める
  • ……赤血球のヘモグロビンの合成や鉄の吸収を促す
  • 葉酸、ビタミンB12……赤血球を作る

おすすめの食材

  • 赤身の肉、魚、卵、大豆、アサリ、しじみ……タンパク質、鉄(動物性に含まれるヘム鉄のほうが、植物性食品に含まれる非ヘム鉄より吸収率が高い)、ビタミンB6、ビタミンB12
  • 緑黄色野菜、海藻、きくらげ……鉄、葉酸
  • 干しエビ、ココア、ホタルイカ、ごま、カシューナッツ……銅
  • いちご、レモン、キウイフルーツ、柑橘類、赤・黄ピーマン、パセリ……葉酸、ビタミンC

栄養を摂るべきタイミング

カルシウムを含む乳製品、タンニンを含む紅茶、緑茶、コーヒーは、食事ではなく間食として別の時間帯に摂るなど工夫して、鉄の吸収を妨げないようにしてください。

避けたい食事

カルシウム、ポリフェノール類、食物繊維、フィチン酸(玄米)は、植物性食品に含まれる非ヘム鉄の吸収を阻害します。サプリメントをよく飲む人は、鉄・カルシウム・食物繊維を同時に摂取しないようにしないようにしましょう。

ヘム鉄の多い動物性食品もバランスよく食べ、タンパク質・ビタミンCなど鉄の吸収を高める食品と合わせて摂りましょう。

中村さん

中村さん

貧血の解消には鉄だけでなく、血液の材料になるタンパク質が必要です。

ダイエットや不規則な食生活で、食事量が減ったり栄養の偏りがあると貧血になりやすくなります。鉄の多い食材を積極的に取り入れ、バランスよく食べるようにしましょう。


シーン6:風邪気味、のどが痛い、鼻水、頭痛...体調が悪いときに摂りたい栄養は?

風邪気味で頭痛がする女性

摂りたい栄養素

  • ビタミンC……身体の回復力を高める、のどや鼻の粘膜を強くする
  • ビタミンA・βカロテン……免疫力を高める。粘膜を正常に保つ
  • カリウム…… 細胞の浸透圧の維持や、水分の保持に必要。汗で失われやすい
  • 水分……体内の水分バランスを整え、発熱による脱水症状を防ぐ

おすすめの食材

  • 小松菜、白菜、れんこん、かぶ、みかん、いちご……ビタミンC
  • にんじん、かぼちゃ、トマト……βカロテン
  • 大根、かぶ……でんぷんを分解し消化を促す酵素や、炎症を抑える辛み成分を含む。すりおろして生で食べるとよい
  • りんご、バナナ……カリウム、糖質
  • れんこん、はちみつ……炎症を抑える。せき、痰、のどの痛みに
  • ネギ……体を温め、殺菌効果もある。発熱、頭痛に
  • しょうが……血行を促進し体を温める。せき、痰に。解毒作用もある
  • シナモン……血行を促進し体を温める
  • 梅干し……せき、痰、のどの痛みに。解毒作用もある。梅干し番茶もおすすめ

栄養を摂るべきタイミング

ビタミンC、カリウム、水分はこまめに補給しましょう。

避けたい食事

消化に負担のかかる脂質の多い食品や、唐辛子や乾燥した食品など弱った粘膜を刺激するものはNG。シナモン、しょうがなどの体を温めるスパイスも摂りすぎは禁物です。

中村さん

中村さん

血流をよくし代謝を促すこと、のどや鼻の粘膜の修復を促すことが対処の基本。温かい料理や飲み物がよいですが、熱すぎると粘膜を痛めるので注意してください。

発熱しているときは、水分が多く熱を下げる豆腐果物を。食欲があれば野菜入りのうどんや雑炊など消化のよいメニューで、糖質、タンパク質やビタミン、ミネラルをとり回復を促しましょう。


管理栄養士の中村美穂さんに聞く「悩み別・摂りたい栄養素」、次回は 「きれいをつくる栄養素」 をテーマに、美肌・美髪・筋肉づくりに役立つ栄養素をレクチャーします。

第1回:体の悩みを栄養で解決! 疲れがとれないときに食べたいものは?
第2回:ダイエット&体脂肪を落とすときは何を食べる? 管理栄養士がアンサー
第3回:貧血になりがち、体調が悪い。不調から抜け出すために食べたいものは?
第4回:筋肉、美肌、美髪がほしい! 管理栄養士に聞く、きれいになる食材
第5回:LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

>>特集「食事バランスのキホン」の他の記事を読む

不調対策に役立つのは?

バナナを皮ごと加熱する「温バナナ」。秋の不調に役立つ理由は?

なんとなく調子がでない季節の変わり目は「温バナナ」でゆっくり栄養補給を。心身がバテない食薬習慣の取り入れ方を漢方カウンセラーの著書から学びます。

https://www.mylohas.net/2019/09/198149book_banana.html

風邪や歯周病予防にはビタミンDを! 免疫機能との関係って?

丈夫な骨を作ることに関わるビタミンD。最近では骨づくりにとどまらない驚くべき力を持っているということで、改めて注目を浴びています。カゼやインフルエン...

https://www.mylohas.net/2019/08/196884vitamind.html

管理栄養士・中村美穂さん

中村美穂(なかむら みほ)さん
管理栄養士・フードコーディネーター。料理好きから管理栄養士となり、おいしく楽しく身体にやさしい料理やお菓子を探求。商品開発や、保育園栄養士としての給食作り・食育活動・食事相談等の経験を活かし、料理教室「おいしい楽しい食時間」を開催。書籍・雑誌へのレシピ提供も多数担当している。

取材・文/田邉愛理、企画・構成/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?