1. Home
  2. BODY
  3. バナナを皮ごと加熱する「温バナナ」。秋の不調に役立つ理由は?

バナナを皮ごと加熱する「温バナナ」。秋の不調に役立つ理由は?

5,037

鈴木希

バナナ

なんとなく調子がでない、季節の変わり目。

カフェインを摂ったり、マッサージに行ったり、なんとか気分を変えようとしがちですが、漢方カウンセラーの大久保愛(おおくぼ あい)さんは「心がバテないためには、食べて治す食薬習慣が大事」だと言います。

日本初の国際中医美容師であり、漢方カウンセラーとして年間2000人以上の女性の悩みに応えてきた大久保さん。その経験と、栄養学、腸活、漢方の知識が詰まった著書『心がバテない食薬習慣』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)には、1週間にひとつずつ、その時季に食べるとよい食材が掲載されています。

日々の食事こそもっとも効果のある薬であり、どんなものを食べるかによって心と体に現れる結果は異なるのだとか。

では、夏の疲れを引きずったまま秋に向かうこの季節には、どうしたらいいのでしょうか? 本書からヒントを学びましょう。

漢方でも「腸内環境」は心に大事

お腹

漢方では、体質の判断は胃腸の状態の良し悪しに左右されると考えられているそう。「つまり、心と体の健康はすべて、胃腸の状態によって差が出る、としているのです」と大久保さん。

じつは、日本人は昔から胃腸の弱い民族といわれており、体調を整えるには胃腸を整えることが最優先事項。胃腸が弱い理由のひとつとしてアジア圏特有の「ピロリ菌」があげられ、胃酸を中和してしまうことで胃酸の分泌が低下し、腸内環境の悪化につながるそう。

ふたつめの理由は日本特有の湿気の多い気候で、大久保さん曰く「漢方では、湿気の多いときは胃腸の働きが低下する」。体内細菌や気候が起因しているとは驚きです。

「炎症」をおさえることが安定のカギに

オイル

では、心を乱す原因はなんなのでしょうか? そのカギは「炎症」にあると本書の中では書かれています。

体にとって必要のないものをとりすぎて胃腸に負担がかかると腸内環境が悪化し、未消化物や細菌、重金属などの有害物質などが体内に吸収されて「炎症状態」が起こります。すると、脳に影響したり炎症を抑えるために副腎や肝臓などの臓器にまで影響。このように著しく腸内環境が乱れてしまうと体の不調となり、心を乱してしまうのです。

そこで積極的にとりたいのが、こちら。

心を乱す炎症がからだの中で継続的に起こることで、心のコントロールが効かなくなっていきます。これらをおさえるために必要なのが次の3つです。

  1. 炎症をおさえ、抗菌作用のある「油」
  2. 炎症をおさえ、抗菌作用があり、解毒を促す「抗炎症食品」
  3. 腸の環境を整える善玉菌を増殖させるための「整腸食品」

『心がバテない食薬習慣』45ページより引用

油の中でも、アマニ油やエゴマ油などのオメガ3脂肪酸、MCTオイルやココナッツオイルなどの中鎖脂肪酸がおすすめ。本書では、毎週の気候に合わせて、これらの食材を分担してとっていく食薬プログラムが詳しく紹介されています。

バナナは温めて食べるべし

バナナ

夏から秋の季節の変わり目は、寂しさを感じやすくなり、行動力もダウン。とくに夏の冷房で体が冷え、新陳代謝が落ちている9月は、便秘になりがちに

そこで注意しなければならいのが、「水分の摂取量」だと大久保さんは言います。夏より気温が下がってきていることで、知らず知らずのうちに水分補給の回数が減り、体が乾燥して便秘の症状が出るそう。

腸内環境悪化によりビタミンB群の吸収が低下し、感情を豊かにするホルモンをたくさん作り出せなくなるので、意欲がわかなかったり、悲しくなったり。さらに、エネルギーを作るミトコンドリアの働きが低下して、やる気や行動力がなくなり、ダルさを感じやすい状態になってしまうことも。

そこで、大久保さんが提案するのが、朝の「温バナナ」。作り方はとても簡単で、バナナをレンジやオーブン、フライパンなどで、“皮ごと”トロッとするまで加熱するだけ。

加熱することで「フラクトオリゴ糖」が増えて糖度が上がるため、お砂糖なしでも十分満足感があり、腸内環境も改善できます。皮に含まれるカリウムがバナナの果肉部分に溶け出るので、皮ごと温めるのがコツです。

『心がバテない食薬習慣』189ページより引用

「バナナに含まれる糖類は、すぐにエネルギー源となる単糖類が中心なので、午前中の気力につながります」と大久保さん。

本書には、食薬習慣のほかに季節に合わせた生活習慣や運動なども紹介されているので、食事とあわせて取り入れていきたいもの。毎日の食事で時季に合った正しい食材をとり、年間を通して元気な心と体を手に入れたいですね。

とりいれたい漢方の知恵

漢方に精油…。カヒミ・カリィさんが実践する片頭痛の対処法

カヒミ・カリィさんの人気連載は、2018年4月からよりヘルシーな内容になってお届け。今回は、カヒミ・カリィさんが悩まされている片頭痛についてのお話で...

https://www.mylohas.net/2019/06/192989kahimikarie.html

現役漢方医が指南する「うつ消し」。情緒不安定やストレスにアプローチ

ストレスでうつ状態になったとき、対話をベースに自然な形で治したいもの。東洋医学の治療法を話題の本『うつ消し漢方』に学びましょう。

https://www.mylohas.net/2019/06/193356book_kanpo.html

心がバテない食薬習慣 ]image via shutterstock

    Ranking

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 放っておくと薄くなる!? 抜け毛の深刻化を防ぐ、医師おすすめの解決策

    4. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    5. 秋のアレルギー・花粉症の8つの症状。ブタクサ、カビ以外の原因は?

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 【クイズ】すぐやせる糖質制限ダイエット。何が落ちてる?

    9. ビタミンB12の多い魚介類ベスト6。不足すると強い疲労感に襲われる

    10. カヒミ・カリィさんの、おいしく楽しい、栄養豊かな毎日を送るヒント

    1. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 耳からポコポコ異音がする...原因はまさかの「あの虫」!(写真無し)

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その運動はムダばかり。体重が減らないワークアウトのNG例

    7. いつものお弁当やごはんを、ダイエット向きに仕上げる3つのポイント

    8. 動いているのに体重が増える4つの理由。タンパク質の摂りすぎかも!?

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. LDLコレステロール値を下げたい。管理栄養士の「不摂生を立て直す食事」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    4. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    7. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    8. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    9. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    10. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?