1. Home
  2. EAT
  3. 発酵食品の健康パワーとは?納豆、ヨーグルト、味噌…食品別に解説

発酵食品の健康パワーとは?納豆、ヨーグルト、味噌…食品別に解説

10,709

横田ゆき

fermentation_main

味噌、納豆、ヨーグルト、甘酒、ぬか漬けなど、おいしくて体にいいと評判の発酵食品。最近、健康に役立つ菌を摂ろうとする“菌活”で注目している人もいるのでは?

でも、発酵食品の魅力は、菌を摂ることだけにあらず! 微生物と食品の組み合わせによって、新たに生み出された栄養成分が、あなたの健康をよりサポートしてくれるというのです。

さっそく、代表的な発酵食品5つの健康パワーを「太陽fufufu」より紹介します。

5種類の発酵食品別の健康パワー

味噌:“中途半端”な発酵が、いいものを生む

shutterstock_76995967

醤油は、発酵の過程で酵素がタンパク質をアミノ酸になるまでしっかりと分解しますが、味噌は発酵を中途半端に終わらせるので、アミノ酸まで分解される手前のペプチドが多く含まれています。(「太陽笑顔fufufu」より)

味噌も醤油も、大豆、塩、麹を発酵させて作ります。醤油は、しっかり発酵を進ませるので、酵素の力でタンパク質がアミノ酸に分解されますが、味噌は発酵を中途半端に終わらせるため、醤油よりもペプチドが多く入っているのです。

このペプチドは、体内に吸収されやすくなったり、血圧を下げたりなど、健康にいい働きをしてくれます。また、味噌作りの工程には「ろ過」がないため、原料の大豆に含まれる食物繊維、不飽和脂肪酸、ビタミンE、イソフラボンなども豊富です。

ヨーグルト:腸内細菌のバランスを整える乳酸菌

shutterstock_791083180

よい働きをする菌を摂ると言う菌活に、ぴったりなのはヨーグルト。健康を左右する腸内細菌のバランスを整えてくれる、乳酸菌を摂ることができます。(「太陽笑顔fufufu」より)

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸のなかで食物繊維などの餌を食べ、健康パワーを発揮。“菌活”でも注目されている食品です。

また、乳酸菌のほかに、原料の牛乳には三大栄養素、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。

納豆:大豆そのものの力が一番!

shutterstock_797584267

大豆を発酵させる納豆菌。それが作るナットウキナーゼという酵素に血栓を溶かす働きがあるとされています。(「太陽笑顔fufufu」より原文ママ)

納豆の魅力は、ナットウキナーゼだけではありません。原料の大豆そのものの力が、驚くほど豊富に含まれているのです。

例えば、三大栄養素がバランスよく含まれるほか、抗酸化作用があるビタミンE、カルシウムやカリウム、マグネシウムなどのミネラル、食物繊維、イソフラボンなど。じつは、これほど多くの栄養を含む食品はほかにあまりないと言われるくらい、納豆の健康パワーはすごいんです。

7月10日は納豆の日。納豆をもっと効果的に食べる5つの方法

7月10日は納豆の日。日本の食卓に定番の納豆はおいしさはもとより、今や世界でも健康効果が認められているほど多くの栄養素がぎゅっと詰まっています。今回...

https://www.mylohas.net/2018/07/170881july10_natto.html?test2018a

甘酒:ビタミン類が作られ、栄養も吸収されやすく

shutterstock_767947747

米から作られる麹に米を加えて作る、日本の伝統的な飲料。麹菌の働きで、米にはないビタミン類が作られます。(「太陽笑顔fufufu」より)

江戸時代には体力を消耗しやすい夏場に飲まれていたと言う甘酒。麹菌によって作られたビタミン類を多く含み、発酵の力によって体に吸収されやすくなっています。

ビタミン類のほかにブドウ糖、必須アミノ酸など、病院で栄養補給のために受ける点滴と同じものが入っているため、“飲む点滴”として注目を浴びています。

ぬか漬け:生の野菜よりも栄養豊か

shutterstock_754668163

もともと米ぬかが持っている栄養分と、微生物が新たに生み出したビタミン類が野菜に移行。生の野菜に比べて、栄養価が高くなることが、健康にいいと言われる理由です。(「太陽笑顔fufufu」より)

米ぬかに野菜を漬け込む発酵漬物の代表格、ぬか漬け。

米ぬかに含まれるタンパク質やミネラルといった栄養素によって、乳酸菌や酵母などの微生物の働きが活発になり、新たにビタミン類が生み出されます。こうした栄養素が、つけ込んだ野菜に移り、生のまま食べるよりも栄養価が高くなると言われています。

おいしい発酵食品レシピ

低カロリーでボリュームたっぷりなお豆腐みそグラタン

豪華な食事が続く年末年始、家でゆっくりできる日に食べたい、低カロリーでヘルシー高たんぱくなお豆腐みそグラタンのレシピ(作り方)をご紹介します。味噌が...

https://www.mylohas.net/2017/12/066504diet_recipe.html?test201808

そうめんや、つけだれに! ほしい健康効果別の「納豆レシピ」3つ

総コレステロールを下げると言われている「大豆レシチン」や、抗酸化作用が期待できる「大豆サポニン」、血栓症予防効果が期待できる「ナットウキナーゼ」など...

https://www.mylohas.net/2018/08/173577natto_recipe.html?test201808

太陽笑顔fufufu

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. 「感じのいい人」と「感じの悪い人」の違いは脳の使い方にあった!

    4. 【クイズ】頭痛を早く治すには?

    5. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    6. ダイエット中の人に言ってはいけない! 7つの禁句とOKワードは?

    7. 高栄養&腸内環境を整える「甘酒」の作り方。炊飯器で放置するだけ!

    8. ひどい肩こり解消エクササイズ「サイドプランク」

    9. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    10. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. ひどい肩こり解消エクササイズ「肩甲骨プッシュアップ」

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    5. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    6. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!