1. Home
  2. EAT
  3. そうめんや、つけだれに! ほしい健康効果別の「納豆レシピ」3つ

そうめんや、つけだれに! ほしい健康効果別の「納豆レシピ」3つ

4,786

知恵子

20180829_natto_1

夏バテは残暑が厳しい頃にもなりやすいと言われています。まず気を付けたいのは、健康を支える食事。日本の伝統食として愛され続けている「納豆」を使った、栄養たっぷりの納豆料理はいかがでしょうか?

悪い細菌の増殖も抑制する

総コレステロールを下げると言われている「大豆レシチン」や、抗酸化作用が期待できる「大豆サポニン」、血栓症予防が期待できる「ナットウキナーゼ」など、健康作用が期待される成分がたくさん含まれている納豆。

倉敷芸術科学大学 名誉教授の須見洋行先生によると、「O-157」といった体に悪い菌の増殖を抑制する力もあるのだとか。「O-157」に限らず、さまざまな食中毒を引き起こす他の細菌に対しても同様に力を発揮すると見込まれているのです。

20180829_natto_2

納豆は発酵食品なので、夏バテで崩れがちな腸内バランスを整える働きも期待できます。 とはいえ、納豆をそのまま食べるだけでは飽きてしまいそう。

管理栄養士・浅野まみこ先生による「納豆レシピ」は、ひと味違った仕上がりに。レシピでは、栄養面・健康作用に特徴のある「S-903 納豆菌」入りの納豆を活用しています。

肌ケアも期待できる、トマト納豆の和風カッペリーニ風

a-1

<材料(2人分)>

  • S-903納豆菌入り納豆 2パック
  • トマト(小サイズ) 2個
  • しそ 3枚
  • そうめん 2束
  • ☆エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2
  • ☆塩 ひとつまみ
  • ☆レモン 大さじ3

<作り方>

  1. トマトは、沸騰した湯にくぐらせ、皮をむく。
  2. ボウルに☆を合わせ、6等分にしたトマトを加え、冷やしておく。
  3. そうめんを表示より30秒少なめに茹で、しっかりと冷やし、水をきる。
  4. 2に3のそうめんを合わせ、器に盛り付ける。添付のたれを加え、軽く混ぜた納豆をのせ、針切りにしたシソを添える。

<ポイント>

美白効果が期待されるトマトのリコピン、抗酸化作用が期待されるレモンのビタミンC、しそβカロテンが合わさったレシピです。

低下気味の食欲を刺激してくれるのが、レモンの酸味やしその香り。納豆+食物繊維で腸内環境を整え、免疫力を高めることで夏バテ防止をサポートします。

疲労回復には、豚しゃぶの納豆つけだれ

d-1

<材料(2人分)>

  • S-903納豆菌入り納豆 1パック
  • 豚ロース薄切り 150g
  • 豆苗 1/2パック
  • きゅうり 1/4本
  • プチトマト 1個
  • パプリカ(赤)1/4個 お好みで
  • ☆味噌 大さじ2
  • ☆ごま油 大さじ2
  • ☆砂糖 小さじ2
  • ☆すりごま 大さじ1と1/2
  • ☆黒胡椒 小さじ1/2
  • ☆めんつゆ(濃縮) 小さじ2
  • ☆マヨネーズ 小さじ2
  • ☆酢 大さじ2
  • ☆生姜(すりおろし) 1かけ
  • ☆にんにく(すりおろし) 1かけ

<作り方>

  1. ラップをかけたまな板の上で、納豆を粗めに刻み、☆と合わせる。
  2. 豆苗は、3cm幅に切り、きゅうりはスライス、パプリカは縦に1cm幅に切る。
  3. 熱湯に酒大さじ1(分量外)を加え、豚肉を茹でる。
  4. 皿に2、3を盛り付け、1のたれを小鉢に入れる。たれをつけながら、食べる。

<ポイント>

体がだるいと思ったら、それは代謝に必要なビタミンB1が不足しているからかもしれません。そんなときには、ビタミンB1が多く含まれる豚肉を使ったレシピがおすすめ。

豆苗パプリカなどの野菜は抗酸化ビタミンをはじめ、むくみを改善するカリウム、腸内環境を整える食物繊維が豊富。そこにビタミンEが豊富なごまも加わりました。

生活習慣病が気になったら作りたい、納豆しらすゴーヤ和え

c-1

<材料(2人分)>

  • S-903 納豆菌入り納豆 1パック
  • ゴーヤ 1/2本
  • しらす干し 大さじ2
  • 赤玉ねぎ 1/4個
  • 鰹節 ひとつかみ
  • ☆ポン酢 大さじ2
  • ☆エクストラバージンオリーブオイル 大さじ1

<作り方>

  1. ゴーヤ、赤玉ねぎは、スライスし、水にさらしておく。
  2. ボウルに、1、しらす干し、添付のたれを混ぜたもの、☆を加え合わせ、最後に鰹節をさっとあえる。

<ポイント>

ゴーヤの苦味成分であるモモルデシンは、胃腸を刺激し、消化液の分泌を促します。生活習慣病改善もサポート。納豆と合わせることで、苦味は抑えることができます。

しらすにはカルシウムだけでなく、体内のコレステロール値を調整すると言われるDHAとEPAも含まれています。生活習慣病が気になったら作りたいレシピです。

栄養も豊富で、食中毒対策も期待できる「納豆」。上手に活用して、残暑をおいしく乗り切りたいと思います。

納豆パワーをもっと取り入れよう

「週一納豆」で脳卒中死亡リスクが3割減。知られざる納豆パワー

「納豆をよく食べる人は脳卒中による死亡リスクが低い」って本当? 手軽な菌活食材として世界的にも注目される、納豆の知られざるパワーをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/05/166934natto.html?test201808

7月10日は納豆の日。納豆をもっと効果的に食べる5つの方法

7月10日は納豆の日。日本の食卓に定番の納豆はおいしさはもとより、今や世界でも健康効果が認められているほど多くの栄養素がぎゅっと詰まっています。今回...

https://www.mylohas.net/2018/07/170881july10_natto.html?test201808


    Ranking

    1. 下着の捨てどきはいつ? 下着のプロが「捨て方のコツ」をアドバイス

    2. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    3. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    4. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. お尻美人はピラティスをしてる。真似したくなる5つの運動習慣

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    9. タンパク質を効率的に摂取するコツとは? ポイントは、量とタイミング

    10. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    3. 吹き出物だと思っていたら...まさかの「皮膚がん」! 見分け方は?

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. 酔い止め要らず。健康医学の名医が教える「乗り物酔いの治し方」

    8. 朝起きたときが一番疲れてる...。医師が教える「朝バテ」解消法4つ

    9. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    10. 寝る前のひと工夫で睡眠の質が変わる。8時間寝ている人が続けていること

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 健康のために避けたい調味料と保存食品は? 食のプロに聞きました