1. Home
  2. EAT
  3. 知らなかった。「れんこん」には美容にいい成分がいっぱいだった[レシピ付き]

知らなかった。「れんこん」には美容にいい成分がいっぱいだった[レシピ付き]

18,267

田邉愛理

20210115_1

まさに今が旬の「れんこん」。あまり知られていないかもしれませんが、実は美容と健康に役立つ栄養素が豊富に含まれる食材のひとつです。管理栄養士の佐藤友香さんが、れんこんの豆知識やれんこんを使ったおすすめレシピを教えてくれました。

れんこんの空洞はなぜできる?

20210115_3

れんこんは輪切りにすると空洞が並ぶことから「先の見通しがよい」と例えられ、縁起のよい食材といわれます。

名前から蓮の「根」にあたる部分と思われがちですが、その正体は地下茎と呼ばれる蓮の「」。空洞の部分は花や葉をつける地上の茎とつながっており、地上の空気を地下まで送るパイプの役割を果たしています。

ビタミンC、食物繊維、ポリフェノールが豊富

20210115_2

お節料理はもちろんのこと、酢の物、煮物、揚げ物と、さまざまな和食メニューに登場するれんこん。じつは栄養価が非常に高いことも、古くから大切にされてきた理由のひとつなのかもしれません。とくに注目したいのが下記の栄養素です。

1.ビタミンC

淡白な見た目によらず、意外にもビタミンCが豊富です。100g中に含まれるビタミンC含量で比較すると、ビタミンCが豊富とされるいちごには及ばないものの、みかんよりも多くのビタミンCが含まれていることが分かります。

(「Diet Plus」より引用)

れんこんのビタミンCはでんぷん質に守られているので、通常のビタミンCと違って加熱調理による損失が少ないこともメリットだと佐藤さん。美肌、抗ストレス、疲労回復、鉄分の吸収率アップといったビタミンCの恩恵を受けたいときは、れんこんが強い味方になってくれるでしょう。

2.食物繊維

れんこんの食物繊維は、100g中に含まれる量で比較すると、なんとバナナの約2倍だそう。食物繊維は整腸作用だけでなく、脂質、糖、ナトリウムなどを身体の外に排出する働きも認められています。肥満や生活習慣病の予防にも、れんこんが役立つことがわかります。

3.ポリフェノール

れんこんの切り口が酸素に触れると黒く変色してしまいますが、その原因となっているのがポリフェノールです。

ポリフェノールには、炎症を抑えたり血圧を下げたりする働きがあります。さらに、強い抗酸化作用があり、それによって身体に有害な活性酸素が取り除かれ、美肌効果や老化を遅らせる効果が期待できます

(「Diet Plus」より引用)

ビタミンC、食物繊維に加えて、ポリフェノールまで摂取できるとは驚き。エイジングケアにも欠かせない食材と言えそうですね。

れんこんを使ったおすすめレシピ

20210115_4

淡泊な味わいのれんこんは、味つけ次第で満足度の高い一品に。

豚ひき肉とれんこんのシャキシャキつくね」は、れんこんのシャキシャキした食感が楽しいメニュー。居酒屋風の卵黄めんつゆが食欲をそそります。

鶏とれんこんの胡麻味噌炒め」は、しそと合わせることでエイジングケアに効果的なβ-カロテンのパワーをプラス。

フライパンで簡単!れんこんピザ」は、大好きなピザをヘルシーに楽しめる一品。食物繊維が豊富で糖分の吸収が穏やかなので、血糖値の上昇を気にせず食べられそうです。

佐藤さんいわく、れんこんは「内面から健康と美容を叶えるうれしい食材」。旬の時期にぜひ、いつもとちょっと違う食べ方を試してみてください。

おやつもヘルシー

デトックスに最適ないちご。食べるベストタイミングはいつ?

これからの季節が旬のいちごは、ビタミンやミネラルが豊富で低カロリー!ダイエット中のおやつにもぴったりです。そんないちごのひと味違うおいしい食べ方や、...

https://www.mylohas.net/2020/12/strawberry.html

おいしい「ぶどう」にうれしい健康メリット。優秀なヘルシーおやつであることも判明

管理栄養士が教えるぶどうの3つの健康メリット。低カロリーで、ダイエットのおやつにもエイジングケアにも効果的というぶどう。旬を楽しみながら美と健康を手...

https://www.mylohas.net/2020/10/grapes.html

yuka_sato

佐藤友香(さとう・ゆか)さん
1992年生まれ、福島県出身、東京都在住。1児の母。大学卒業と同時に管理栄養士の資格を取得後、保育園にて勤務。離乳食、乳幼児食、アレルギー食に携わり、栄養相談や食育活動も得意分野。現在はフリーランスとして栄養に関するコラム執筆を中心に活動。

Diet Plus

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. しっとり、クタクタまで煮て。飛田和緒さんの「茹で過ぎ」野菜料理

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    8. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    9. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    10. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    7. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. 「糖質」と上手につきあおう。肌の老化にもつながる未来のAGEを増やさないコツ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら