1. Home
  2. EAT
  3. トーストに合う、おいしい目玉焼きの作り方。あの調味料をたっぷり入れてみて!

トーストに合う、おいしい目玉焼きの作り方。あの調味料をたっぷり入れてみて!

64,211

MYLOHAS編集部

GettyImages-1183163471_640

──ライフハッカー[日本版]より転載

パンやホットケーキにバターを塗る時、正しい量なんて計算したことないですよね。

最近、私が小さなフッ素加工のフライパンで、卵2つの目玉焼きをつくった時、大さじ3杯以上のバターを使いました。

バターで目玉焼きを作るとトーストにあう

これは、フライパン一面がバターで完全に覆われて、そこに卵を割り入れると、白身の上にバターがあふれるほどの量です。

オリーブオイルと違って、バターは茶色くなりますが、それでいいのです。茶色くこんがりとしたバターは、目玉焼きとトーストと一緒に食べると本当においしいです。

また、このように卵を調理することで、朝食の準備に無駄がなくなります。

オリーブオイルや油(2つの卵が十分に調理される量の油)から目玉焼きを取り出してトーストの上に移すのではなく、フライパンの中身(目玉焼きと大さじ数杯の溶けた、もしくはこんがりしたバター)をそのままパンの上に移せば、美味しいトーストのできあがりです。

柔らかいバターがすぐに用意できない場合は特に便利です。(そのための回避策もありますが)

GettyImages-873270910_640

大さじ3杯の塩入りのバターを使おう

まとめると、少なくとも大さじ3杯の塩入りのバターを、泡立っていい香りがするまでフライパンで中火で溶かし(バターを溶かしている間にパンを焼き)、そこに卵を2〜3個割り入れます

白身の部分に熱々のバターがかかったり、スプーンでかけたりして、固まったら、目玉焼きを溶けたバターと一緒にパンの上に乗せます(溶けたバターはパンに染み込みます)。

非常に合理的で、余計なものは何ひとつありません。エレガンスの意味をきちんと理解しているとしたら、これぞ「エレガント」と言っても過言ではないのではないでしょうか。

おいしい朝食が食べたい

有元葉子さん直伝「今さら聞けない料理のこつ85」

毎日の料理、わからないことをそのままにしていませんか?素材を活かしたシンプルで美しい料理の達人、有元葉子さんが85個の“ 素朴な疑問”に答えます。

https://www.mylohas.net/2020/08/arimotoyoko.html

カヒミ・カリィさん。食べすぎた翌日は、体にやさしい朝食でリセット

カヒミ・カリィさんは、食べすぎた日の翌日、体にやさしい朝食でリセット。その内容とは? ニューヨークに住む、カヒミ・カリィさんのヘルシーな生活について...

https://www.mylohas.net/2019/12/204380sp_eat_too_much_hangover_kahimikarie.html

Image: GettyImages
Claire Lower - Lifehacker US[原文
訳:的野裕子

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    5. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. えっ、この不調も更年期症状? 30代〜50代まで激変する体に対応するには【更年期まとめ】

    8. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    9. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    5. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    10. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    9. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら