1. Home
  2. HEALTH
  3. 体重もメンタルも。自分のリズムにあわせてコントロールする方法

体重もメンタルも。自分のリズムにあわせてコントロールする方法

2,007

田邉愛理

20201106

生理が近づくと、急に甘いものやジャンクフードが欲しくなる……。この現象は意思の弱さのせいなどではなく、じつは「女性ホルモン」のしわざです。

生理前後に体重が増える理由や、自分にとっての「ベスト体重」をキープするポイントについて、「Diet Plus」からご紹介します。

生理前後に体重が増える3つの理由

20201106_2

「Diet Plus」によると、生理前後に体重が増えやすくなる理由は3つあるそうです。

原因1.食欲旺盛になる

生理前および生理期間中になると、女性ホルモンのひとつであるプロゲステロン(黄体ホルモン)が増えます。プロゲステロンの分泌が盛んになると、妊娠初期のように脂肪・塩分・糖分の多いものを食べたくなるのだそう。生理によるイライラや憂うつな気分も、スイーツやジャンクフードへの欲求を高めてしまいます

原因2.むくみやすくなる

生理前になるとむくみが気になるのも、じつはホルモンの影響です。

生理直前にプロゲステロンの分泌量が多くなると、体に水分をためこみやすくなります。プロゲステロンには、体液を血管から周りの組織へ送る働きがあるためです。

(「Diet Plus」より引用)

血流やリンパの流れも悪くなるため、軽いマッサージなども取り入れたいところ。生理がはじまりプロゲステロンの量が減ると、むくみもだんだん落ち着いてくるようです。

原因3.腸の働きが鈍くなる

20201106_3

困ったことに、生理は腸にまで影響を及ぼします。プロゲステロンの分泌量の変化によって腸の動きが鈍くなり、おなかの張りや便秘などのトラブルが起こりやすくなるのだそう。

便秘をそのままにしておくと、体内に老廃物を溜め込みやすくなり、体重増加につながる恐れがあります。腸の働きをサポートするためにも、生理前は食物繊維を積極的に摂るようにしましょう

やせやすいのは生理終了から2週間

できればベスト体重を維持したい女性にとって、生理周期はなかなか厄介な存在。しかし、こうした体の変化をスタイルキープに生かすコツがあります。

生理終了から次の排卵準備までの2週間は、卵胞ホルモンであるエストロゲンの分泌量が増加する時期。エストロゲンは代謝をアップさせる働きがあるため、ダイエットに適している時期といえます。

(「Diet Plus」より引用)

気持ちが晴れやかになるこの時期は、食欲コントロールもしやすいとのこと。体にためこまれていた水分も排出されやすくなるため、むくみも解消しやすくなります。

排卵日以降はダイエットも小休止

20201106_4

一方、ダイエットには不向きなのが、排卵日以降の期間です。

妊娠する場合に備え、栄養や水分を体に蓄えやすくなる期間となり、プロゲステロンの分泌量が増えていきます。

プロゲステロンの分泌が増えるということは、やせにくくなるということ。無理なダイエットはせず、体調と気持ちを整えましょう。

(「Diet Plus」より引用)

食欲コントロールが苦手なら、生理中はちょっぴり自分を甘やかして、生理が終わってから運動や食事の節制に励むのもひとつの手。自分の体の変化にあわせれば、体重管理のストレスもぐっと少なくなりそうです。

意外に簡単?バランスのよい食事のコツ

「手のひら」を使うだけ。バランスのよい食事を継続するテクニック

自分の体格に合った食事の適量が簡単にわかる、「手ばかり」を使ったバランスチェックをご紹介します。外食の際やコンビニでお弁当を買うときにもチェックして...

https://www.mylohas.net/2020/10/scale.html

25kg減量した管理栄養士が教える食事術

管理栄養士が教える、お弁当の正しいバランス。お弁当箱の選び方、メニューのバランスのとり方など、自分の「適量」を見直して食生活を改善してみましょう!

https://www.mylohas.net/2020/07/216605_lunchbox.html

Diet Plus

Photo by Getty Images

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    8. これって老眼のはじまり? 目に不調を感じたら気をつけたいこと

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    6. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら