1. Home
  2. EAT
  3. 夏の常備菜作りは慎重に。「食中毒予防」の3原則

夏の常備菜作りは慎重に。「食中毒予防」の3原則

田邉愛理

20200807_1

「常備菜を作るようになって、毎日の食事作りがかなりラクになった」という人は多いと思います。それだけに、どんどん気温が上がるこれからは、食中毒対策がちょっと心配。管理栄養士の谷口美希さんが、夏の常備菜づくりで意識したい「3原則」を教えてくれました。

夏に発生しやすいのは「細菌」による食中毒

20200807_2

平日の夜や週末の作り置きは、忙しい日常の生命線。とはいえ、夏場は調理してから食べるまでに時間があいてしまうため、食中毒のリスクがどうしても高くなります。どんなことに気をつければ、衛生的に常備菜を作ることができるのでしょうか。

食中毒の主な原因は、食品についている細菌やウイルスです。おぼえておきたいのは、細菌による食中毒は夏、ウイルスによる食中毒は冬に起こりやすいこと。細菌は夏、ウイルスは冬の環境が増殖に適しているからです。

食中毒は年間を通していつでも発生しますが、気温や湿度が高くなる夏は、特に細菌が繁殖しやすく、細菌性の食中毒(カンピロバクターやサルモネラ菌、腸管出血性大腸菌など)が増加します。

(「Diet Plus」より引用)

カンピロバクターサルモネラ菌は牛や豚、鶏、猫や犬などの腸内にいる細菌で、吐き気や腹痛、水のような下痢が主な症状です。腸管出血性大腸菌は牛や豚などの家畜の腸の中にいて、O157O111がよく知られています。

これらの細菌は、加熱不十分な肉を食べたり、細菌が他の食材に移ることで食中毒を発症します。夏場の肉類の取り扱いにはとくに注意が必要です。

「食中毒予防の3原則」って?

20200807_3

谷口さんによると、食中毒を予防するためには基本的な対策があるそう。「つけない、増やさない、やっつける」の3原則です。

1.つけない

まずひとつ目のポイントは、細菌やウイルスなどを食材に「つけない」こと。清潔な調理器具や保存容器、新鮮な食材を用いることに加えて、調理前後の手洗いが重要になります。

調理中も、生ものを触った後や卵を割ったりした後などには、こまめに手を洗い、常に清潔な状態を保ちましょう。

(「Diet Plus」より引用)

卵を割った後の手洗いは、忙しい朝などつい忘れがち。手を洗ったあとの水分も、清潔なタオルやペーパータオルでしっかり拭き取らなくてはいけないといいます。

2.増やさない

次のポイントは、すでに食材についている菌を「増やさない」ことです。

購入した食材は、氷や保冷剤とともに保冷バッグで持ち帰りましょう。寄り道はせず速やかに帰宅し、すぐに冷蔵庫に移してくださいね。

冷蔵庫は、庫内の温度が上がらないよう、扉の開閉は短時間で行うように習慣づけましょう。庫内の冷気を効率よく循環させるため、食品の詰め過ぎは厳禁です。

(「Diet Plus」より引用)

常備菜は、完成したら速やかに冷まし、清潔な容器に入れて冷蔵庫に保存。食材の温度を上げないことで、細菌の増殖を防ぐことができます。

3.やっつける

最後のポイントは、食材をしっかり加熱して菌を死滅させることです。

食材は中心部まで確実に火を通しましょう。作り置きした常備菜も、食べる前に再加熱するとさらに安心です。

(「Diet Plus」より引用)

毎日の食事作りを楽にしてくれる常備菜。夏場も衛生面に配慮して、おいしく健康的に楽しんでいきましょう。

しっかり菌対策しましょう!

菌の増殖が半端じゃない! 菌のたまり場「まな板」を清潔に保つ方法

キッチン用具の衛生面て気になりますよね。特にお肉や魚などをのせる「まな板」は一番気になるところ。特に梅雨時期は、高温多湿により大変なことに。衛生微生...

https://www.mylohas.net/2013/05/030016manaita.html

水筒にスポーツドリンクは要注意! 食中毒になる可能性も

水筒にスポーツドリンクを入れる人は気をつけて。金属製の水筒ややかんで、スポーツドリンクや乳酸菌飲料のような酸性度の高い飲み物を長時間保管すると、容器...

https://www.mylohas.net/2013/07/031043post_2104.html

谷口美希(たにぐち・みき)さん
管理栄養士。大学で栄養学を学び、卒業後は管理栄養士として老人ホームや健診センターに勤務。現在は、特定保健指導やオンラインでの栄養指導、コラムの執筆などに携わり、栄養面からたくさんの方の健康を支えていくことを目指している。

Diet Plus

    specialbanner

    Ranking

    1. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    2. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    7. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    8. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    9. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    2. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    5. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    6. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    7. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    8. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    9. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    10. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    8. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. 【セルフチェックリスト】取れない疲れ、「3つのストレス」のせいかも

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら