1. Home
  2. EAT
  3. ゆで卵にバターを塗ったら、ご褒美レベルにおいしくなった!

ゆで卵にバターを塗ったら、ご褒美レベルにおいしくなった!

15,354

MYLOHAS編集部

ゆで卵

Image: A.A Newton

──ライフハッカー[日本版]より転載

卵のおいしい食べ方を新しく発見すると、朝食を食べる気になりますよね。

私はこの数年、いろいろな卵の食べ方をしてきました。

最初は簡単にできるポーチドエッグ、次はコーンスターチエッグに出会い、最近までその食べ方をしていたのですが、今はひと工夫した固ゆで卵にはまっています。

料理研究家のMelissa Clarkさんが卵にバターをつけて食べることをすすめていましたが、やってみるとこれが実においしいんです。

「うわ、それ本当においしいの?」と思うでしょう。でも、考えてみれば、卵とバターはよくある組み合わせです。

バターと卵の組み合わせは意外とある

エッグベネディクト

image via shutterstock

オランデーズソースは、溶かしたバターにポーチドエッグを浸しているようなものです。トースト、イングリッシュマフィン、バターを塗ったフライパンなど、普段は卵とバターの間を仲介しているものを省略して、卵に直接バターを塗るのは単なるショートカットです。実に理に適っています。

ゆで卵はしばらく食べ続けると飽きてきます。特に毎朝のように食べていると飽きますよね。

でも、ごく小さなバターの塊を乗せただけで、すっかり別のものに変身します。私が好きなたんぱく質たっぷりの朝食が、突然、ご褒美レベルにおいしくなってしまうんです。食べるのが楽しみでたまらないぐらいです

最近の私は毎朝バターを塗った卵を食べていて、今までにないぐらい元気な気分です。

卵×バターの作り方

卵

image via shutterstock

私が普段している作り方は次の通りです。

鍋の水をぐつぐつ沸騰させたら、そこに卵をやさしく落とし、8分30秒ゆでます(これで、黄身の90%は固まりますが、10%ぐらいとろっとしたところが残るようにゆであがります。)卵の皮をむいたら半分に切り、少量のバターを塗ります

粗塩、砕いた赤唐辛子のフレーク、Frank’s Red Hot(カイエンペッパー入りの辛いソース)を振りかけたら、出来上がりです。できたてをすぐに食べてくださいね。

どんなやり方で卵にバターを塗っても構いませんが、卵とバターの温度差が少しあったほうが良いようです。

トッピングにふりかけを使ってもいい

塩胡椒

image via shutterstock

ゆでたての熱い卵を食べるときは、冷蔵庫で冷やしたバターを使うと、バターが水のように溶けずに、いい感じに柔らかくなります。一度にたくさん作ったゆで卵を冷蔵庫から出して食べるときは、室温のバターを使うといいでしょう。

バターを塗ったゆで卵のトッピングは、従来の塩コショウからベーグルの味付けをするときの調味料まで、何でも好きな物を使ってください。私のボーイフレンドは日本の「ふりかけ」をトッピングにするのが好きですし、私も彼もTrader Joe'sで買ったスクッグという中東のチリソースをつけて食べるのが大好きです。

私の場合、Frankソースをつけて食べれば飽きずに食べ続けられそうです。

万が一飽きても、パントリーの中を探せば、次にお気に入りのトッピングになるものが見つかるはずです。

少しの工夫でバリエーション豊かに

のせて焼くだけ! 簡単・時短な「塩昆布とアボカド」のミニピザ

今回は、ジャパニーズ・スーパーフードの「昆布」を使った「塩昆布とアボカドの和風ミニピザ」を紹介。食材をのせて焼くだけの簡単・時短レシピです。

https://www.mylohas.net/2020/05/212855japanesesuperfood_09.html

酢で和えて、パンにのせるだけ! 「れんこん」の超時短オープンサンド

今回は、ジャパニーズ・スーパーフードの「れんこん」を使った「れんこんのマリネとツナのオープンサンド」を紹介。時短、ヘルシー、テンションの上がる見た目...

https://www.mylohas.net/2020/06/214712japanesesuperfood_11.html

ライフハッカー[日本版]

    Ranking

    1. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    2. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    5. 驚くほど簡単だった。新生姜でつくるジンジャーシロップ。ジンジャーエールにも紅茶にも

    6. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    7. こんなに「栗!」を感じるのは初めて。農家をサポートするベジターレの極みモンブラン

    8. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    9. 人気料理家・栗原はるみさんが解決。料理下手でも自炊を続けるコツ

    10. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    1. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    2. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    3. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    4. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    7. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    10. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    4. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    9. もしも「EV」を持ったら、こんなにワクワクの毎日が待っている

    10. 実は変身願望が? 心理テストでわかる、あなたの「変わりたい度」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら