1. Home
  2. EAT
  3. 爪が割れる、縦線がある…丈夫できれいな爪を作る3つの栄養素は?

爪が割れる、縦線がある…丈夫できれいな爪を作る3つの栄養素は?

5,979

田邉愛理

マニキュアを塗る手

加齢とともに増えてくる「爪」の悩み。爪自体が薄くなり、欠けやすくなったり、表面の縦筋が目立ったりするときは、3つの栄養素が欠けている可能性があります。

管理栄養士のウィリアムズ早苗さんが、食事面から丈夫で美しい爪をつくる方法を教えてくれました。

爪は健康のバロメーター

マニキュアを塗る手

「爪は健康のバロメーター」とよくいわれるのは、その人の健康状態がわかりやすくあらわれる部分だから。爪が薄くなる、すぐに欠けたり割れたりする、表面の凸凹が目立つ、ヒビが入っている──これらはすべて、爪の健康状態が悪化しているサインです。

ウィリアムズ早苗さんいわく、爪の主成分は「ケラチン」というタンパク質の一種。薄いピンク色で表面にツヤがあり、丈夫で割れにくい爪を育てるには、タンパク質をはじめとする栄養素をしっかり補う必要があります。

爪の健康に役立つ「3つの栄養素」

ウィリアムズ早苗さんによると、健康的な爪のために欠かせない栄養素は次の3つです。

1.タンパク質

タンパク質の豊富な食材

主成分である「ケラチン」は、たんぱく質の一種で、丈夫で健康な爪を作るためにはたんぱく質は必要不可欠です。

(「Diet Plus」より引用)

爪はもちろんのこと、髪や肌の美しさを保つためにも、タンパク質はしっかり摂りたいところ。タンパク質が豊富なのは、主に肉類、魚介類、大豆製品、卵類です。

2.ビタミンB2

ビタミンB2が豊富な食材

発育のビタミン」と言われ、成長促進に関与し、細胞の再生を促進するため、爪や髪の毛を健康に保ちます。また、脂質をエネルギーに変えるためにも必要なので、ダイエット中にも是非摂り入れたい栄養素です。

(「Diet Plus」より引用)

レバー、さば、うなぎ、納豆、卵などに豊富だというビタミンB2。ダイエットにも役立つというのは朗報です。

3.亜鉛

亜鉛が豊富な食材

亜鉛は、爪の主成分である「ケラチン」の合成に必要なミネラルです。不足すると、爪が割れやすくなったりします。

(「Diet Plus」より引用)

タンパク質はしっかり摂っているのに爪が割れやすい人は、亜鉛が不足しているのかもしれません。牡蠣、牛肉、レバーなどは、亜鉛をたっぷり含む優秀食材。レバニラ炒めや牡蠣料理は、スタミナとともに爪の丈夫さも底上げしてくれるようです。

体調管理を心がけたい今、日ごろから自分の爪をチェックしておくことは大切なことです。目に見える「爪」が丈夫になれば、体の内側も元気になってきているサイン。ぜひ3つの栄養素を毎日の食卓にプラスしてみてください。

健康と美容にいい食事はこちらから

10分で完成。高タンパクなささみと“美肌キープ”野菜でつくるサラダ

高タンパク・低脂肪なささみを、甘酒とレモンでさっぱりと味付けしたヘルシーサラダのレシピ。レモンに含まれるビタミンCと、にんじんに含まれるβカロテンが...

https://www.mylohas.net/2019/07/194301diet_recipe.html

髪を、太く・強く・ツヤツヤに生まれ変わらせるための食事法

薄毛・抜け毛、髪のダメージ、乾燥やツヤのなさを本気でケアしたいなら、食事から変えてみては? 管理栄養士がアドバイスします。さて、何を食べて何を控えれ...

https://www.mylohas.net/2020/01/206612diet_hair.html

ウィリアムズ早苗(ウィリアムズ・さなえ)さん
管理栄養士。大学卒業後、食品会社にてメニュー開発を経験。現在はオンラインでの栄養指導や、メディアでの執筆をおこなっている。私たちが抱える、食や健康に関しての問題点に注目し、解決の糸口となるようなお手伝いをすることをモットーにしている。

Diet Plus

image via shutterstock

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら