1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 髪を、太く・強く・ツヤツヤに生まれ変わらせるための食事法

髪を、太く・強く・ツヤツヤに生まれ変わらせるための食事法

5,029

田邉愛理

髪がきれいな女性

鏡を見るたびに気になる、髪のダメージ乾燥や、ツヤのなさ髪のボリュームダウンなどを本気でケアしたいなら、食事から変えてみてはいかがでしょう。

管理栄養士のウィリアムズ早苗さんのアドバイスは、“髪の毛のもと”になる栄養素を取り入れること。髪のハリやコシにも、この栄養素の不足が悪影響を及ぼしているのです。

髪は何からできている?

ヘアケアをする女性

髪の大半は何から出来ているのかご存知でしょうか? 実は「ケラチン」と言う、たんぱく質から出来ています。このケラチンを構成するアミノ酸「メチオニン」は体内では構成されません。

(「Diet Plus」より引用)

髪の毛の主成分となるのは、「ケラチン」という硫黄を含むタンパク質です。「ケラチン」を構成する「メチオニン」は、体内では合成されない必須アミノ酸のひとつ。

つまり、食事でしっかりとタンパク質を補給してあげないと、髪のハリやコシは失われ、やせた髪しか生えてこなくなってしまいます。

タンパク質は髪だけでなく、皮膚の美しさを保つためにも欠かせません。毎食とるべきタンパク質の適量は、「手のひらの指を含まないサイズ(「Diet Plus」より引用)」くらいです。

髪の質に不可欠なビタミンとミネラル

栄養素が詰まったカプセル

髪の質を高めるためには、タンパク質の吸収を促進するミネラルやビタミンも不可欠です。

ウィリアムズさんがとくにすすめるのは、「ケラチン」合成のために必要となる亜鉛と、ビタミンC

亜鉛は、頭皮の形成や新陳代謝にも関与します。また、抜け毛の原因である「5-αリダクターゼ」の働きを抑える役目もすると言われています。

(「Diet Plus」より引用)

亜鉛牡蠣うなぎなどの魚介類や、豚レバー大豆製品などに多く含まれるミネラルです。土壌の関係で日本人は不足しがちともいわれています。

そして、亜鉛の吸収を高めてくれるのがビタミンC。「頭皮の材料になるコラーゲンの生成をサポートする(「Diet Plus」より引用)」ため、頭皮を健やかに保ち、元気な髪が生えてくるのを助けてくれます。

以上、Diet Plusより

糖質を控え、頭皮の健康を維持しよう

頭皮チェック

ハリ・ツヤのある元気な髪を維持するためには、ほかにもいくつかコツがあります。たとえば糖質の摂りすぎやスイーツの食べすぎは、髪にダメージを与える原因のひとつ。糖化によって体内の老化が進み、髪の老化をも促進してしまうからです。

また、髪の乾燥を気にするあまり、こってりと保湿するタイプのスタイリング剤や、ドライシャンプーを多用するのは考えもの。頭皮の皮脂腺が詰まってしまい、フケ・かゆみや頭皮の炎症を招くだけでなく、かえって毛髪の乾燥を招くといいます。頭皮の炎症が悪化すると、薄毛の原因になることもあるので要注意です。

ヘアケアの基本は、元気な髪をつくる栄養素を食事でしっかり補給しつつ、頭皮の健康を保つこと。髪のダメージが目立ってきたら、ぜひこの基本に立ち戻ってみてください。

髪まで健康に!

抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

頭皮の状態が不安定になりがちな季節に見直したいのがシャンプー。美容業界で活躍する新井ミホさんに、頭皮のニオイや白髪、紫外線ダメージが気になる人におす...

https://www.mylohas.net/2019/10/197983recommendbeauty.html

髪の健康を守る10の食材。薄毛・切れ毛・ハゲにならないために

しなやかで健康的な髪を手に入れたい。そう思ったら何を食べたらいいの? タンパク質やビタミンを含む、髪にいい食材を皮膚科医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/12/203707pvn_hair2.html

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    2. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    3. 2020年8月3日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    4. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    5. キールズの紙袋が有料化。日本ロレアルの取り組む環境問題と女性支援のいま

    6. お酒が飲めない人こそ通いたい! 日本初の「完全ノンアルコール」バーが登場

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    9. なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

    10. 卵は、食べて痩せる脂肪を燃やす食品。おすすめの食べるタイミングは?

    1. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    2. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    3. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    4. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    5. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    6. 肌寒いのであたたかい鳥南蛮【こぐれひでこの「ごはん日記」】

    7. 3人のなかでもっとも仕事を任せられる顔は? 「顔の心理学」で人のすべてがわかる

    8. あなたはどれ?「4つのメンタルモデル」が教えてくれる本当の自分

    9. むくみと冷えを解消し、堂々と出せるスッキリ美脚に

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    5. O脚、ガニ股にサヨナラ。2ステップの簡単ストレッチ

    6. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    7. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    8. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    9. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    10. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら