1. Home
  2. BEAUTY
  3. 髪を、太く・強く・ツヤツヤに生まれ変わらせるための食事法

髪を、太く・強く・ツヤツヤに生まれ変わらせるための食事法

5,975

田邉愛理

髪がきれいな女性

鏡を見るたびに気になる、髪のダメージ乾燥や、ツヤのなさ髪のボリュームダウンなどを本気でケアしたいなら、食事から変えてみてはいかがでしょう。

管理栄養士のウィリアムズ早苗さんのアドバイスは、“髪の毛のもと”になる栄養素を取り入れること。髪のハリやコシにも、この栄養素の不足が悪影響を及ぼしているのです。

髪は何からできている?

ヘアケアをする女性

髪の大半は何から出来ているのかご存知でしょうか? 実は「ケラチン」と言う、たんぱく質から出来ています。このケラチンを構成するアミノ酸「メチオニン」は体内では構成されません。

(「Diet Plus」より引用)

髪の毛の主成分となるのは、「ケラチン」という硫黄を含むタンパク質です。「ケラチン」を構成する「メチオニン」は、体内では合成されない必須アミノ酸のひとつ。

つまり、食事でしっかりとタンパク質を補給してあげないと、髪のハリやコシは失われ、やせた髪しか生えてこなくなってしまいます。

タンパク質は髪だけでなく、皮膚の美しさを保つためにも欠かせません。毎食とるべきタンパク質の適量は、「手のひらの指を含まないサイズ(「Diet Plus」より引用)」くらいです。

髪の質に不可欠なビタミンとミネラル

栄養素が詰まったカプセル

髪の質を高めるためには、タンパク質の吸収を促進するミネラルやビタミンも不可欠です。

ウィリアムズさんがとくにすすめるのは、「ケラチン」合成のために必要となる亜鉛と、ビタミンC

亜鉛は、頭皮の形成や新陳代謝にも関与します。また、抜け毛の原因である「5-αリダクターゼ」の働きを抑える役目もすると言われています。

(「Diet Plus」より引用)

亜鉛牡蠣うなぎなどの魚介類や、豚レバー大豆製品などに多く含まれるミネラルです。土壌の関係で日本人は不足しがちともいわれています。

そして、亜鉛の吸収を高めてくれるのがビタミンC。「頭皮の材料になるコラーゲンの生成をサポートする(「Diet Plus」より引用)」ため、頭皮を健やかに保ち、元気な髪が生えてくるのを助けてくれます。

以上、Diet Plusより

糖質を控え、頭皮の健康を維持しよう

頭皮チェック

ハリ・ツヤのある元気な髪を維持するためには、ほかにもいくつかコツがあります。たとえば糖質の摂りすぎやスイーツの食べすぎは、髪にダメージを与える原因のひとつ。糖化によって体内の老化が進み、髪の老化をも促進してしまうからです。

また、髪の乾燥を気にするあまり、こってりと保湿するタイプのスタイリング剤や、ドライシャンプーを多用するのは考えもの。頭皮の皮脂腺が詰まってしまい、フケ・かゆみや頭皮の炎症を招くだけでなく、かえって毛髪の乾燥を招くといいます。頭皮の炎症が悪化すると、薄毛の原因になることもあるので要注意です。

ヘアケアの基本は、元気な髪をつくる栄養素を食事でしっかり補給しつつ、頭皮の健康を保つこと。髪のダメージが目立ってきたら、ぜひこの基本に立ち戻ってみてください。

髪まで健康に!

抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

頭皮の状態が不安定になりがちな季節に見直したいのがシャンプー。美容業界で活躍する新井ミホさんに、頭皮のニオイや白髪、紫外線ダメージが気になる人におす...

https://www.mylohas.net/2019/10/197983recommendbeauty.html

髪の健康を守る10の食材。薄毛・切れ毛・ハゲにならないために

しなやかで健康的な髪を手に入れたい。そう思ったら何を食べたらいいの? タンパク質やビタミンを含む、髪にいい食材を皮膚科医に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/12/203707pvn_hair2.html

image via shutterstock

    Ranking

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    3. 心理的要素を利用して食欲をコントロール。簡単にできる3つのこと

    4. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    5. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    6. 猫背の人がたるみやすい上腕二頭筋。夏までに引き締めたい二の腕トレーニング

    7. しっかり満足感があるのに130kcal以内の「食べるスープ」レシピ

    8. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    9. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    10. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    4. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    5. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    6. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    7. 猫背の人がたるみやすい上腕二頭筋。夏までに引き締めたい二の腕トレーニング

    8. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 生理痛の治療に使う「低用量ピル」は2種類。どう違う? 副作用は

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    4. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    5. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    6. 「素材のつくりおき」で幸せ貯金。大原千鶴さんが教える持続可能な料理

    7. 片付けられない人の最後の駆け込み寺。石阪京子さんが教える「3日間集中片付け術」

    8. 【心理テスト】あなたの人気ポイントはこちらです

    9. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら