1. Home
  2. EAT
  3. ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツ

ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツ

8,172

MYLOHAS編集部

簡単バナナ焼きドーナッツ

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

ホットケーキミックスで作れる、焼きドーナツです。溶かしバターを生地に入れ込むことで、満足感はそのまま。揚げずに焼くことでカロリーダウンを叶えます。市販のドーナツに比べて、1個当たり約1/2のカロリーに抑えています。

またはちみつには、腸内の善玉菌を増やすとされるグルコン酸が豊富です。少量でも甘さがしっかり感じられる上、体にもうれしいレシピになっています。

簡単、バナナ焼きドーナツ

<材料6人分>

  • ホットケーキミックス 80g
  • 卵 1個
  • 無塩バター 20g
  • バナナ 1本(小さめ)
  • 牛乳 30cc
  • はちみつ 10g
  • 粉糖 少々

<作り方>

  1. バターを耐熱容器に入れ、レンジで50秒ほど加熱し、溶かしバターにしておく。バナナはフォークでつぶしておく。オーブンは180℃に予熱しておく。
  2. ボウルに卵を入れ、泡立て器で混ぜる。はちみつ、バナナ、牛乳を入れ、さらに混ぜる。ホットケーキミックスを加え、粉っぽさがなくなるまでさっくり混ぜる。最後に溶かしバターを入れて軽く混ぜる。
  3. 焼きドーナツの型に2の生地を流し入れる。鉄板に乗せたら裏からたたき、余分な空気を抜いておく。180℃のオーブンで14分焼く。
  4. 型から取り出し、冷めたら茶こしを使い粉糖を振りかける。

体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

もっと簡単レシピを知りたい人へ

糖質量を調整したいときに。高タンパクな「ささみピザ」

ピザ生地なし「ささみピザ」のレシピをご紹介。糖質を調整したいときでも食べられるピザです。高タンパクで知られるささみですが、ビタミンB6も豊富。効率的...

https://www.mylohas.net/2019/08/196168diet_recipe.html

糖質&カロリーを抑えたナイスなアイス「ナイスクリーム」の作り方

暑い日に家に帰って食べたくなるのがアイスクリーム! ダイエット中でも食べられる、砂糖や乳製品を使わずに、フルーツだけで作る低糖質かつ栄養満点なアイス...

https://www.mylohas.net/2019/06/192809tropicalgelato.html

Diet Plus

    specialbunner

    Ranking

    1. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    6. 乾燥で指先のカサカサが多発! 爪割れを防ぐ方法はあるの?

    7. 食事で軽くムセてない? 年齢に関係ない「誤嚥(ごえん)」の怖さ

    8. 管理栄養士が、ダイエット中におすすめする肉はどれ?

    9. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    10. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    5. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    6. インフルエンザ予防接種を受けるべきか迷っています。医師の答えは...

    7. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    8. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    9. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    10. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?