1. Home
  2. EAT
  3. 貧血予防や二日酔いに。低カロリー・低脂質なダイエット食材「あさり」

貧血予防や二日酔いに。低カロリー・低脂質なダイエット食材「あさり」

1,339

横山智世

あさり

和食にイタリアン……さまざまな料理に登場する「あさり」。あさりが秘めている、ヘルシーパワーをご存知ですか?

今回は、管理栄養士の原美香さんが伝えているあさりの3つの魅力と、上手に砂抜きする方法を紹介します。

女性にうれしい! あさりのヘルシーパワー3つ

1.貧血予防が期待できる

貧血

女性はとくに、貧血に悩む人も多いのでは? あさりには豊富な鉄分をはじめ、貧血を助ける栄養素が含まれているそう。

あさりにはビタミンB12も多く含まれます。このビタミンは赤血球の生成を円滑にする働きがあります。鉄は吸収率が低いですが、その吸収を助けてくれるのがビタミンC。あさりと緑黄色野菜などを組み合わせて食べると、貧血予防が期待できます。

(「DietPlus」より引用)

2.丈夫な骨や歯をサポート

ガイコツ

鉄やビタミンB12の他にも、私たちにとってうれしい成分もあさりには豊富です。それは、カルシウムとマグネシウム。

カルシウムは丈夫な骨や歯をつくる働きがあります。マグネシウムは骨や歯にカルシウムが行きわたるようにし、調節することで丈夫な骨の形成をサポートしています。

(「DietPlus」より引用)

3.肝機能を強化

肝臓

魚介類であるあさりには、アミノ酸のひとつである「タウリン」もたくさん含まれています。飲み会が続く日や、お酒が好きな女性は、意識して摂取したいところです。

タウリンには血圧の調整をする働きがあります。また、肝機能を強化する働きがあると言われていて、二日酔いの解消にも期待ができます。

(「DietPlus」より引用)

低カロリー、低脂質、うまみたっぷりのダイエット食材

あさり

あさりは、カロリーが低く脂質がほとんどない、まさにダイエット向きの食材。

うまみ成分のもとと言われているコハク酸が豊富(「DietPlus」より引用)」なので、少しの調味料で味付けが決まるのもうれしいポイントです。

あさりを上手に砂抜きする方法は?

あさり

魅力あふれる「あさり」ですが、砂抜きが苦手で調理をためらってしまう人も。食べた時にジャリっと砂を噛んでしまうと、せっかくの食事も楽しめません。

原さんによると、あさりに元気に砂を吐いてもらうには海と似た状態にすることが、砂抜きのポイントだそう。以下が上手な砂抜きの手順です。

  1. 約3%の塩水をつくる(計量カップ1杯の水に小さじ1杯の塩)
  2. バットにあさりを重ならないように並べる
  3. 塩水をあさりがひたひたに浸かるぐらいまで優しく入れる
  4. バットを密閉せずに、新聞紙などをのせる
  5. 2時間以上冷暗所に揺らさずに静かに置いておく

(「DietPlus」より引用)

あさりの吸い物

あさりが酸素不足にならないように注意し、海中のような暗く静かな場所に置いておくことも大切なのだとか。なるべく海と近い環境を作り出すのです。

潮干狩りの時期の海の温度は15~20℃くらいと言われていますので、同じくらいの温度に近い場所を探して置きましょう。

(「DietPlus」より引用)

ヘルシーパワーを秘めたあさりは、春と秋が旬。この機会に、あさり料理のレパートリーを増やしてみませんか?

ヘルシー食材を上手に活用

ポリフェノールや食物繊維。りんごのダイエットパワー3つ

管理栄養士・東京糖尿病療養指導士である酒井葉子さんがまとめている、りんごのダイエットパワー3つについて紹介します。一日一個のりんごは医者を遠ざける。...

https://www.mylohas.net/2019/04/188475diet_apple.html

ダイエットに鶏むね肉! やせやすい体づくりをサポートする3つの魅力

ダイエットの味方につけたい「鶏むね肉」。なぜ鶏むね肉は優秀なダイエット食材と言われているの?その魅力を3つ紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/04/188325diet_chicken.html

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 「ひざの腫れ」に隠された5つの原因。痛くて歩けないのは虫のせいかも

    6. セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」

    7. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    8. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    9. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    10. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    6. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    7. 生理用ナプキンができるまで、女性はどうやって経血処置をしていたの?

    8. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    9. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    10. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    3. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    6. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた