1. Home
  2. EAT
  3. 貧血予防や二日酔いに。低カロリー・低脂質なダイエット食材「あさり」

貧血予防や二日酔いに。低カロリー・低脂質なダイエット食材「あさり」

1,678

横山智世

あさり

和食にイタリアン……さまざまな料理に登場する「あさり」。あさりが秘めている、ヘルシーパワーをご存知ですか?

今回は、管理栄養士の原美香さんが伝えているあさりの3つの魅力と、上手に砂抜きする方法を紹介します。

女性にうれしい! あさりのヘルシーパワー3つ

1.貧血予防が期待できる

貧血

女性はとくに、貧血に悩む人も多いのでは? あさりには豊富な鉄分をはじめ、貧血を助ける栄養素が含まれているそう。

あさりにはビタミンB12も多く含まれます。このビタミンは赤血球の生成を円滑にする働きがあります。鉄は吸収率が低いですが、その吸収を助けてくれるのがビタミンC。あさりと緑黄色野菜などを組み合わせて食べると、貧血予防が期待できます。

(「DietPlus」より引用)

2.丈夫な骨や歯をサポート

ガイコツ

鉄やビタミンB12の他にも、私たちにとってうれしい成分もあさりには豊富です。それは、カルシウムとマグネシウム。

カルシウムは丈夫な骨や歯をつくる働きがあります。マグネシウムは骨や歯にカルシウムが行きわたるようにし、調節することで丈夫な骨の形成をサポートしています。

(「DietPlus」より引用)

3.肝機能を強化

肝臓

魚介類であるあさりには、アミノ酸のひとつである「タウリン」もたくさん含まれています。飲み会が続く日や、お酒が好きな女性は、意識して摂取したいところです。

タウリンには血圧の調整をする働きがあります。また、肝機能を強化する働きがあると言われていて、二日酔いの解消にも期待ができます。

(「DietPlus」より引用)

低カロリー、低脂質、うまみたっぷりのダイエット食材

あさり

あさりは、カロリーが低く脂質がほとんどない、まさにダイエット向きの食材。

うまみ成分のもとと言われているコハク酸が豊富(「DietPlus」より引用)」なので、少しの調味料で味付けが決まるのもうれしいポイントです。

あさりを上手に砂抜きする方法は?

あさり

魅力あふれる「あさり」ですが、砂抜きが苦手で調理をためらってしまう人も。食べた時にジャリっと砂を噛んでしまうと、せっかくの食事も楽しめません。

原さんによると、あさりに元気に砂を吐いてもらうには海と似た状態にすることが、砂抜きのポイントだそう。以下が上手な砂抜きの手順です。

  1. 約3%の塩水をつくる(計量カップ1杯の水に小さじ1杯の塩)
  2. バットにあさりを重ならないように並べる
  3. 塩水をあさりがひたひたに浸かるぐらいまで優しく入れる
  4. バットを密閉せずに、新聞紙などをのせる
  5. 2時間以上冷暗所に揺らさずに静かに置いておく

(「DietPlus」より引用)

あさりの吸い物

あさりが酸素不足にならないように注意し、海中のような暗く静かな場所に置いておくことも大切なのだとか。なるべく海と近い環境を作り出すのです。

潮干狩りの時期の海の温度は15~20℃くらいと言われていますので、同じくらいの温度に近い場所を探して置きましょう。

(「DietPlus」より引用)

ヘルシーパワーを秘めたあさりは、春と秋が旬。この機会に、あさり料理のレパートリーを増やしてみませんか?

ヘルシー食材を上手に活用

ポリフェノールや食物繊維。りんごのダイエットパワー3つ

管理栄養士・東京糖尿病療養指導士である酒井葉子さんがまとめている、りんごのダイエットパワー3つについて紹介します。一日一個のりんごは医者を遠ざける。...

https://www.mylohas.net/2019/04/188475diet_apple.html

ダイエットに鶏むね肉! やせやすい体づくりをサポートする3つの魅力

ダイエットの味方につけたい「鶏むね肉」。なぜ鶏むね肉は優秀なダイエット食材と言われているの?その魅力を3つ紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/04/188325diet_chicken.html

Diet Plus

image via shutterstock

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら