1. Home
  2. EAT
  3. ポリフェノールや食物繊維。りんごのダイエットパワー3つ

ポリフェノールや食物繊維。りんごのダイエットパワー3つ

6,041

横山智世

りんご

一日一個のりんごは医者を遠ざける。そんなことわざがあるように、りんごには、私たちの体をサポートしてくれる栄養素がたくさん含まれています。

管理栄養士・東京糖尿病療養指導士である酒井葉子さんがまとめている、りんごのダイエットパワーについて紹介します。

ダイエットにうれしい3つの栄養素

りんご

ビタミンやミネラルなど多くの栄養素が含まれているりんご。なかでも、ダイエットに効果的な栄養素をあげるとしたら、以下の3つと言えるそう。

1.りんごポリフェノール

あまり聞きなれない「りんごポリフェノール」。実は、まさに今研究が進められている注目の栄養素なのだとか。

脂肪の体内への取り込みを妨げる働きや体内の余分な脂肪を取り除く働きがあるという研究結果も出始めています。さらに、「りんごポリフェノール」は抗酸化作用が強く、美白なども期待できると言われています。

(「Diet Plus」より引用)

りんご

2.食物繊維

りんごの代表的な栄養素といえば、「食物繊維」。そのまま食べてもよいですが、加熱もおすすめだそう。ひと手間かけて、コンポートにしてもよさそうですね。

りんご(皮つき1個200gあたり)には、食物繊維が3.8g含まれています。1日に摂りたい食物繊維のおおよそ1/5程度です。食物繊維を摂ることで、腸内の善玉菌が増え、腸内環境を整え、便秘予防につながります。焼きりんごなどのように加熱することで、整腸作用が高まるとも(後略)

(「Diet Plus」より引用)

3.カリウム

最後のひとつは、むくみが気になる人にうれしい栄養素「カリウム」。

食事の味付けが濃い目になりがちな方は、体が水分を抱え込みやすく、むくみやすい傾向にあります。

体の水分を調整してくれるカリウムは、むくみ対策におすすめの栄養素です。

(「Diet Plus」より引用)

皮を剥かずにそのまま食べるのがおすすめ

りんご

うれしい要素たっぷりのりんごですが、紹介した栄養素が多く含まれているのは、実は皮のまわりとのこと。皮を剥いて食べたらもったいないんです。よく洗ったあとにそのまま食べるか、加熱調理する場合も皮ごとがおすすめだそう。

では、一日にどれくらい食べたらよいのでしょうか?

果物はビタミンやミネラルがしっかりとれるため、1日200g食べることがすすめられています。りんごに換算すると、こぶりなもの1個分程度です。

(「Diet Plus」より引用)

朝食やおやつに、りんごを摂り入れてみませんか?

ダイエットをサポートするフルーツは?

栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

ダイエットでは避けがちなフルーツ。でもさまざまな健康的メリットがきちんとあります。なかでも低糖質のフルーツに注目です。

https://www.mylohas.net/2018/11/180283fruits.html

ダイエットのお助けフルーツ、イチゴ。減量を助ける4ポイント

おいしくてヘルシーなイチゴは、お通じや減量にも役立つパワフルなフルーツ! 健康によい理由と、食べ方をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/03/187933pvn_strawberries2.html

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由