1. Home
  2. EAT
  3. ポリフェノールや食物繊維。りんごのダイエットパワー3つ

ポリフェノールや食物繊維。りんごのダイエットパワー3つ

6,542

横山智世

りんご

一日一個のりんごは医者を遠ざける。そんなことわざがあるように、りんごには、私たちの体をサポートしてくれる栄養素がたくさん含まれています。

管理栄養士・東京糖尿病療養指導士である酒井葉子さんがまとめている、りんごのダイエットパワーについて紹介します。

ダイエットにうれしい3つの栄養素

りんご

ビタミンやミネラルなど多くの栄養素が含まれているりんご。なかでも、ダイエットに効果的な栄養素をあげるとしたら、以下の3つと言えるそう。

1.りんごポリフェノール

あまり聞きなれない「りんごポリフェノール」。実は、まさに今研究が進められている注目の栄養素なのだとか。

脂肪の体内への取り込みを妨げる働きや体内の余分な脂肪を取り除く働きがあるという研究結果も出始めています。さらに、「りんごポリフェノール」は抗酸化作用が強く、美白なども期待できると言われています。

(「Diet Plus」より引用)

りんご

2.食物繊維

りんごの代表的な栄養素といえば、「食物繊維」。そのまま食べてもよいですが、加熱もおすすめだそう。ひと手間かけて、コンポートにしてもよさそうですね。

りんご(皮つき1個200gあたり)には、食物繊維が3.8g含まれています。1日に摂りたい食物繊維のおおよそ1/5程度です。食物繊維を摂ることで、腸内の善玉菌が増え、腸内環境を整え、便秘予防につながります。焼きりんごなどのように加熱することで、整腸作用が高まるとも(後略)

(「Diet Plus」より引用)

3.カリウム

最後のひとつは、むくみが気になる人にうれしい栄養素「カリウム」。

食事の味付けが濃い目になりがちな方は、体が水分を抱え込みやすく、むくみやすい傾向にあります。

体の水分を調整してくれるカリウムは、むくみ対策におすすめの栄養素です。

(「Diet Plus」より引用)

皮を剥かずにそのまま食べるのがおすすめ

りんご

うれしい要素たっぷりのりんごですが、紹介した栄養素が多く含まれているのは、実は皮のまわりとのこと。皮を剥いて食べたらもったいないんです。よく洗ったあとにそのまま食べるか、加熱調理する場合も皮ごとがおすすめだそう。

では、一日にどれくらい食べたらよいのでしょうか?

果物はビタミンやミネラルがしっかりとれるため、1日200g食べることがすすめられています。りんごに換算すると、こぶりなもの1個分程度です。

(「Diet Plus」より引用)

朝食やおやつに、りんごを摂り入れてみませんか?

ダイエットをサポートするフルーツは?

栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

ダイエットでは避けがちなフルーツ。でもさまざまな健康的メリットがきちんとあります。なかでも低糖質のフルーツに注目です。

https://www.mylohas.net/2018/11/180283fruits.html

ダイエットのお助けフルーツ、イチゴ。減量を助ける4ポイント

おいしくてヘルシーなイチゴは、お通じや減量にも役立つパワフルなフルーツ! 健康によい理由と、食べ方をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/03/187933pvn_strawberries2.html

Diet Plus

image via shutterstock

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら