1. Home
  2. EAT
  3. 我慢せずにやせたい人へ。管理栄養士がすすめる5つのおやつって?

我慢せずにやせたい人へ。管理栄養士がすすめる5つのおやつって?

41,816

横山智世

体重計にのるダイエット中の女性

ダイエット中は「おやつ=我慢するもの」というイメージがありますが、管理栄養士によると、実はおやつを上手に取り入れることでダイエットを成功に導いてくれるそう。

今回は管理栄養士の水谷俊江さんによる、ダイエット中におやつを取り入れるときのポイントを聞きました。

おやつを食べてもいい時間帯は?

オレンジの時計

まずダイエット中の天敵は、「空腹」ではないでしょうか。おやつは、空腹を感じた時にうまく摂取することで、ドカ食いを防いでくれたり、仕事や勉強の効率アップにつながったりすると言われているそうです。

また、ダイエットライフをサポートしてくれるおやつは、摂取する時間帯がポイントに。研究結果として裏付けるものがあるといいます。

「ビーマルワン」という脂肪の合成を促進する時間遺伝子の研究からも、おやつがダイエットに有効であると言えます。

午前6時から夕方4時までは、「ビーマルワン」の働きが低い時間帯です。この時間に食べたものは脂肪になりにくく、逆に「ビーマルワン」が高くなる夜の8時〜深夜2時の時間帯に糖質や脂質を多く含み、カロリーが高い食事をすると太りやすくなります。

(「DietPlus」より引用)

つまり、午前中から夕方前の時間帯であれば、比較的罪悪感がなくおやつを食べることができそう。それだけでなく、この時間帯を意識して食生活のサイクルを作ることで、ダイエット成功への近道になるかもしれません。

おやつにちょうどいいカロリーは?

ダイエット中の女性

いくら時間帯を味方につけたとしても、食べ過ぎはNG。ちょうどいいカロリーを知ることが大切です。

間食はだいたい100~200kcal程度を目安にしましょう。そしておやつを食べた分は、夕食の主食を調整することがポイントです。

(「DietPlus」より引用)

ごはん一杯分(約150g)は約250kcal程といわれているので、おやつを食べた分を夕食の主食の量で工夫するように心がけましょう。

夕食後はエネルギーの消費量が多くないことと、前述した時間遺伝子「ビーマルワン」のことを考えても、夜の主食を調整する習慣は身につけておきたいところです。

ダイエット中に意識したい、主食や糖質の食べ方3つ

ダイエット中の食事のなかで、摂りすぎに注意したい「主食(糖質)」。太るからと抜いてしまう人も多いかもしれませんが、実はそれはリバウンドにつながる原因...

https://www.mylohas.net/2019/02/184653diet_staplefood.html

ダイエット中のおやつは何を食べる?

ギリシャヨーグルトとナッツ

ダイエット中のおやつでおすすめなのは、タンパク質や食物繊維が含まれているものだそう。糖質ばかり摂取してしまうと、血糖値の急上昇につながるので注意が必要です。

管理栄養士の水谷さんがすすめるダイエット中に食べたいおやつはこちら。

  • チーズやヨーグルトなどの乳製品……たんぱく質が含まれているため、代謝を上げる働きも期待できます。
  • 昆布や、ナッツ類、野菜ステックや根菜類のチップス……ダイエット中に不足しがちな食物繊維やビタミン、ミネラルが含まれています。

(「DietPlus」より引用)

食べ応えのあるおやつであれば、咀嚼する回数が必然と増えて満腹感につながることが期待できます。

管理栄養士がリアルに食べているおやつ5選

野菜チップス

ちなみに、管理栄養士がリアルに食べているおやつは、「あたりめ、茎わかめ、小魚&アーモンド、根菜チップス、干し梅」だそう。

ダイエットを機に、「おやつ=甘いもの」という概念とはお別れして、空腹を和らげるおやつのラインナップを積極的に取り入れてみませんか?

ダイエット成功のポイントは小さな習慣を積み重ねること

肥満につながる11の理由。夜にやりがちな間違った食習慣

食事に気をつけているのに体重が落ちないのは、もしかしたら夜の生活習慣のせいかも。生活を見直したら原因がわかりそうです。

https://www.mylohas.net/2019/02/184855pvn_night.html

ダイエット中のおやつに最適!「イチゴ」は減量の味方

ダイエットには、何を食べるかが重要なのはご存知の通り。食べ物それぞれで成分が違いますから、それを見極めることは非常に重要です。中でも、果物は糖分を気...

https://www.mylohas.net/2019/02/weightloss_08.html

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    4. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    5. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    7. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    8. マスク着用で過敏になった肌にも。ディオールの「シカ成分」配合バーム

    9. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    4. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    5. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    6. 自分を褒めることを習慣にしたら、人生が変わった/モデル・野沢和香[前編]

    7. 自律神経の乱れ、寝つきの悪さを1分で整える

    8. 更年期の不調に「個人差」があるのはなぜ? 日によって症状も程度も違うのは?

    9. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. マスク着用で過敏になった肌にも。ディオールの「シカ成分」配合バーム

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    7. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    8. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    9. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    10. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら