1. Home
  2. BODY
  3. ダイエット中のおやつに最適!「イチゴ」は減量の味方

ダイエット中のおやつに最適!「イチゴ」は減量の味方

30日間の「ダイエットを習慣化するコツ」

5,472

田邉愛理

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。

小さなダイエットの習慣

image via Shutterstock

「1986年から2001年まで25年にわたって実施された研究には、12万4000人もの人が参加しました。その結果、(おもに果物からの)フラボノイドの摂取が増えると体重の減少につながり、それ以外の食事内容、喫煙状況、身体的な活動レベルなど、生活スタイルのその他の変化の影響を差し引いたあとでも結果は同じでした」

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』111ページより引用)

低炭水化物ダイエットの理論を信じて、果物を避けている人がいますが、果物を悪者にするのは大きな間違いだとガイズ氏はいいます。

上記の研究では、フラボノイドの一種であるアントシアニンが、大幅な体重減少の予測因子になることがわかったとのこと。この研究でのアントシアニンのおもな摂取源は、ブルーベリーとイチゴでした

果物は何といってもおいしいので、多くの甘くて太りやすい食品に代わる信頼できる食べ物になります。酵素、フラボノイド、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれ、食べると満足感とエネルギーを与えてくれます。

果物の糖分を気にする人もいますが、加工食品に比べれば多くはありません。また、果物は甘いけれど、それでも血糖値を下げるという研究結果もあります。

ガイズ氏が、果物を「減量のためのチャンピオン」と呼ぶゆえんです。

ダイエットの小さな習慣

小さなダイエットの習慣』(ダイヤモンド社刊)

9万部を突破したベストセラー『小さな習慣』の著者スティーヴン・ガイズによる、待望の第二弾。従来のダイエット本とは一線を画す、「太らないための思考を作り、太りにくいライフスタイルを習慣化」するための一冊です。ガイズ氏が実体験からつかんだ“小さすぎて失敗のしようがない”ダイエットの習慣を、1日ひとつお届けします。

スティーヴン・ガイズ/著者プロフィール

2004年より自己成長ストラテジーの調査と執筆を行っている。2011年にブログ「ディープ・イグジスタンス」を立ち上げ、ホワイト・ダウ・ブックスによって2012年の自己啓発ブログ第1位に選ばれた。「ライフハッカー」「マインド・ボディ・グリーン」「タイニー・ブッタ」「ビッグ・ザ・ブレイン」などの人気メディアに寄稿している。

ダイエットを習慣化するコツ

短期ダイエットは価値がない。その理由とは?

よくすぐに効果が出るダイエットとか、たったの1ヶ月で痩せるとか、そういうのは意味がないそうです。もちろん、ある程度の効果は出るかもしれませんが、それ...

https://www.mylohas.net/2019/02/weightloss_02.html

ダイエット失敗の原因とは? モチベーションに頼らない、習慣の力

ダイエットそのものは「やるぞ!」という意気込みが必要だと思いがち。でも、その「やる気」というのが、また水もので困ります。「やる気」が出ないと、は言い...

https://www.mylohas.net/2019/02/weightloss_03.html

    specialbunner

    Ranking

    1. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 「よつんばいで30秒」が地味にきく! スッキリお腹をつくる簡単トレ

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    7. 体温調節のプロが教える「寒い冬を快適に乗り越える方法」

    8. ぺたんこお腹をつくるペンギンエクササイズ。つらいけど達成感は抜群!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やる気が継続する「エクササイズ・スナック」とは?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?