1. Home
  2. BODY
  3. ダイエット中のおやつに最適!「イチゴ」は減量の味方

ダイエット中のおやつに最適!「イチゴ」は減量の味方

30日間の「ダイエットを習慣化するコツ」

4,737

本連載では、ガイズ氏が語る「減量を持続させる小さな習慣」を、30日間にわたってご紹介していきます。

小さなダイエットの習慣

image via Shutterstock

「1986年から2001年まで25年にわたって実施された研究には、12万4000人もの人が参加しました。その結果、(おもに果物からの)フラボノイドの摂取が増えると体重の減少につながり、それ以外の食事内容、喫煙状況、身体的な活動レベルなど、生活スタイルのその他の変化の影響を差し引いたあとでも結果は同じでした」

(スティーヴン・ガイズ著『小さなダイエットの習慣』111ページより引用)

低炭水化物ダイエットの理論を信じて、果物を避けている人がいますが、果物を悪者にするのは大きな間違いだとガイズ氏はいいます。

上記の研究では、フラボノイドの一種であるアントシアニンが、大幅な体重減少の予測因子になることがわかったとのこと。この研究でのアントシアニンのおもな摂取源は、ブルーベリーとイチゴでした

果物は何といってもおいしいので、多くの甘くて太りやすい食品に代わる信頼できる食べ物になります。酵素、フラボノイド、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれ、食べると満足感とエネルギーを与えてくれます。

果物の糖分を気にする人もいますが、加工食品に比べれば多くはありません。また、果物は甘いけれど、それでも血糖値を下げるという研究結果もあります。

ガイズ氏が、果物を「減量のためのチャンピオン」と呼ぶゆえんです。

ダイエットの小さな習慣

小さなダイエットの習慣』(ダイヤモンド社刊)

9万部を突破したベストセラー『小さな習慣』の著者スティーヴン・ガイズによる、待望の第二弾。従来のダイエット本とは一線を画す、「太らないための思考を作り、太りにくいライフスタイルを習慣化」するための一冊です。ガイズ氏が実体験からつかんだ“小さすぎて失敗のしようがない”ダイエットの習慣を、1日ひとつお届けします。

スティーヴン・ガイズ/著者プロフィール

2004年より自己成長ストラテジーの調査と執筆を行っている。2011年にブログ「ディープ・イグジスタンス」を立ち上げ、ホワイト・ダウ・ブックスによって2012年の自己啓発ブログ第1位に選ばれた。「ライフハッカー」「マインド・ボディ・グリーン」「タイニー・ブッタ」「ビッグ・ザ・ブレイン」などの人気メディアに寄稿している。

ダイエットを習慣化するコツ

短期ダイエットは価値がない。その理由とは?

よくすぐに効果が出るダイエットとか、たったの1ヶ月で痩せるとか、そういうのは意味がないそうです。もちろん、ある程度の効果は出るかもしれませんが、それ...

https://www.mylohas.net/2019/02/weightloss_02.html

ダイエット失敗の原因とは? モチベーションに頼らない、習慣の力

ダイエットそのものは「やるぞ!」という意気込みが必要だと思いがち。でも、その「やる気」というのが、また水もので困ります。「やる気」が出ないと、は言い...

https://www.mylohas.net/2019/02/weightloss_03.html

田邉愛理

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ダイエットの味方!「食物繊維」を豊富に含む7つの食材

    3. ご存じですか? 危険な真菌感染カンジダ・オーリスの流行を

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    7. いつもの朝食が変わる!卵と野菜をしっかり摂れるアレンジレシピ10

    8. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    9. ストレスで太るのはなぜ? 食欲ホルモンの分泌を抑える8つの食品

    10. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    1. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    2. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 医師に聞いた、体臭を防ぐ7か条。サビない人になる秘訣って?

    5. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    6. 「自然に痩せる体」を作るのは、あのビタミンだった!

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    9. クリーニングのプロに聞いた、脇汗の黄ばみをきれいに落とす方法

    10. 30代からの肌改革!肌の根本から見直す「奥底」のケアとは

    1. 有酸素運動と筋トレのいいとこどり! 道具不要なトレーニング4つ

    2. コーヒーの量やチョコを欲するときが増えたら、気をつけるべきこと

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    8. たっぷり寝たのに眠いのは? 女性に多い「睡眠障害」5つのタイプ

    9. 炭水化物は摂ってよし! ダイエットがきちんと続く1週間の食事パターン

    10. 鼻づまりを解消する、即効性のある3つの方法