1. Home
  2. EAT
  3. 「真空ミキサー」で作るスムージーは、栄養や鮮度がこんなに違う

「真空ミキサー」で作るスムージーは、栄養や鮮度がこんなに違う

1,276

小林純子

旬のフルーツや野菜で作ったスムージーの色が変わったり、空気を含んだ層と分離してしまうことはありませんか? これらはミキシング時の酸化によるものです。

01

提供:テスコム電機株式会社

ご紹介する真空ミキサーは、真空状態でミキシングができるので、あざやかな色や栄養価をキープ。食材のパワーをそのまま取り込んだ、真空スムージーを作ることができるのです。

真空ミキサーの仕組み

真空ミキサーを販売しているのは、13年連続でミキサーメーカー販売数量シェアNo1(※1)のテスコム電機株式会社。ミキサーの開発・生産に30年の歴史があります。食材の鮮度や栄養価を低下させない方法として真空に着目しました。

真空ミキサー「gokusen極鮮」はダブルの真空ポンプを搭載し、約20秒でボトル内を0.3気圧(エベレストの頂上と同じ気圧)まで減圧。鮮度の敵である酸素をボトル内から取り除きます。

02

提供:テスコム電機株式会社

操作は簡単。食材を入れたミキサーボトルをセットして「VACUUM FRESH」スイッチを押すだけ。ボトル内が真空になると、トップのイルミネーション真空リングが青く光り、真空状態で撹拌がスタートします。

鮮度や栄養価がこんなに違う

真空状態にすることで、見た目の鮮やかさや栄養価などに違いがでてきます。

例えば、スムージーに使われるリンゴは、変色しやすいのが難点。しかし、真空ミキサーで作れば空気に触れないので酸化による変色が少なく、フレッシュな色のままです。

03

提供:テスコム電機株式会社

ミキシング中に空気を含み、泡立てたような仕上がりになり、しばらくすると分離するものが多いなか、真空ミキサーはムダな空気を含まずミキシング。泡立ちにくく味にムラがありません

さらに、真空ミキサーでつくった直後のポリフェノール成分量は、従来ミキサーの約3倍なのだとか。ポリフェノールなど、酸素に弱い栄養をしっかり保つことができるそうです。

疲れをいやす真空スムージー

そんな真空ミキサーでつくる、ひと味ちがうスムージーをご紹介します。気泡が入りにくいので、食材のおいしさをダイレクトに味わえますよ。

パイナップルと甘酒のスムージー

04

提供:テスコム電機株式会社

<材料(3人分)>

  • 甘酒 300ml
  • 豆乳 100ml
  • パイナップル 230g
  • ※お好みで最後にナツメグ(シナモン)を加える

パイナップルの酸味と、甘酒の優しさが疲れをいやしてくれます。季節の変わり目に、体調を整え元気をチャージできるスムージーです。

付属の真空保存タンブラーを使えば、真空状態のまま鮮度を8時間(※2)キープできるので、朝・昼・夜分をまとめてつくることも可能に。色のあざやかさから、イタリアンなど有名レストランで真空ミキサーが使われているのも納得です。

スムージー生活に最新の真空ミキサーを取り入れてみませんか?

※1 GfK Japan調べ
※2 テスコム調べ

gokusen極鮮

体にいいドリンクをもっと手軽に

レモンウォーターは本当に健康の効果があるの? 2週間試してみた結果

私たちは大昔からいろいろなものを飲んできました。「永遠の泉」やらアルカリ水、ケールジュースなどいつだって健康によいもの、病気を予防してくれるもの、そ...

https://www.mylohas.net/2018/08/173706lemon-water.html

夏にこそ緑茶! ビタミンC豊富なスーパーパワーをおさらい

緑茶が世界から注目を集める存在となっています。その人気を後押ししているのは世界的な日本食ブームであり、このブームの背景にあるキーワードこそ「健康」。...

https://www.mylohas.net/2018/08/172599green_tea.html?test201808

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由