1. Home
  2. EAT
  3. 栄養も美容成分もたっぷりのドリンクが飲みたい #まとめ

栄養も美容成分もたっぷりのドリンクが飲みたい #まとめ

片岡理森

栄養も美容成分もたっぷりのドリンクが飲みたい #まとめ

美容にはバランスのとれた食事と良質な睡眠が大切だということはわかっていても、目の前のことに精一杯だとバランスを崩してしまうことも。そんなときに頼りになる栄養と美容成分たっぷりのドリンクを探してみました。

飲みやすくてかわいいプロテイン

20170424_beautydrink_01.jpg

しなやかで美しい体作りに、筋肉をサポートするたんぱく質を。「タンパクオトメ」は、理想のタンパク質と27の美容成分によって作られた女性のための美容系プロテイン。隠れ貧血の女性のためにヘム鉄、ビタミンB12、葉酸が配合されているのもうれしい。>>手軽においしく、かわいらしく、からだ作りの頼もしい相棒になる「美容系プロテイン」

コクのある日本古来の栄養ドリンク

20170424_beautydrink_02.jpg

米麹ともち米、米焼酎の3つだけを合わせて発酵させ、数年間熟成させた飲める「みりん」。ブランデーのようだともいわれる風味は、柑橘を加えたサワー、お湯割り、ロックなどと様々に楽しめるのだとか。>>古くからの栄養ドリンク。美味しくそのまま飲めるみりんの選び方

ポリフェノールたっぷりのハーブティー

20170424_beautydrink_03.jpg

台湾で人気の蝶豆花茶。ブルーベリーなどと同じポリフェノールの一種「アントシアニン」が多く含まれており、眼が疲れたときや血の巡りを良くする美容茶として注目されています。アップルミントやマンゴーなどを加えたフルーティな味わいにハマりそう。>>美しさを秘めた、台湾の青いハーブティー「バタフライピー」を表参道で

消化機能を整えるマサラチャイ

20170424_beautydrink_04.jpg

カラカラに乾いた心身を癒し、病の根源になりうる消化機能の不調を解消してくれるスパイスがたっぷり。代謝・血行促進、疲労回復、デトックス、むくみ解消、リラックス効果、睡眠の質向上、抗酸化作用なども期待できます。>>不調を感じたら、カルダモンとフェンネル香るマサラチャイを

栄養が溶け込んだブローススープ

20170424_beautydrink_05.jpg

見た目には具のないスープですが、骨ごと使うビーフやチキン、野菜の旨味と栄養が溶け込んでいます。コラーゲンがお肌をプリプリにしてくれるだけでなく、髪の毛や爪のアンチ・エイジング対策にも。作るのは大変そうなので、市販のフリーズドライ製品から試してみたい。>>ニューヨークで人気。歩きながら飲めるコンソメスープ

色合い、味わい、香りなど五感で楽しめるドリンクだと、サプリメントより心身に染みわたるような気がします。心がイキイキすることも、美容に必要な要素なのかも。

    Ranking

    1. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. 少ない回数でも効果あり! お尻・太もも・コアに響く8つのスクワット

    7. 医師が教える「足がむくむ5つの理由」と元通りにする方法

    8. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 食品業界のプロが選ばない、9種類の「調味料と保存食品」

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    5. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技

    6. 空気清浄だけじゃない、観葉植物が身体にもたらすメリット8つ

    7. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    8. 糖質やカロリーよりも気になる「お菓子とドリンク」の避けるべき成分

    9. ダイエット中のおやつに「飲むヨーグルト」。管理栄養士が飲むコツを伝授

    10. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 熱中症のサインは? 症状を見逃さないで! 予防と対策5つ

    3. 食の専門家が絶対に食べない9つの食品。マーガリン、全粒粉パンも...

    4. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    5. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    6. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    7. ただの腰痛と間違えやすい、気をつけたい6つの病気

    8. 目覚めたら手に大ヤケド! 火事でも日焼けでもない、まさかの原因は?

    9. 眠れない夜にサヨナラ。すぐに眠れる、とっておきの16の方法

    10. 「人前であがる人」の特徴は? たった2分で緊張が解ける裏技