1. Home
  2. EAT
  3. 不調を感じたら、カルダモンとフェンネル香るマサラチャイを

不調を感じたら、カルダモンとフェンネル香るマサラチャイを

1,419

マッツィテッリ福子

不調を感じたら、カルダモンとフェンネル香るマサラチャイを

秋が深まり、気温が急に下がると体調を崩しやすいですね。私はセルフメンテナンスに温かいマサラチャイを活用しています。

マサラチャイとは、さまざまなスパイスをミックスして作るインド風ミルクティーのこと。胃腸の調子がとても悪かったときにインド人のコックから教えてもらったこのレシピは、シナモン不使用の優雅な香りと軽い飲み口で、「チャイといえばシナモンたっぷり、濃厚で重い飲み物」という私の思い込みをくつがえしました。

消化機能を整えるマサラチャイのレシピ

161031_chai_01.jpg

材料(1人分)・[A] カルダモン(黒) 1個 カルダモン(緑) 1個 フェンネルシード 小さじ1 しょうがスライス(生) 1~2枚 紅茶の茶葉 小さじ1

・水 200ml・豆乳(または牛乳) 100~120ml・砂糖(お好みで) 小さじ1~2

作り方カルダモンは乳鉢などで殻を潰して中のタネが出るようにしておく。小鍋に水とAを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にして7~8分煮出す。豆乳と砂糖を加えて再沸騰させて弱火で5分ほど煮、火からおろして茶こしで濾したらできあがり。

健康の土台、消化機能をスパイスでケア

アーユルヴェーダでは「消化不良は病の根本原因なので、何はともあれ胃腸が大事。食べたものをきちんと消化、吸収、排泄できることが健康に不可欠」だと説いています。不摂生やストレス、疲労などにさらされたとき、真っ先にダメージを感じやすいのは胃腸で、そこからさまざまな不調が派生していく、と。

そしてここで使うカルダモンジンジャーフェンネルシードは、まさに胃腸の調子を整えて消化機能を助ける作用があるものばかり。インドだけでなく、中国でも生薬として古来活用されてきました。食欲を正常に戻し、胃の緊張をほどき、腸の状態を整えるとっても頼もしいスパイスたちです。

また、これらはほかにもたくさんの作用があり、体を温める、代謝・血行促進、疲労回復、デトックス、むくみ解消、貧血改善、口臭予防、リラックス効果、睡眠の質向上、抗酸化作用なども期待できます。

カラカラに乾いてしまう現代人と秋

特に秋に、私たちがマサラチャイを飲むべき理由はなにか。アーユルヴェーダによると、めまぐるしい情報社会で頭をフル回転させる現代の生活は、人の心身をカラカラに乾かし消耗させてしまうのだそう。重ねて、四季のなかで冷たく乾いた風が吹く秋という季節もこれと同じ作用があるため、現代人は秋に調子を崩しやすいのだ、と。たとえそうでなくとも、なにか心にすき間を感じたり、肌がカサついたりしやすい季節ですよね。

からだを温かく潤して調子を整え、心をほぐしてくれるこのチャイは、まさにグッドアイディアなのです。ときどき自分のからだに耳を傾けて、必要ならばこうしたケアを取り入れてみるのもいいと思います。

あわせて読みたい

イタリアで再注目される健康飲料カッフェ・ドルゾって?美をつくる眠りと体をゆるめるリラックス法(Sponsored)イラストレーター横峰沙弥香さんが見つけた美のスポット(Sponsored)

    specialbunner

    Ranking

    1. 痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

    4. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    5. 謙遜する? ほめ返す? 女子同士の「ほめ合い合戦」、正しい返事は?

    6. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    7. 「腹筋」で脇腹の肉は取れません! 専門家が教える正しい運動は...

    8. つらいなら休んでいいんです。実は法律で決まっている「生理休暇」の取り方

    9. 10月は乳がん月間。克服した人はどうやって治療に前向きになれた?

    10. ストレス軽減の近道は「先延ばしにしない」。研究で実証!

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. 一生で排卵されるのは、たった400個。知っておきたい卵巣の話

    10. ぐっすり寝たければ下半身を鍛えよう。運動専門家が語る「6つの快眠術」

    1. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    2. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    3. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    4. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    5. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    6. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    7. 疲れが抜けないなら積極的に摂るべき「ビタミンB12」が多い食材

    8. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた