1. Home
  2. EAT
  3. 家庭料理で大切なのは「作る人が負担に思わないこと」。せん切りが苦手でも大丈夫

家庭料理で大切なのは「作る人が負担に思わないこと」。せん切りが苦手でも大丈夫

テーブルに ひと工夫

1,374

松本日奈

料理家・松本日奈さんが、台所を中心にまわる日常や「おいしい」に関わるモノやコト、台所仕事の負担を軽くして楽しいものにかえる“ひと工夫”をつづる連載「テーブルに ひと工夫」。

今回は、苦手、億劫と感じる人が多いであろう「せん切り」に向き合うヒントです。

淡々とした作業と心地よい音で、瞑想のような感覚に

20210923-1

料理の仕事をしていますが、私はきれいなせん切りが苦手です。みじん切りも。

億劫に感じていたのは、きれいに切り揃えようとがんばっていたからかもしれません。あるとき「うまく揃ってなくてもいい。だってできないんだから」と割り切ってからは、せん切りをすることがラクに感じられるようになりました。

切って塩をまとわせて置いておけば、お夕飯にはちょうど食べごろ。そんなタイミングで「よし、やろう」となるわけですが、切り始めると、その淡々とした作業の繰り返しと、トントンという心地いい音にすーっと入り込んで、知らないうちに無心になっています。ちょっと瞑想に近い感覚です。

そして切り終わると小さな達成感で頭がすっきりと、心も整うように感じられます。せん切りが苦手だからといって嫌いというわけではなく、むしろ楽しんでいるともいえます。

家庭料理は、作り手の負担にならないことが大切

20210923_2

「せん切りキャベツと砂肝のコンフィ」
切り込みを入れた砂肝は塩、ペッパー、ビネガー、ハーブでマリネしておき、にんにくのスライスと一緒に鍋に入れ、ひたひたにオリーブオイルを注いで柔らかくなるまで火を通す。

細く丁寧に切り揃えられた野菜たちは、空気を含んでふわっとしていて見た目も美しいですが、細いところや太いところがあっても、食感の違いがあってそれはそれでおいしい。家庭料理ですから、できる範囲で無理なくやればいいと思っています。

毎日のおうちごはんは、作り手がつらくならないことを優先していいと思っています。作る側も、食べる側も、食事はおたがいを楽しませ、満たすものですから。ごはんを用意しようとするその行為自体がすでに、愛情たっぷりなのです。

せん切りのポイント

20210923_3

写真上:キャベツは繊維を断つように切ると食感よく仕上がる。繊維が左右になる向きでキャベツをまな板に置き、包丁を縦にあてる。
写真下:厚さがないほうが切りやすい。キャベツやレタスなどの広がりやすい葉野菜は、巻いたり上から優しく抑えたりしてまとめながら切っていく。

hina_masumoto

松本日奈(まつもと・ひな)
料理家。北イタリア留学中に現地の料理人やマンマから料理を学ぶ。オリーブオイルや白バルサミコなどの調味料を使い、シンプルで素材を生かした家庭料理を提案。レシピ開発やケータリング、ひな弁と活動の幅を広げる。料理教室は毎回キャンセル待ちになるほどの人気ぶり。目黒区鷹番にある食材店「ラ・プティット・エピスリー」を営む夫、ふたりの娘、愛犬と暮らす。インスタグラム

写真・文/松本日奈

    Ranking

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. しっとり、クタクタまで煮て。飛田和緒さんの「茹で過ぎ」野菜料理

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    8. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    9. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    10. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    7. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. 「糖質」と上手につきあおう。肌の老化にもつながる未来のAGEを増やさないコツ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら