1. Home
  2. EAT
  3. 春は「蒸し料理」。疲れとストレスを癒す養生ごはんのススメ

春は「蒸し料理」。疲れとストレスを癒す養生ごはんのススメ

6,465

田邉愛理

20210209_5

女優やモデル、美容家が通う「行列ができる店」として知られる玄米カフェ「実身美(サンミ)」。とれない疲れやストレスが癒されると人気のごはんを、自宅で手軽に再現できるレシピ本をご紹介します。

とれない疲れとストレスは「食べて、ととのえる」

『実身美(サンミ)の養生ごはん』(ワニブックス)は、大阪をはじめ、東京・大手町でも大人気のオーガニックカフェ「実身美(サンミ)」のレシピを紹介した一冊。「実身美」という名前は、実があって、身体によくて、美しくなる──という3つの「み」を並べたもので、代表である大塚三紀子さんの想いが込められています。

忙しさとストレスに追われて、食事を「適当に」すませてしまう。

そんな人たちにも、外食で「家族のために作るような食事」を食べてもらいたい。実身美をはじめたのは、そんな気持ちからでした。

(『実身美の養生ごはん』2ページより引用)

玄米ごはんを中心に、酵素や食物繊維をたっぷり摂れるメニューが「実身美」の特徴。その根本にあるのは、食事で体を労るという「養生」の考え方です。

四季の食材と調理法のハーモニーが「養生」の鍵

20210209_3

スーパーに行けば、一年中ほとんどの野菜が手に入ります。気がつけば買っているのはいつも同じ野菜だったりしませんか?

(『実身美の養生ごはん』6ページより引用)

そんな問いかけから本書ははじまります。言われてみると確かに、家の冷蔵庫のスタメンは味が好みで、価格が手頃で、調理法もイメージしやすい“いつもの野菜”。旬の野菜が健康によいのはわかっていても、レシピが思い浮かばないのでつい敬遠してしまうのです。

しかし「養生」では、四季折々の食材と、やはり四季に適した調理法を組み合わせることが重要。それによって、「その季節に私たちの体にとって必要な栄養素」を取り入れることができるといいます。

春は蒸し料理、夏は炒め物がおいしい理由

20210209_4

たとえば。厳しい冬を乗り越えた体は、冬に溜め込んだ老廃物を排出する“デトックスモード”になります。生命力に溢れた体の巡りをさらに高めてくれるのは、春に芽が出る山菜や緑の濃い野菜、滋養たっぷりの貝などです。

そして春は、調理法のなかでも“蒸す”のがおすすめだそう。

冬と夏の間で陰と陽のバランスがよく、暖かくなりはじめる春は、ほどよく火を通し、栄養をまるごと食べられる「蒸す」調理法がぴったり。(中略)味の流出も少なく、それぞれの味の個性が際立つ調理法ですから、それぞれの野菜の味を再確認できます。

(『実身美の養生ごはん』20ページより引用)

いっぽう夏のおすすめは、フィリピンやベトナムなど、暑い土地の料理に多い“炒め物”です。

また、夏は紫外線も強くなるので、抗酸化物質が必要。そして、抗酸化物質は野菜の色素や香りに含まれていて、これもまた長時間の調理には向きません。さらに、これらは油との相性がよく、吸収率が高まります。使いすぎには注意が必要ですが、油を敵視せず、炒めるときに使うのは理にかなっています。

(『実身美の養生ごはん』56ページより引用)

太りやすい秋は味つけをひと工夫する、体を冷やしがちな冬は“煮込み”を活用するなど、季節によって調理法を変えるという提案には納得。それぞれおいしそうなレシピが豊富に紹介されていて、季節ごとの調理のイメージが湧きやすいのも嬉しいところです。

四季折々の食材と、四季に適した調理法からメニューを決める。こうした視点を持つと、毎日の献立を考えるのがぐっとラクになる気がします。

旬の食材は味が濃いので、シンプルな調理で済むのも魅力。本書を片手に、スーパーに並ぶ「おいしそうな顔」をした食材を探しに行きたくなりました。

すぐに取り入れられる養生のコツ

疲れやむくみ、不眠の悩みをリセット! 簡単セルフケアで不調知らずの体に

疲れや不眠など、何だか体調が整っていないときは、「養生」を意識してみませんか? 東洋医学によるセルフケアの考え方と簡単にできる「養生」のコツをご紹介...

https://www.mylohas.net/2020/05/213184book_curing.html

風邪のとき「胃」にやさしい食べ物は? 野菜をつかった簡単養生スープ

風邪をひいて胃がつらいときには、動物性タンパク質を使わないスープで自己回復力を高めるのが大事。穂高養生園で働く鈴木愛さんの「不調をととのえるスープ」...

https://www.mylohas.net/2020/01/206033book_soup.html

実身美の養生ごはん

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    7. お腹を触って、便を見て。自分の腸の状態をチェックする方法

    8. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    9. レンジを使って20分で完成。簡単キムチーズうどんのレシピ

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 愛用の「箸置き&カトラリーレスト」たち。献立や器を考えるのとは別の楽しみがある

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら