1. Home
  2. EAT
  3. ごま油と生姜の香りがのぼるおいしい中華粥が完成【こぐれひでこの「ごはん日記」】

ごま油と生姜の香りがのぼるおいしい中華粥が完成【こぐれひでこの「ごはん日記」】

こぐれひでこの「ごはん日記」

17,603

こぐれひでこ

中華粥02

おかゆ

【6月22日】朝ごはん:4時ごろ、おかゆをセット。これなら胃袋に優しいだろうと思ってね。おかゆ(鰹節、半熟卵)、モロヘイヤともやし、豆アジの南蛮漬け、きゅうりの酢醤油漬け。“胃変”と言いながら、ちょっと食べすぎか? 食べてからまたベッドへ。

心太

あんみつ(風?)

昼ごはん:昨日、テングサを煮出して作っておいた「ところてん」を食べた。あんとオレンジ、黒蜜を入れて「あんみつ」も食べた。

ところてんと寒天の違いってご存知? 実は私もたった今、調べて知ったのですが……材料はともにテングサ。テングサを煮出して絞った汁を冷やし固めたのがところてん(漢字では「心太」と書く)。それを凍らせて乾燥させたのが寒天……だそう。私が使ったテングサは地元の海で採れたもの。自作のところてん、おいしい。

夏野菜の卵とじ

中華粥02

夜ごはん:トマトといんげんと青梗菜の卵とじ。胃の調子、少しだけ回復したようなので、中華粥を作る。

鍋でごま油を熱し、生姜の千切りを炒める。米を入れて炒め、米の10倍量の熱湯と鶏肉を入れて、蓋をして強火にかける。沸騰したら弱火にして40分。ごま油の香りと生姜の香りがのぼるおいしい中華粥が完成。

豆アジの南蛮漬けときゅうりの酢醤油漬け。多分これにて“胃変”は解消。

>>こぐれひでこの「ごはん日記」をもっと読む

>>今日作りたくなる簡単ヘルシーな旬レシピを多数掲載中

もうじき20周年! 担当編集者が語る「こぐれひでこのごはん日記」秘話

毎日欠かさず更新される、こぐれひでこさんの「ごはん日記」。『こぐれひでこのおいしい食卓』出版に際し、歴代編集者がこぐれさんとの素敵な思い出を寄せてく...

https://www.mylohas.net/2019/12/203175book_gohannikki.html

ゆで卵にバターを塗ったら、ご褒美レベルにおいしくなった!

高たんぱく質で手軽に食べることができるゆで卵。お供に塩やマヨネーズだけでは飽きてしまうならば、バターを使ってみては?

https://www.mylohas.net/2020/06/214815eggs.html

    Ranking

    1. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    2. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    3. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    4. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    5. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 【絶品トマトジュースをプレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    4. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    5. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    8. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    9. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    10. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら