1. Home
  2. EAT
  3. 超簡単にやせ体質に導く3つの秘訣。この方法ならつらくない!

超簡単にやせ体質に導く3つの秘訣。この方法ならつらくない!

4,388

MYLOHAS編集部

ダイエット

──ライフハッカー[日本版]より転載

糖質制限、脂質制限、〇〇だけダイエット、など健康や減量を目的に食事を改善しようとしても、これまでの習慣を大きく変え、ガマンし続けてしまうようなやり方では長続きしません。

積み重なったストレスが抑えきれなくなり、かえって暴飲暴食を繰り返す日々……なんてことになったら本末転倒です。

Google社がビュッフェ形式で展開しているカフェテリアでは、社員の食習慣をより健康的なものにするためにさまざまな工夫が行われているそう。

その結果、毎日2,300人が朝食にサラダをとるようになり、2017〜2018年にかけてはシーフードの消費が85%アップ水の消費量が砂糖を含む飲み物の消費量の5倍も多くなったとのこと。

今回は、Mediumの記事で取り上げられている同社の取り組みのなかから、私たちの生活でも取り入れられそうな取り組みをいくつかご紹介します。

1.お皿を見直す

小さなお皿に盛られた料理

Googleでは、ビュッフェ用のお皿は少し小さめのものを用意しています。

ビュッフェではつい食べきれない量を取りすぎてしまい、結果食べ過ぎてしまうことが多いものですが、これだと量を適切にコントロールしやすいのかもしれません。

また個人的には、大きなお皿に1/2程度盛られた料理と、小さめのお皿に満杯に盛られた料理では、視覚的にも後者のほうが食後の満足感に繋がりそうだと感じました。

ちなみに私は普段からお気に入りの器、食器を利用して食事の時間の満足度を高めるようにしています。

「満腹感」ではなく「満足感」を意識してみると、食習慣を変えるきっかけがつかめるかもしれません。

2.野菜を最初に並べる

サラダ

Googleのカフェテリアのビュッフェでは、お肉やスイーツの前に、必ず野菜が並べられています。

これはお肉やスイーツを盛り付けようと思ったときにはすでにお皿が野菜料理でいっぱいになっているため、結果的に全体の食事量のなかで野菜を食べる比率がアップする、という仕組みを狙っているそう。

自宅でビュッフェ形式、は難しいかもしれませんが、まずは野菜料理でお腹を満たす、という方法は真似できそうです。

ベジファースト、とも言われる通り野菜を先に食べることで血糖値の上昇を緩める効果もあるようですから、これは一石二鳥とも言えそうですね。

何か食べるのをやめようとすると無理をして辛い気持ちになりますが、「何か別のものに置き換える」ことを試すと、気持ちよく続けられるかもしれません。

例えば、スナック菓子をやめられない人は、いきなり全てやめるのではなく、お菓子を食べる3回のうち1回をフルーツやナッツにしてみる、そうすると自然とスナック菓子を摂取する量は減ります。まずはそこからでOKです。無理なくできる置き換えを考えてみてください。

3.過食を避けたいものは手の届きにくい場所に置く

お菓子を見つめる女の子

Googleではジュースやスナックの配置にもひと工夫しています。

水やフルーツは比較的すぐに取りやすい場所に置いているのに対し、砂糖入りの飲料や、ついコーヒーのお供に手にとりがちなクッキーやスナック菓子は、カフェテリアの中でも少し取りづらい場所にあえて置いておくのだとか。

そんな単純なことで……? と思う方もいるかもしれませんが、これは私も実際に効果を実感した方法なのでとても納得感がありました。

どうしてもスナック菓子をやめられなかった時期、お菓子を常にすぐ視界に入るキッチンの棚から別の部屋のクローゼットの奥に移動させてみたんです。

すると、あまりに単純すぎて自分でも驚いたのですが、そのお菓子が視界に入らなくなったことで意識をする回数も減り、無闇にお菓子を手にとることがなくなりました。

人は案外「食べたいと思うから食べている」のではなく「そこにあるから食べている」ことも多いのかもしれないなと気付かされた経験でした。

食習慣を「仕組み化」してみる

食事

いずれもそんな些細なこと? と思いがちですが、その積み重ねが積もれば日々の習慣になり、大きな結果に繋がります。

まわりからみると気づかないほど小さな変化をいろいろと仕組み化することで、無意識に取り組めることがコツなのかもしれませんね。

これまでいろんな方法を試したけどうまく続かなかった……という方。もし今回ご紹介した取り組みのなかでこれならできるかも? といったことがあれば、ぜひ新たにトライしてみては。

人は習慣でできています

メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

メンタルが強い人の6つの習慣をご紹介。後天的に身につけられる、簡単なメンタルトレーニングで思考、感情、振る舞いのコントロールに役立つスキルを身につけ...

https://www.mylohas.net/2020/01/206109mentally_habits.html

自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

「自分が行動できないのは◯◯のせい」そんな言い訳をやめたい人へ。以前は内向的だった人気講演家が実体験をもとに自分を変える89の方法を紹介します。

https://www.mylohas.net/2020/03/210040book_change.html

ライフハッカー[日本版]

image via shutterstock

    Ranking

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    3. 心理的要素を利用して食欲をコントロール。簡単にできる3つのこと

    4. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    5. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    6. 猫背の人がたるみやすい上腕二頭筋。夏までに引き締めたい二の腕トレーニング

    7. しっかり満足感があるのに130kcal以内の「食べるスープ」レシピ

    8. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    9. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    10. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 人生の「雨季」は必ず終わる。精神科医モタ先生の心が晴れる言葉

    4. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    5. シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

    6. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    7. 猫背の人がたるみやすい上腕二頭筋。夏までに引き締めたい二の腕トレーニング

    8. 「やる気がでない」は鬱ですか...? 精神科や診療内科、カウンセリングルームへ行くべきか

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 生理痛の治療に使う「低用量ピル」は2種類。どう違う? 副作用は

    1. 「ハーブ栽培の天才」になろう。コツは一つもいりません

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 癒しの緑をキッチンにも。最適な3つの観葉植物とは?

    4. お肉に添えても、そのままでも。春キャベツのおいしい季節は、冷蔵庫に「白バルキャベツ」を

    5. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    6. 「素材のつくりおき」で幸せ貯金。大原千鶴さんが教える持続可能な料理

    7. 片付けられない人の最後の駆け込み寺。石阪京子さんが教える「3日間集中片付け術」

    8. 【心理テスト】あなたの人気ポイントはこちらです

    9. シャキシャキ感がうれしい「スナップエンドウ」が主役になるレシピ3つ

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら