1. Home
  2. EAT
  3. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

3,912

田邉愛理

ラクやせ

日本人の体質に合った方法で、食べることへの罪悪感もなく、リバウンドせずにやせられる……そんな夢のダイエット術を、自律神経の名医として知られる小林弘幸教授(順天堂大学医学部)が提案してくれました。

ダイエット効果の鍵を握るのは、小林教授が考案し、家庭でも簡単につくれるように工夫された「みそ玉」です。1日1杯のみそ汁で、なぜこんなにも簡単に、ラクにやせられるのでしょうか。

みそ汁の「脂肪分解効果」を検証

みそ汁

自律神経研究の第一人者であり、“腸のスペシャリスト”として知られる小林弘幸教授。みそ汁の知られざる健康パワーに着目した前作『医者が考案した「長生きみそ汁」』(アスコム)は、80万部を超えるベストセラーとなりました。

教授のもとには読者から多くの感想が届きましたが、もっとも多かったのは「長生きみそ汁を飲みはじめたら、やせた」という報告だったといいます。

じつは教授自身、「長生きみそ汁」を飲みはじめて10日で、ストンと体重が落ちるという体験をしていました。

突然のことだったので、「何か病気にかかったのかもしれない――」。
そうあせった私は、すぐに全身検査を実施。体のすみずみまで異常がないか検査しました。ですが、検査結果は「異常なし」。
これは脂肪を落とす作用が「長生きみそ汁」のもと、「長生きみそ玉」に含まれている可能性が高い、と仮説を立て、実験をはじめたのです。
その結果、「長生きみそ玉」には脂肪を分解する効果があることが我々の実験で認められたのです。(順天堂大学漢方先端臨床医学研究室にて実施)

『医者が考案した「ラクやせみそ汁」』3~4ページより引用

みそ汁こそ「最強のダイエット食」

小林教授の新著『医者が考案した「ラクやせみそ汁」』では、実験結果をもとに、みそ汁のダイエット効果をさらに高めたパワーアップ版が提案されています。

ベースとなるのは、赤みそ、白みそ、玉ねぎのすりおろし、りんご酢を混ぜてペースト状にした「みそ玉」です。「みそ玉」に使われる食材は、たとえばこんな活躍をしてくれます。

みそ

みそ

(発酵食品であるみそによって)腸内に生息する細菌群の状態が健全になると、細胞内に脂肪を摂り込むのを防止する効果のある、短鎖脂肪酸を増やしてくれます。

赤みそ

赤みそ

(赤みそに含まれる)メラノイジンの働きによって、インスリンの過剰な分泌ならびに、それに付随する糖の中性脂肪化をブロックしてくれます。

白みそ

白みそ

白みそには、ストレスを緩和してくれる働きのあるGABAという健康成分が含まれており、自律神経のバランスを整えてくれます。

酢

りんご酢に含まれる酢酸が、血糖値の急激な上昇を抑えてくれるからです。(中略)血糖値の上昇を抑えるということはすなわち、「肥満ホルモン」とも呼ばれるインスリンの分泌を抑制するということであり、それが脂肪のつきにくい体づくりにつながります。

玉ねぎ

玉ねぎ

(玉ねぎに含まれるケルセチンという成分により)血管が若返り、血液がサラサラになると、血液の循環がスムーズになります。と同時に、老廃物の排出スピードが加速します。以上、『医者が考案した「ラクやせみそ汁」』より抜粋

みそが優れた“腸活”食材であることや、玉ねぎの血液サラサラ効果などについては、ご存じの方も多いと思います。

小林教授の「みそ玉」がすごいのは、これらの働きすべてをみそ汁1杯で享受できるため、手軽で習慣化しやすいこと。「ラクやせみそ汁」と命名されたのも納得です。

「オールインワンみそ汁」で置き換えダイエット

料理を作る女性

「長生きみそ汁」と「ラクやせみそ汁」の大きな違いは、その取り入れ方にもあります。小林教授がすすめるのは、1日1食を「みそ玉」を使った「オールインワンみそ汁」に置き換えることです。

といっても難しいことはなく、ごはんや麺など、主食になる食材を「ラクやせみそ汁」に加えるだけ。最初の1~2週間、1日1食をダイエット効果のより高い「オールインワンみそ汁」にすることで、ラクやせ効果が倍増するといいます。

『医者が考案した「ラクやせみそ汁」』には、冷凍庫で保存できる「みそ玉」の作り方にはじまり、「ラクやせみそ汁」や「オールインワンみそ汁」の多彩なレシピも紹介されています。

「オールインワンみそ汁」を活用した集中ダイエットは、年末年始に増えてしまった体重を落とすのにも役立ちそう。食べすぎの罪悪感も解消できるグッドアイデア、さっそく試したくなりました。

みそ汁ってすごい!

腸の名ドクターが考えた「長生きみそ汁」で、自律神経の働きをサポート

順天堂大学の小林弘幸教授といえば、初診が数年待ちという日本初の「便秘外来」を率いる名ドクター。“腸のスペシャリスト”として知られる先生が、「自律神経...

https://www.mylohas.net/2018/07/171829miso_soup.html

毎日のみそ汁でぐっすり眠れるように? 医師考案のおすすめ具材レシピ

近年「睡眠の質」を重要視する人が増えています。忙しいときほど、短時間でもぐっすり眠って体力を回復したいもの。そんなときに活用したいのが、より良い睡眠...

https://www.mylohas.net/2019/04/188228misosoup.html

医者が考案した「ラクやせみそ汁」]image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    2. 年齢に囚われることは損でしかない。昔は「おばさん」今は「女子」

    3. 子宮をあたためると生理痛は軽くなる? 女性の「健康都市伝説」を宋美玄さんが論破

    4. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 心の緊張がほぐれる刺激法/呼吸が変わるとラクになる #04

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    9. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    10. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    1. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    2. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    3. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    4. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    5. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    6. 心の緊張がほぐれる刺激法/呼吸が変わるとラクになる #04

    7. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    8. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    9. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    10. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    8. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    9. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    10. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら