1. Home
  2. EAT
  3. マーガリン、お菓子、クロワッサン…トランス脂肪酸の摂りすぎで認知症に!?

マーガリン、お菓子、クロワッサン…トランス脂肪酸の摂りすぎで認知症に!?

Healthday News

2,979

MYLOHAS編集部

パン

トランス脂肪酸は認知症リスクを上昇させる!?

トランス脂肪酸を多く含む食事は認知症ーー特にアルツハイマー病のリスクを上昇させる可能性があることが、九州大学と神戸大学の共同研究で示されました。血液中のトランス脂肪酸濃度が高い人では低い人に比べて、後に認知症を発症する率が約1.5倍高かったということです。

今回の研究は、認知症のない60歳以上の日本人1,628人(平均年齢70歳)を対象としたもの。研究開始時に対象者の血中トランス脂肪酸濃度を測定し、特定の種類の食品の摂取頻度も調査しました。

トランス脂肪酸の血中濃度が高いと認知症になりやすい?

ペストリー

平均10年の追跡期間中に認知症を発症したのは377人でした。血中トランス脂肪酸の濃度に応じて4つのグループ(群)に分け、高血圧、糖尿病、喫煙などの認知症のリスク因子を調整して分析したところ、濃度がもっとも高かった群では、もっとも低かった群の1.5倍、2番目に高かった群では1.6倍認知症(すべてのタイプ)になりやすいことがわかりました。

また、アルツハイマー型認知症のリスクは、もっとも高かった群ではもっとも低かった群の1.4倍、2番目に高かった群では1.6倍でした。脳血管性認知症については、有意な関係は認められませんでした。

研究グループは、血液中のトランス脂肪酸濃度を上昇させる食品についても検討しました。

その結果、もっとも濃度を上昇させる食品はペストリー類(ケーキなどの甘い菓子類)で、続いてマーガリン、飴やキャラメル、クロワッサン、乳成分を含まないクリーミングパウダー、アイスクリーム、せんべいの順に血液中のトランス脂肪酸濃度を上昇させていたことがわかりました。

トランス脂肪酸

研究結果を受け、研究チームのリーダーは「トランス脂肪酸を避けるべき理由がさらに増えました」と語っています。

米国では、2018年に食品へのトランス脂肪酸の使用が禁止されました。それでも、含有量が0.5g未満の食品は「トランス脂肪酸ゼロ」と表示してもよいため、一部の食品には依然としてトランス脂肪酸が含まれているということです。同氏はこの現状を踏まえて、「米国では、ごく少量のトランス脂肪酸の添加が許容されていますが、そのような食品をたくさん食べれば摂取量は増えます。

また、その他の多くの国では今もトランス脂肪酸の使用が認められているのです」と懸念を表明しています。

一方、世界保健機関(WHO)が2023年までにトランス脂肪酸を全世界から排除することを呼び掛けていることについても話し、「こうした公衆衛生活動は、どこの国においても、心疾患をはじめとするトランス脂肪酸に関連したさまざまな疾患を減らすだけでなく、認知症予防に役立つと考えられます」と期待を語っています。

油分は良質なものを

えごま油なら、一日に摂りたいオメガ3を小さじ約1杯で

テレビや雑誌でたびたびブームを巻き起こす健康フード「えごまオイル(えごま油)」。えごまって何? どんな栄養素が含まれているの? 摂取目安量と注意点は...

https://www.mylohas.net/2019/12/200843egoma_oil.html

ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

ナッツ類は健康に良いのは周知の事実ですが、ダイエットのサポート食としても効果があるようです。たとえば、アメリカ人は1年でおよそ5kgも体重が増加する...

https://www.mylohas.net/2019/11/202278nuts.html

HealthDay News 2019年10月23日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    2. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    3. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    4. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    5. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    6. デスクワークによる腰痛を予防&ケア。「大臀筋」のストレッチ

    7. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    8. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    9. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    10. 2020年11月30日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    5. カロリー制限より効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    6. 簡単手作りツナレシピ。ツナってこんなに美味しかったんだ...

    7. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    8. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    9. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    10. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら