1. Home
  2. EAT
  3. マーガリン、お菓子、クロワッサン…トランス脂肪酸の摂りすぎで認知症に!?

マーガリン、お菓子、クロワッサン…トランス脂肪酸の摂りすぎで認知症に!?

Healthday News

2,895

MYLOHAS編集部

パン

トランス脂肪酸は認知症リスクを上昇させる!?

トランス脂肪酸を多く含む食事は認知症ーー特にアルツハイマー病のリスクを上昇させる可能性があることが、九州大学と神戸大学の共同研究で示されました。血液中のトランス脂肪酸濃度が高い人では低い人に比べて、後に認知症を発症する率が約1.5倍高かったということです。

今回の研究は、認知症のない60歳以上の日本人1,628人(平均年齢70歳)を対象としたもの。研究開始時に対象者の血中トランス脂肪酸濃度を測定し、特定の種類の食品の摂取頻度も調査しました。

トランス脂肪酸の血中濃度が高いと認知症になりやすい?

ペストリー

平均10年の追跡期間中に認知症を発症したのは377人でした。血中トランス脂肪酸の濃度に応じて4つのグループ(群)に分け、高血圧、糖尿病、喫煙などの認知症のリスク因子を調整して分析したところ、濃度がもっとも高かった群では、もっとも低かった群の1.5倍、2番目に高かった群では1.6倍認知症(すべてのタイプ)になりやすいことがわかりました。

また、アルツハイマー型認知症のリスクは、もっとも高かった群ではもっとも低かった群の1.4倍、2番目に高かった群では1.6倍でした。脳血管性認知症については、有意な関係は認められませんでした。

研究グループは、血液中のトランス脂肪酸濃度を上昇させる食品についても検討しました。

その結果、もっとも濃度を上昇させる食品はペストリー類(ケーキなどの甘い菓子類)で、続いてマーガリン、飴やキャラメル、クロワッサン、乳成分を含まないクリーミングパウダー、アイスクリーム、せんべいの順に血液中のトランス脂肪酸濃度を上昇させていたことがわかりました。

トランス脂肪酸

研究結果を受け、研究チームのリーダーは「トランス脂肪酸を避けるべき理由がさらに増えました」と語っています。

米国では、2018年に食品へのトランス脂肪酸の使用が禁止されました。それでも、含有量が0.5g未満の食品は「トランス脂肪酸ゼロ」と表示してもよいため、一部の食品には依然としてトランス脂肪酸が含まれているということです。同氏はこの現状を踏まえて、「米国では、ごく少量のトランス脂肪酸の添加が許容されていますが、そのような食品をたくさん食べれば摂取量は増えます。

また、その他の多くの国では今もトランス脂肪酸の使用が認められているのです」と懸念を表明しています。

一方、世界保健機関(WHO)が2023年までにトランス脂肪酸を全世界から排除することを呼び掛けていることについても話し、「こうした公衆衛生活動は、どこの国においても、心疾患をはじめとするトランス脂肪酸に関連したさまざまな疾患を減らすだけでなく、認知症予防に役立つと考えられます」と期待を語っています。

油分は良質なものを

えごま油なら、一日に摂りたいオメガ3を小さじ約1杯で

テレビや雑誌でたびたびブームを巻き起こす健康フード「えごまオイル(えごま油)」。えごまって何? どんな栄養素が含まれているの? 摂取目安量と注意点は...

https://www.mylohas.net/2019/12/200843egoma_oil.html

ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

ナッツ類は健康に良いのは周知の事実ですが、ダイエットのサポート食としても効果があるようです。たとえば、アメリカ人は1年でおよそ5kgも体重が増加する...

https://www.mylohas.net/2019/11/202278nuts.html

HealthDay News 2019年10月23日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    2. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    3. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    4. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    5. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    6. 一見、真逆のイライラとクヨクヨ。実は原因は同じなのです

    7. やせ見え効果も期待。美しいデコルテをつくる「胸筋」のトレーニング

    8. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. きゅっと引き締まったくびれを手に入れる! 自宅トレーニング

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    3. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    4. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    5. 体が軽くなる「息の吐き方」/呼吸が変わるとラクになる #02

    6. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    7. 低カロリーで食物繊維たっぷり。オートミールのおいしい食べ方

    8. 20秒間、全力で! 脂肪燃焼効果も続く「下腹部引き締めHIIT」

    9. やせ見え効果も期待。美しいデコルテをつくる「胸筋」のトレーニング

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. スクワットよりラク! 下半身引き締めや代謝アップに「ベアースクワット」

    2. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    3. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    4. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 毎日たった1分! 全身のバランスが整い、体幹が強くなる「プランク」

    7. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    8. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    9. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    10. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら