1. Home
  2. EAT
  3. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

Healthday News

3,063

MYLOHAS編集部

ステーキ

「ミートレスマンデー」は食習慣や環境への意識を変える?

自分が食べるものと気候変動との関連に対する意識を高めるために、毎週月曜日に肉を食べない日を取り入れる「ミートレスマンデー(肉なし月曜日)」運動に参加した人の多くは、運動終了後もこの習慣を継続させていることが、米国の研究で明らかになりました。

家畜は温室効果ガスであるメタンを大量に排出します。ミートレスマンデーは、人の健康と地球環境のために肉の消費量を減らすことを人々に促す運動で、世界規模で広がっています。

今回、研究チームが研究対象としたのは、気候変動に対する米ニューヨーク州ベッドフォードの取り組みのひとつである「ミートレスマンデー」に参加した320世帯。参加者たちは2018年2月5日から4月23日までの間、週に1日肉を食べずに過ごす日を設けました。

研究チームは、12週間にわたるこの運動の開始時と終了時、さらに終了後6か月時点の3回にわたり参加者に調査を行いました。

肉なしの食事で地球温暖化や環境への意識も変化

サラダ

運動終了後6か月時点での調査では、参加者の約57%は運動に参加する前と比べて肉の消費量が減ったと答え、また毎週月曜日に肉を食べない人が32.7%、少なくとも週に1日は肉を食べない日を設けている人が39.8%、合計で70%以上いることが分かりました。

さらに、週に1日食事から肉をなくすことは「簡単」または「とても簡単」だったと答えた人は約70%に上り、肉なしの食事を週に1日設けることに対しより熱心になったと回答した人は68%に上りました。同時に、この取り組みにおいて一番やっかいなのは、食事を共にする友人や家族が肉食好きな場合であることもわかりました。

肉の消費量を減らす理由として最も多かったのは、どの調査においても「健康のため」でした。運動終了時点では、「地球温暖化緩和のため」「環境のため」「省エネルギーのため」「節水のため」といった理由が増え、「健康のため」は減っていました。

運動終了後6か月時点の調査でも、気候変動と環境に関する理由はわずかに減ったものの、理由として挙げられる率は初回調査より依然高いままでした。

研究チームによると、ベッドフォードは米国の平均的な地域と比べると、高学歴・高収入であるそうです。

このことを踏まえ、今回の研究リーダーは「この地域の人々はすでに肉の摂取量を減らす食生活を取り入れていたため、今回の研究では、人々の気候変動に対する意識が高まり、週に1日肉を食べない食生活への移行が容易だった」と考えています。

しかし同時に、「今回の研究で得られたことは、食と地球温暖化に対する意識をコミュニティーレベルで高め、行動を促すには、どの方法が最も効果的な可能性があるかを知るのに役立つでしょう」と付け加えています。

食生活を意識的にするには?

「朝食を摂らないと、体脂肪が増えて確実に太ります」筋肉先生が喝!

京大の"筋肉先生"こと森谷敏夫教授に、悩みや疑問にお答えいただく連載第3回。朝食・睡眠・筋肉・肥満の4つの意外な関係性にせまります。睡眠時間が7時間...

https://www.mylohas.net/2019/12/201538toshio_moritani03.html

野菜中心の食生活の場合、気をつけるべきこととは?

健康によさそうなベジタリアン食で脳卒中リスクがわずかながら高まる可能性がイギリスの研究結果で明らかになりました。その要因と対策とは?

https://www.mylohas.net/2019/11/201855hld_vitamins.html

HealthDay News 2019年11月14日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    Ranking

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    3. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    4. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    5. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    6. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    7. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    8. サッとひと塗り、ケア完了。なのにウルウル。感動のオールインワン・スキンケア

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    3. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    4. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    5. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    6. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    7. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    8. しっかり胸を開いて深呼吸。寝ても疲れが取れないときに試したいストレッチ

    9. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    10. 三日坊主にはもうならない。行動を継続し、目標を達成するメンタルの保ち方

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 結局、ほとんどの不調は「自律神経」。自律神経を乱す3大原因とは?

    8. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    9. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    10. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら