1. Home
  2. BODY
  3. 野菜中心の食生活の場合、気をつけるべきこととは?

野菜中心の食生活の場合、気をつけるべきこととは?

Healthday News

1,955

MYLOHAS編集部

野菜

ベジタリアン食で脳卒中リスクが高まる?

野菜中心で肉を食べないベジタリアン食は、心臓の健康には良くても脳卒中リスクがわずかながら高まる可能性があることが、イギリスの研究で明らかになりました。肉は食べず魚を食べる人(ペスカタリアン)は虚血性心疾患(以下、心疾患)リスクが低く、脳卒中リスクも上昇しなかったということです。

この研究は、心疾患や脳卒中の既往がない英国人の男女4万8,188人(平均年齢45歳)を対象としたもの(登録1993~2001年)。対象者を、肉を食べるグループ(2万4,428人)、魚を食べるペスカタリアングループ(7,506人)、およびベジタリアングループ(1万6,254人;ヴィーガンを含む)の3グループに分け、18年以上にわたり心疾患と脳卒中の発症を観察しました。

ベジタリアンは肉類からのみ摂取できる栄養素の欠乏に注意

ステーキ

追跡期間中に心疾患を発症したのは2,820人、脳卒中は1,072人(519人が脳梗塞、300人が脳出血)。病歴や喫煙歴、サプリメント使用の有無、身体活動量などの因子を調整して解析した結果、ペスカタリアンの心疾患リスクは、肉を食べる人に比べ13%低いことが明らかになりました。

また、ベジタリアンは肉を食べる人に比べ心疾患リスクが22%低い一方、脳卒中リスクは20%高いことも示されました。

しかし、これらの数字は、ベジタリアンでは肉を食べる人に比べ10年の間に心疾患を発症する人が1,000人当たり10人少なく、脳卒中を発症する人が1,000人当たり3人多いことを意味することから、心疾患リスクの低下度も脳卒中リスクの上昇度も大きなものではない、としています。

研究グループは、この研究は因果関係を証明するものではないと前置きしつつ、「ペスカタリアンやベジタリアンでの心疾患リスクの低下は、食事による減量や血圧の低下、コレステロール値の低下、糖尿病有病率の低下などにより、少なくともその一部は、説明されるのではないか」との見方を示しています。

いったい食事は何に気を付けるべきなのでしょう?

研究グループはまた、「最近の研究から、コレステロール値を下げすぎると脳出血のリスクが高まること、ベジタリアンやヴィーガンの人では、自然界では動物性食品からのみ摂取できるビタミンB12などの栄養素が不足しがちになることが指摘されています。ビタミンB12の欠乏が脳卒中リスクの上昇を招くことを示唆する研究者もいます」と話しています。

また管理栄養士からは「野菜中心の場合、ビタミンB12やビタミンD、オメガ3脂肪酸などが不足しないよう食事やサプリメントから補う必要があります。牛肉や豚肉などの赤肉や加工肉の摂取を控え、豆類や豆腐、ブロッコリー、ホウレンソウ、カリフラワーなどを食べるとよいでしょう」というアドバイスも出ています。

病気の兆候は見逃さない

風邪じゃないのに「のど」がつらい…甲状腺がんを疑うべき6大サイン

症状が現れにくく発見が遅れがちになるという甲状腺がん。女性は男性の約3倍もの人が発症するそうです。甲状腺がんについて知っておきたいことをまとめました...

https://www.mylohas.net/2019/10/200816pvn_thyroidcancer2.html

風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

急な気温の変化がある季節の変わり目は体調管理が難しいものです。早めに風邪を防いだり、悪化させないコツを医師に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/10/200513pvn_cold2.html

HealthDay News 2019年9月5日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    4. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    5. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    6. マスク着用で過敏になった肌にも。ディオールの「シカ成分」配合バーム

    7. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    8. 自律神経の乱れ、寝つきの悪さを1分で整える

    9. 自分を褒めることを習慣にしたら、人生が変わった/モデル・野沢和香[前編]

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    4. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    5. 自分を褒めることを習慣にしたら、人生が変わった/モデル・野沢和香[前編]

    6. 自律神経の乱れ、寝つきの悪さを1分で整える

    7. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    8. 更年期の不調に「個人差」があるのはなぜ? 日によって症状も程度も違うのは?

    9. 2020年11月23日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    6. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    7. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    8. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    9. こんなに「栗!」を感じるのは初めて。農家をサポートするベジターレの極みモンブラン

    10. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら