1. Home
  2. EAT
  3. さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

2,403

MYLOHAS編集部

塩麹いもようかん

管理栄養士からのワンポイントアドバイス

アクセントで加えている塩麹は発酵食品であるため、腸内環境を整える効果が期待できます。また、タンパク質分解酵素なども含まれているため、疲れた胃腸のはたらきを高めるとされています。

はちみつにはオリゴ糖、さつまいもには食物繊維も豊富ですので、腸活にもぴったりないもようかんです。

塩麹いもようかん

<材料8人分>

  • さつまいも 2本(400g)
  • はちみつ 30g
  • 塩麹 25g(大さじ1と1/4)
  • 粉寒天 2g
  • 水 200cc

<作り方>

  1. さつまいもは厚めに皮をむき、輪切りにして、水にさらす。
  2. 鍋にさつまいもと水(分量外)を入れ、やわらかくなるまで茹でる。
  3. さつまいもを茹でている間に、別の小鍋に水、粉寒天を入れ、火にかけ、かき混ぜながら煮溶かす。
  4. 2のさつまいもを熱いうちに裏ごし器やざるなどで裏ごし、はちみつ、3の寒天、塩麹を混ぜ合わせる。
  5. 18cm×18cmの型に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。できあがったら食べやすい大きさに切り分ける。

体が喜ぶ時短レシピをもっと読みたい

簡単レシピをもっと見る

ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツ

ダイエット中でも食べたい、ひとつ約100kcalのバナナ焼きドーナツのレシピをご紹介。満足感はそのままに、揚げずに焼くことでカロリーダウンを叶えます...

https://www.mylohas.net/2019/08/196520diet_recipe.html

ダイエット中のおやつ。高タンパク・低脂肪なフレンチトースト

ダイエット中のおやつやブランチにおすすめなフレンチトーストのレシピ。ひと晩浸けるだけの簡単レシピなのに、カロリー控えめ・低脂肪・高タンパク! 管理栄...

https://www.mylohas.net/2019/10/199416diet_recipe.html

Diet Plus

    specialbunner

    Ranking

    1. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    2. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. 口紅の下地としても優秀! しっとりふっくら唇をかなえるリップ

    5. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    6. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    10. 掃除機スタンドなら、壁に穴を開けなくてOK。本体もノズルも「見せる収納」

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    4. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    5. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    10. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由