1. Home
  2. HEALTH
  3. 健康診断前日のNG行動3つ。激しい筋トレ、きのこをたくさん食べる…

健康診断前日のNG行動3つ。激しい筋トレ、きのこをたくさん食べる…

24,140

横山智世

健康診断

忙しい毎日の中で受ける、健康診断。もしかすると健康診断の前日に、数値に影響が出てしまう行動をとってしまっていませんか?

管理栄養士のウィリアムズ早苗さんがまとめている、健康診断の前日にしてはいけない3つのNG行動を紹介します。

1.消化に悪い食べ物を食べる

きのこ

健康診断の前日、食事を摂れる時間は決まっていますが、何を食べるかまで意識していますか?

脂っこい食事甘い食べ物や飲み物などの暴飲暴食は控えましょう。血液検査や尿検査に影響するかもしれません。また、キノコ類、海藻類など繊維の多い食品も、消化に時間がかかりますので、夕食が遅くなる場合は、控えた方がよいでしょう。

(「Diet Plus」より引用)

食物繊維を多量に摂取、または検査時間まで近い時間(夜遅い時間)に摂取した場合、逆に便秘になったり、タンパク質や脂質を過剰に排泄した結果、便や尿検査に影響が出る可能性があるとのこと。

日常的に食物繊維を摂取して腸内環境が整っていれば、これらの結果に影響は少ないようですが、意気込んで前日に摂取するのはあまりおすすめできないそうです。メニュー選びもいつもより気を遣いましょう。

2.激しい運動をする

筋トレ

運動=身体によいイメージですが、管理栄養士のウィリアムズさんによると、激しい運動により正しい数値が検出されなくなってしまう可能性があるのだとか。

激しく汗をかくことで、脱水症状がおこり、尿酸値に影響が出たり、筋肉の使いすぎにより、肝機能の数値に影響が出るかもしれません。

(「Diet Plus」より引用)

激しいトレーニングは控えて、健診前日はしっかりと身体を休めましょう。

3.夜更かしが続き、睡眠不足

夜更かし

普段の生活を送る上でも睡眠不足はもちろんよくありませんが、健康診断の際にもそれは同じです。

睡眠不足のままだと、交感神経が活発になり、血圧に影響するかもしれません。

(「Diet Plus」より引用)

忙しくても、健康診断の前の日くらいは時間をとってしっかり睡眠をとりたいものですね。

健康診断は、無理にいい数値を出すものではなく、今の健康状態を正確に知るためのものです。そのためにも、数値に影響が出る可能性がある行動は控えてから臨みましょう。

元気でいる秘訣

お米を食べないと逆に太る? 糖質制限ダイエットの落とし穴

糖質を控えると短期でのダイエットが叶うと言われますが、過激にやり過ぎでいませんか? 管理栄養士の水谷俊江さんがすすめる、白米を食べてもやせるダイエッ...

https://www.mylohas.net/2019/06/192880diet_rice.html

完全栄養食「卵」が持つ、3つのダイエットパワー

健康を維持するために必要な栄養を豊富に含む食材を「完全栄養食」と言いますが、卵もこのひとつ。ビタミンCと食物繊維以外を含むため、バランスのよい食事を...

https://www.mylohas.net/2019/06/192432diet_egg.html

Diet Plus

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    3. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    7. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    8. 新連載「野菜をひと皿」。みずみずしい新玉ねぎの白バルサミコ漬け

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    5. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    9. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら