1. Home
  2. EAT
  3. 完全栄養食「卵」が持つ、3つのダイエットパワー

完全栄養食「卵」が持つ、3つのダイエットパワー

17,670

横山智世

卵料理

健康を維持するために必要な栄養を豊富に含む食材を「完全栄養食」と言いますが、卵もこのひとつ。

ビタミンCと食物繊維以外を含むため、バランスのよい食事を構成していく上で欠かせない食材と言えます。実は卵は、ダイエットにもうれしいポイントがたくさん。卵が持つダイエットパワーを紹介します。

1.良質な「タンパク質」でやせ体質をサポート

卵

なかでも注目の栄養素のひとつは、良質なタンパク質です。

たんぱく質は健康な体を作るために必要不可欠で、筋肉や皮膚の元となり、基礎代謝の向上も期待できる栄養素です。質のよいたんぱく質をしっかり摂ることで、美容効果はもちろん、リバウンドしにくいやせ体質へ導くことが期待できます。

(「Diet Plus」より引用)

さらにうれしいことに、卵のタンパク質量は「生卵でもゆで卵のように加熱してあっても、含有量はほぼ変わらない(「Diet Plus」より引用)」とのこと。どんな調理方法で食べてもタンパク質を摂取できるのは、ポイントが高いですね。

2.理想的なバランスの「アミノ酸」

卵

さらに、卵にはアミノ酸が豊富で効率よく摂取できるところメリットも。

必須アミノ酸は、基礎代謝の向上や疲労回復に効果が期待できる成分で、卵は必須アミノ酸バランスが理想的だといわれています。アミノ酸はどれか1つでも偏りがあると、ほかのアミノ酸も本来の力を発揮できないという特徴があるのです。

(「Diet Plus」より引用)

バランスのよいアミノ酸を持つ「卵」は、偏りがちなダイエット中の食事には欠かせない食材と言えます。

脂肪分解酵素「リパーゼ」を含むため、ダイエットにもうれしい効果が期待できそうですね。

(「Diet Plus」より引用)

3.吸収率の高い「鉄分」が豊富

卵を持つ女性

栄養満点な「卵」は、ミネラルが多く鉄分も豊富。卵に含まれる鉄分は、「吸収率が高い(「Diet Plus」より)」こともうれしいポイントです。

貧血を予防するためには鉄分だけではなくたんぱく質も不可欠ですが、卵ならその両方を豊富に含むため、効率よく摂取することが可能です。

貧血を予防・改善していくことで、全身の血行促進が期待できます。体の末端までしっかり酸素が行き渡ることで脂肪燃焼効果も上がるといわれているため、高いダイエット効果が期待できそうですね。

(「Diet Plus」より引用)

あの小さい卵に、こんなに豊富な栄養素が含まれているなんて! しかも卵は、1個あたり約90kcalとダイエット中でも気軽に取り入れられます。食べ過ぎには注意しつつ、バリエーション豊富に食卓に登場させたいですね。

ダイエットは効率よく!

ここが違うよ、あなたのダイエット5つの誤解

がんばっても落ちない体重にイライラしていませんか?うまくいかない原因は思わぬ間違いなのかも。ダイエットを成功させるにはどうしたらいいのか専門家に聞き...

https://www.mylohas.net/2019/06/191091pvn_weight3.html

管理栄養士が教える、−3kgを叶えるプラン。ダイエットに必要な知識5つ

今年こそはダイエットを成功させたいあなたに、管理栄養士の酒井葉子さんによる、3kgやせるために必要なダイエットの知識を紹介します。この5つを知ってお...

https://www.mylohas.net/2019/06/191950diet_tips.html

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    2. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    5. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    6. 食中毒だけじゃない!ブドウ球菌が引き起こす感染症に注意

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. シワなし収納。コートやジャケットはハンガーに掛けたまま「吊るして圧縮」

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 100%植物性、JAS認証100%オーガニックのプロテインパウダー【プレゼント】

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    3. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    4. 運動・食事、少しの工夫で「やせ体質」に。生活改善ダイエット

    5. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    6. ストレッチで脚はどこまで開く? 180度できる人が続けていること

    7. 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

    8. ランニングをとことん楽しみたい方へ。雲の上を走っているような感覚、味わってみない?

    9. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    10. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    4. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    10. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析