1. Home
  2. EAT
  3. 完全栄養食「卵」が持つ、3つのダイエットパワー

完全栄養食「卵」が持つ、3つのダイエットパワー

17,968

横山智世

卵料理

健康を維持するために必要な栄養を豊富に含む食材を「完全栄養食」と言いますが、卵もこのひとつ。

ビタミンCと食物繊維以外を含むため、バランスのよい食事を構成していく上で欠かせない食材と言えます。実は卵は、ダイエットにもうれしいポイントがたくさん。卵が持つダイエットパワーを紹介します。

1.良質な「タンパク質」でやせ体質をサポート

卵

なかでも注目の栄養素のひとつは、良質なタンパク質です。

たんぱく質は健康な体を作るために必要不可欠で、筋肉や皮膚の元となり、基礎代謝の向上も期待できる栄養素です。質のよいたんぱく質をしっかり摂ることで、美容効果はもちろん、リバウンドしにくいやせ体質へ導くことが期待できます。

(「Diet Plus」より引用)

さらにうれしいことに、卵のタンパク質量は「生卵でもゆで卵のように加熱してあっても、含有量はほぼ変わらない(「Diet Plus」より引用)」とのこと。どんな調理方法で食べてもタンパク質を摂取できるのは、ポイントが高いですね。

2.理想的なバランスの「アミノ酸」

卵

さらに、卵にはアミノ酸が豊富で効率よく摂取できるところメリットも。

必須アミノ酸は、基礎代謝の向上や疲労回復に効果が期待できる成分で、卵は必須アミノ酸バランスが理想的だといわれています。アミノ酸はどれか1つでも偏りがあると、ほかのアミノ酸も本来の力を発揮できないという特徴があるのです。

(「Diet Plus」より引用)

バランスのよいアミノ酸を持つ「卵」は、偏りがちなダイエット中の食事には欠かせない食材と言えます。

脂肪分解酵素「リパーゼ」を含むため、ダイエットにもうれしい効果が期待できそうですね。

(「Diet Plus」より引用)

3.吸収率の高い「鉄分」が豊富

卵を持つ女性

栄養満点な「卵」は、ミネラルが多く鉄分も豊富。卵に含まれる鉄分は、「吸収率が高い(「Diet Plus」より)」こともうれしいポイントです。

貧血を予防するためには鉄分だけではなくたんぱく質も不可欠ですが、卵ならその両方を豊富に含むため、効率よく摂取することが可能です。

貧血を予防・改善していくことで、全身の血行促進が期待できます。体の末端までしっかり酸素が行き渡ることで脂肪燃焼効果も上がるといわれているため、高いダイエット効果が期待できそうですね。

(「Diet Plus」より引用)

あの小さい卵に、こんなに豊富な栄養素が含まれているなんて! しかも卵は、1個あたり約90kcalとダイエット中でも気軽に取り入れられます。食べ過ぎには注意しつつ、バリエーション豊富に食卓に登場させたいですね。

ダイエットは効率よく!

ここが違うよ、あなたのダイエット5つの誤解

がんばっても落ちない体重にイライラしていませんか?うまくいかない原因は思わぬ間違いなのかも。ダイエットを成功させるにはどうしたらいいのか専門家に聞き...

https://www.mylohas.net/2019/06/191091pvn_weight3.html

管理栄養士が教える、−3kgを叶えるプラン。ダイエットに必要な知識5つ

今年こそはダイエットを成功させたいあなたに、管理栄養士の酒井葉子さんによる、3kgやせるために必要なダイエットの知識を紹介します。この5つを知ってお...

https://www.mylohas.net/2019/06/191950diet_tips.html

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ

    4. 「よつんばいで30秒」が地味にきく! スッキリお腹をつくる簡単トレ

    5. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    6. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    7. 体温調節のプロが教える「寒い冬を快適に乗り越える方法」

    8. ぺたんこお腹をつくるペンギンエクササイズ。つらいけど達成感は抜群!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. やる気が継続する「エクササイズ・スナック」とは?

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    7. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    8. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    9. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    10. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    8. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    9. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    10. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?