1. Home
  2. EAT
  3. 卵は、食べて痩せる脂肪を燃やす食品。おすすめの食べるタイミングは?

卵は、食べて痩せる脂肪を燃やす食品。おすすめの食べるタイミングは?

42,306

MYLOHAS編集部

卵

完全栄養食とも言われる。たんぱく質が豊富なだけではなく、驚くほどいろいろな栄養素が入っているのです。

ダイエットと卵の相性は? 一日何個まで食べて平気? つるっとキレイにむく裏ワザは? 卵にまつわる5つの話題を集めてみました。

ダイエットにおすすめの「ゆで卵」を食べるタイミングは?

卵とサラダ

「ゆで卵」は、ダイエット中に食べたい食材としてかなり優秀だってご存知ですか? 食べるのにおすすめのタイミングも一緒にご紹介します。

ダイエットに「ゆで卵」がおすすめな理由

卵は、食べて痩せる脂肪を燃やす食品

ゆで卵

痩せたければ、「代謝をあげること、そしてそれを助ける食べ物を摂ること」が大切なのだそう。卵も、食べて痩せられる、脂肪を燃やす食品のひとつです。

代謝UPをお助け! 脂肪燃焼&減量推進に役立つ食品12

1週間、毎朝卵を3個食べるとどうなる?

スクランブルエッグ

小さいのに完璧な食べ物、卵。

タンパク質が豊富なだけでなく(1個あたり7グラム)、卵(特に黄身)には、抗炎症作用のあるオメガ3脂肪酸のほか、ビタミンD、E、B12、ミネラルも含まれています。そんな卵を食べ続けてわかったことは?

1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは……

ところで卵ってヘルシーなの?

朝食

卵は飽和脂肪酸とコレステロールを含むために、心臓によくないという評判がたって、このところ敬遠されがちでした。

しかしこのたび、オーストラリアで行われた新しい研究の結果、「卵は本当のところヘルシーなのか? 」という、科学的な判断が難しかった疑問に、新たな答えが

卵ってヘルシーなの? 心配しないで! たっぷり食べる方がよさそう

ゆで卵をつるっと&キレイにむく裏ワザ5つ

ゆで卵をむく人

うまくむけない時にはイライラしてしまうゆで卵。そんな卵の殻の確実なむき方を、5つまとめてご紹介。これでもうイライラしないはず。

つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

文/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    3. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    4. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    5. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    6. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    7. 机や棚の下にくっつけられる「後づけ引き出し」でスッキリ収納

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    7. 効き目が違う! 下半身が断然引き締まるトレーニングチューブ運動5つ

    8. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    9. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    10. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

    5. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    6. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    7. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    8. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    9. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    10. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由