1. Home
  2. EAT
  3. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,098

ゆで卵を剥く人

スライスしてアボカドトーストにのせたり、グリーンサラダに和えたり……。ゆで卵を食べれば、お腹を満たすたんぱく質をすばやく簡単に摂取することができます

でも、面倒なのがゆで卵の殻むき。スプーンなどで卵をたたいた結果、殻が粉々になり、白身まで一緒にむけてしまったなんて経験をしたことのある方も多いはず。

そんなイライラを解消するために、掲示板サイトRedditやYouTubeなどインターネットで見つけた、卵の殻の確実なむき方をまとめてご紹介します。

まず手始めに、卵をゆでる際には、古い卵を使ってください。USDA(米国農務省)によれば、新鮮な卵より古いものの方がむきやすいとのこと。卵と殻の間には空気の隙間があるのですが、卵を長く保管するとその隙間が大きくなります。隙間が大きくなるにつれ卵は小さくなり、殻から離れていくので、卵がむきやすくなるんです。

卵を上手にゆでる方法については、こちらの動画をご覧ください。

では、ゆで卵を簡単にむく5つのコツを見ていきましょう。筆者も早速いくつか試してみましたよ!

ゆで卵を上手にむく5つの方法

1. 重曹を使う

ゆで卵

いくつかの料理サイトで紹介されていたのが、重曹を加えてゆでる方法。重曹によって卵のpH値が上がり、むきやすくなります。約1リットルの水に重曹小さじ1/2を加え、あとはいつも通り卵をゆでるだけ。

できあがった卵は殻が大きく割れるので、手早く簡単にむけます。

2. 転がしてひびを入れる

ゆで卵

Redditで投稿されていたこちらの方法はとてもシンプル。ゆで卵をコロコロ転がし、小さなひびを入れていきます。卵の表面がモザイク状になったら取り出し、卵の大きい方の端からむきます。

やけどしないように、卵を流水で冷やしながらむいてください。

3. 思いっきり息を吹き込む

ゆで卵

まず、殻の両端にひびを入れます。そこから両側の穴が10円玉大(2センチ強)くらいになるまでむいていきます。卵の上の穴に口をあて、力強く息を吹き込みます。

YouTubeで紹介されていたいくつかの動画によれば、この方法で卵がつるんとむけるので、もう一方の手でキャッチしてください

4. 水を使ってシェイクする

ゆで卵

この方法が紹介されていたYouTubeの動画は、2100万回以上も閲覧されていました。ゆでた卵を小さなコップに入れ、水を少し加えます。手で蓋をして、シンクの上で思いっきりシェイクします。卵の殻に細かなひびがたくさん入るため、スルッと取れます

筆者もこちらの方法を試しましたが、魔法のようにむけました。5秒間シェイクするだけで、殻が砕け簡単に取れました。残った卵はつるつると滑らかで完璧な仕上がりです。

5. スプーンを使う

ゆで卵

image via shutterstock

Redditで紹介されていたもうひとつの方法が、スプーンを使ったちょっとコツのいる裏技。まず、卵の殻をたたいて無数のひびを入れます。次に、スプーンを殻と白身の間に挟み込みます。深く入れすぎないように注意してください。

スプーンを挟んだまま卵をくるっと回し、殻をはがせば、きれいにむけたゆで卵の完成です!

ゆで卵は栄養も豊富

肉をたっぷり食べなくても、ビタミンB12が摂れる植物性の食材9つ

あなたはベジタリアン?ビタミンB12が不足すると疲れたり、視力に低下などが見られることが。ビタミンB12が豊富な植物ベースの食材をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/10/177870vitamin_b12.html

ダイエットに「ゆで卵」がおすすめな理由

「ゆで卵」は、ダイエット中に食べたい食材としてかなり優秀だってご存知ですか? ゆで卵がおすすめの理由をご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/11/178631diet_boiled_egg.html

Caroline Praderio and Alexis Jones/We Tried the 5 Best Ways to Perfectly Peel a Hard-Boiled Egg
訳/Seina Ozawa

MYLOHAS編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 年を重ねても衰えない肌と腹筋をキープする、シンプルな習慣

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. おいしいだけじゃない! しっかり栄養を摂れるメニューを食べてみた【前編】

    4. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    5. 肺がんにならないために、今日からできること10

    6. 長引くと命にかかわることも。医師が教えるインフルエンザの合併症

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. 「お菓子を食べたいけど、食べてはいけない」葛藤に勝つテクニック

    9. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    10. パーソナルカラー業界に新風。家族に支えられた女性起業家の挑戦

    1. 肺がんにならないために、今日からできること10

    2. 認知症を防ぐ! 脳神経外科医おすすめの食材と、生活改善ポイント4

    3. ダイエットにおすすめの「コーヒーを飲むタイミング」はいつ?

    4. おからパウダーの効果は? おいしいダイエットレシピ3選

    5. 咳と鼻づまりをやわらげる、自宅でできる対処法11

    6. 【12月の新月】思いがけないひらめきが未来をひらく

    7. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    8. つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    9. 本当の聞き上手って? よりよい人間関係に欠かせない「共感力」

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    1. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. デートの相手がソシオパスだったら? はじめは魅力的な人に見えるかも。10の兆候

    4. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    5. 栄養士おすすめ。甘いもの好きも大満足の、血糖値を急上昇させないデザート6

    6. 栄養士も認める、低炭水化物ダイエットにおすすめの低糖質フルーツ10

    7. 糖尿病を予防する6つのヒント。リスクを上げる意外な習慣は?

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法

    10. 生理周期が変わった?更年期に訪れる閉経のサイン

    つるっとむけると気持ちいい! ゆで卵を確実&キレイにむく裏ワザ5つ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More