1. Home
  2. EAT
  3. ほんのり甘い味噌が主役のふろふき大根−今日のみそレシピ

ほんのり甘い味噌が主役のふろふき大根−今日のみそレシピ

今日のみそレシピ

MYLOHAS編集部

modal_img-1

料理研究家の小島喜和さんと管理栄養士のうすいはなこさんが提案する、19の絶品みそ料理レシピを紹介します。

ふろふき大根

<材料2人分>
・大根1/2本
・昆布4cm
・★甘口味噌25g
・★辛口味噌25g
・★砂糖大さじ2と1/2
・★酒40ml
・柚子のしぼり汁大さじ1

<作り方>
(1)大根は3cm程の厚さに切って、皮を厚めにむき、大根の裏側に隠し包丁を入れる。
(2)鍋にたっぷりの水、大根を入れ、沸いたら弱火で竹串が通る直前くらいまでゆでる。
(3)別の鍋に水2カップ、昆布、(2)の大根を入れて、10分ほど煮て、大根に昆布の味を染みこませる。
(4)小鍋に★を入れてよく混ぜ、強めの中火で味噌に艶が出るまで練り混ぜ、柚子のしぼり汁を入れて火を止める。

料理のポイント

  • 大根は下ゆでしてから、昆布だしで煮含めます。
  • 味噌は強めの中火で練ると照りが出て、仕上がりがきれいに。味噌が跳ねやすいので注意してください。
  • 柚子がなければ、レモンなど柑橘系の果物の絞り汁でもOK。

どんな料理もおいしくなる絶品「生味噌」を特別販売中

絶品「生味噌」をチェックする

味噌はどう体にいいの?

味噌汁は1日何杯飲むといい? 専門家に聞いた味噌にまつわるQ&A

味噌を研究して30年の渡邊敦光先生に、「味噌は塩分が高いって本当?」、「摂取量の目安はどれくらい?」など味噌についての素朴な疑問を伺いました。

https://www.mylohas.net/2018/09/175315.html?test201808

ダイエットや美肌効果、がん予防まで!? 知られざる「味噌」の健康パワー

味噌の効能を30年にわたり研究している広島大学名誉教授の渡邊敦光先生に味噌を食べるメリットについて取材。すると、乳がんリスクの軽減や、整腸作用による...

https://www.mylohas.net/2018/09/174244miso.html?test201808

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら