1. Home
  2. EAT
  3. パリで見つけた「週末Vegan」に食べたい本格ケーキ&クロワッサン【TOKYO VEGAN】

パリで見つけた「週末Vegan」に食べたい本格ケーキ&クロワッサン【TOKYO VEGAN】

TOKYO VEGAN

1,697

大皿彩子 Saiko Ohsara

以前の記事「真似したいパリのおしゃれな最新ヴィーガン」にて、多様な文化で育った人が集うパリの、おしゃれでおいしいVegan事情をレポートしました。

先月、10ヶ月ぶりに再訪しましたが、Veganメニューを置く店は一層増えているように感じました。そしてパリで暮らす人が通うカフェほど、Veganメニューが重宝されているようでした。

パリジャン&パリジェンヌに“週末Vegan”急増中?

201807050232

パリ在住のフランス人男性に話を聞くと、肉を食べるお金がなくてもチーズやバターは欠かさないと言われているフランス人ですが、最近は仲間と食事するとき以外はVeganにしている人が増えているそう

彼は自転車(スポーツバイク)が趣味なのですが、週末だけVeganにしているとのこと。「Veganの食事はなんとなく体が軽くて元気に漕げる」そうですよ。 今回は、パリで過ごす週末に行きたくなるようなVeganカフェやパティスリーをご紹介します。

100% Veganカフェのクロワッサンと華やかランチ

1-2

パリ2区、週末は歩くのが困難なほど賑わうグルメ通り。その通りを一本入ったところにある、全メニューVeganのカフェ「Cloud Cakes」で出会ったのは、Veganクロワッサン。

3-4

まず見た目が美しい! 1.8ユーロ(2018年6月:1ユーロ = 約128円)というお手ごろな価格も魅力的で、多くの人がサンドイッチなどにプラスしてクロワッサンをオーダーしていました。

5

わたしももちろん、購入! Veganのクロワッサンは初めてだったのですが、サクサクの食感と、鼻に抜ける全粒小麦のいい香りに驚きました。クロワッサンはバターの味というイメージですが、植物性食材だけで作るとこんなにも小麦の味が感じられるとは。中のしっとり感も抜群で、いくつでも食べられそうでした。

笑顔で「Do you enjoy it?」と笑顔で話しかけてくれた女性スタッフさんに、バターの代わりにどんな油脂を使っているのか聞いたところ、マーガリンとのこと。マーガリンにネガティブなイメージを持つ方も多いですが、このクロワッサンからは不自然な匂いや味は感じられず、わたしは好きでした。フランスのマーガリンは、日本のものと違うのかもしれませんね。

そして、このカフェはランチやドリンクも大満足。 マッシュルームとVeganチーズの挟まったホットサンドやアボカドのタルティーヌは、パンのレベルが高く、サクサク食べられるとはまさにこのこと。ソイ(豆乳)のチャイも本格的なスパイスの香りで、並ならぬこだわりを感じました。

6

店名を冠した「Cloud salad」はたっぷりの野菜、ナッツ、お米の麺とパクチー! 甘酸っぱいチリソースがかかっていて、ベトナム料理が好きな方ならきっとハマる味でした。

7

お菓子の国の本気を見た!Veganパティスリー

8

フランス菓子で苺のケーキといえば「フレジェ」。リキュールやナッツがほのかに香る生地が口の中でほろっとほどけ、ホイップクリームではなくバタークリームとカスタードクリームを合わせた濃厚なクリームが溶ける。そこにキュッと甘酸っぱい苺。日本でおなじみのショートケーキとはちょっと違う大人のケーキです。写真の「フレジェ」はなんとVegan。見た目の美しさにも驚きますが、その味に、フランスの本気を感じました。

9

もちろんバター、生クリーム、卵など動物性のものは一切使っていないのに、食べた感覚はまさにフレジェに期待する濃厚な味わい。もちろん伝統的なフレジェとは違うものだけど、幸せを十二分に満たしてくれる。

Veganのケーキって、“代替”で生まれたものが多いように思います。ほんとうはバターでつくりたいのに他のもので似たような形にする、というようなことです。でも、さすがお菓子の国フランス。味にも見た目にも妥協がない。Veganだろうがなんだろうが、フランスの名にかけて、美しくておいしいお菓子を作り上げたらこうなりました、と言わんばかりの威風堂々としたケーキの数々は、楽しい“週末Vegan”にぴったりですね。

10

店のシェフに、わたしが東京でVeganのカフェをやっていることを話したら「東京にVeganの店があるなんて知らなかった!日本が好きだから必ず行くよ!」と言ってくれました。Veganという共通言語で世界に仲間ができるこの瞬間が、とても幸せです。こちらのVeganパティスリーには、ひっきりなしにお客さんが訪れていました。お菓子屋さんに男性のお客さんが多いのもフランスならでは、ですね。

11

Paris 11区の「Patisserie Vegetale」

食べることが大好きなパリジャン、パリジェンヌにとっては、Veganの食事も、他の食事とまったく変わらない、楽しい食事のひとつであることをあらためて実感しました。東京にも、だれもが気軽に楽しめるVeganカフェのカルチャーを広げていきたいと思っています。

Vegan(ヴィーガン)とは、完全菜食。 動物性のものを一切使わないライフスタイルや、そのような食事のことをさす言葉。 本連載『TOKYO VEGAN』では、おうちでつくれるVeganレシピのほか、おいしい野菜や調味料、世界のVegan事情についてなどをゆるゆると綴っています。

次回もフランスからのレポート。南フランスでみつけた至宝の穀物「プチエポートル」の魅力や簡単なレシピをご紹介します。

profile

大皿彩子 Saiko Ohsara
Alaska zwei 店主 / 株式会社さいころ食堂代表、“おいしい企画”専門のフードプランナー。Veganカフェ「Alaska zwei」の運営のほか、食に関わるブランドプロデュース、レシピ開発、空間コーディネート、イベントのトータルコーディネート等を行う。saikolo.jp

    specialbunner

    Ranking

    1. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    2. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    3. 乳液とクリームって何が違うの? 両方使った方がいい?

    4. 防水なのに蒸れない。ザ・ノース・フェイスが開発したウエアが革新的!

    5. 季節の変わり目の「風邪」対策。こじらせる前にすべき簡単5つ

    6. 健康によいコーヒーの量は、1日何杯か? 研究結果から解析

    7. 科学が実証。女性特有の不調を整える3つの方法

    8. 「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

    9. アウトドアグッズの収納力をアップする、便利アイテム2選

    10. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    1. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    2. 20代もうらやむ見事な腹筋! 46歳女性がやってる筋トレメニューは?

    3. まわりにこんな人いませんか? あなたを困らせる「有害な人」の心理と特徴

    4. 「月経カップ」、知っていますか? ナプキンとどちらが使いやすく安全?

    5. めんどくさい人と金輪際関わらないようにできる、うまい方法10

    6. マラソンでしか味わえない衝撃がある。長谷川理恵さんの新たなチャレンジ

    7. 風邪を寄せ付けないための10か条。引きはじめは亜鉛を摂ろう!

    8. 【クイズ】納豆+◯◯。健康効果アップの組み合わせはどれ?

    9. ぶつけた記憶がないのに「ひざが腫れる」のはなぜ? 医師の答えは...

    10. 閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

    1. 全身に小さなリング状の発疹、「環状肉芽腫」ってどんな病気?

    2. 無視してはいけない5つの虫さされ......場合によっては病院で診てもらいましょう

    3. スクワットは毎日すべき? 丸みのある美尻をつくる理想の回数は

    4. 「会話がつまらない」と思われる人がしてしまいがちな雑談のNG例

    5. 「背中が痛い!」それ、実は重大な問題かも。医師の診察を受けるべきサイン

    6. 月曜断食中の美容ライターが感じた、減量以外のうれしい変化と困ったこと

    7. 胃痛や腹痛を早く治す方法とは? マッサージやペパーミントが味方に

    8. 気になる締めつけ感は? 美尻が叶うと話題のガードルを穿いてみた

    9. その気持ち悪さ、8つの意外な原因のせいじゃない?

    10. 体の背面の全筋肉群を一気に鍛える! 5つの背中エクササイズ