1. Home
  2. EAT
  3. 真似したいパリのおしゃれな最新ヴィーガン【TOKYO VEGAN】

真似したいパリのおしゃれな最新ヴィーガン【TOKYO VEGAN】

TOKYO VEGAN

真似したいパリのおしゃれな最新ヴィーガン【TOKYO VEGAN】

パリが大好きです。ここ数年、仕事やプライベートで、年に2~3回パリを訪れていますが、パリに暮らす人の「高い美意識」と「おいしいもの絶対主義」が心地よくて......。パリにおいて、美しいものとおいしいものは、ときにテストの点数や仕事の能力よりも賞賛されるのでは? と感じてしまうほど。

以前ご紹介した、多国籍多民族シティ・ベルリンはVegan(ヴィーガン)が当たり前にある街でしたが、同じく多様な文化で育った人が集うパリの日常にもVeganは溶けこんでいました。

そんなパリに暮らすパリジャン&パリジェンヌのおしゃれでおいしい最新Vegan事情をレポートしていきます。

パリの定番ヴィーガンメニュー3種とは?

1.おしゃれランチの定番「野菜のタルティーヌ」

20171016_vegan_1.jpg

パリジャン・パリジェンヌにとってサンドイッチは日常食。着席して食べられるカフェやレストランでは、パンの上に具材を盛り付けたオープンサンドイッチ「タルティーヌ」も人気のようです。見た目が華やかなタルティーヌは、おしゃれなランチの定番とのことですが、季節の野菜をたっぷりと盛り付けたVeganのタルティーヌが増えているとか。わたしも偶然、パリ・マレ地区のカフェで出会いました。

20171016_vegan_5.jpg

マレ地区は、東京・青山に似た雰囲気と言われる街。床のタイルが印象的なカフェのメニュー看板に「VEGAN LUNCH OF THE DAY(今日のヴィーガンランチ)」の文字を発見。Veganメニューのご指名が多い証です。

注文して待つこと10分、提供されたのは、大きなナスのグリルが乗ったタルティーヌ。味と歯ごたえのあるカンパーニュの上にとろけるナスとトマト。タヒニ(白ゴマペースト)とハーブのソースがパンに染み込んで、とってもおいしい!

お店のシェフ(男性)に話を聞くと「ヴィーガンランチのオーダーは増えているよ。野菜は色が美しいから喜ばれる。自分はアボカドのグリーンも好き!」と。見た目の美しさで野菜メニューを選ぶ人がいるなんて、さすがは、パリ!

2.絶品コンフィチュールが決め手の「チアプティング」

20171016_vegan_2.jpg

フランス人は甘いものが好きと聞いていましたが、確かに、パリに滞在していると、とくに男性が朝食やおやつに甘いパンや焼き菓子を食べている姿をよく見かけます。甘いものの選択肢にも、少しずつVeganメニューが定着しているようです。中でも増えているのが"チアプティング"。

フランス人はコンフィチュール(ジャム)が大好きのようで、季節の果物を使ったコンフィチュールはカフェの定番メニュー。スーパーでも、瓶づめされたものが棚いっぱいに並んでいます。フロマージュブランやヨーグルトにたっぷりと乗せて食べるのが一般的ですが、ここ数年はVeganを選ぶ人が増えていることからアーモンドミルクやココナッツミルクを使った"チアプティング"にコンフィチュールを乗せたデザートが人気なんだとか。

チアプティングは、チアシードを好みのミルクに混ぜ入れ、1日置いておくだけでできるお手軽ヘルシーフードですが、パリ滞在時に食べたチアプティングは、旬の黒イチジクと香ばしいアーモンドがたっぷり、とても美しくおいしい一皿でした。アーモンドミルクとイチジクのコンフィチュールの組み合わせは、味も見た目も華やかで、すぐに真似したい! と思ったほど。

ちなみに、フランスのコンフィチュールは絶品ぞろい。とくにルバーブやアプリコット、フランボワーズなどは、日本の果物でつくるものとはひと味ちがう甘酸っぱさがあって、手に取る機会があったらぜひ。本当におすすめです。

3.行列ができる中東発の「ファラフェルサンド」

20171016_vegan_3.jpg
image via shutterstock

最後に、マレ地区の流行フードをもうひとつ。ここ数年、"ファラフェルサンド"を売るお店が急増中。ファラフェルは、Veganの方が多い中東地域の伝統料理で、ひよこ豆にニンニクやスパイスを加えたコロッケです。

トマトやアボカド、揚げたナスなどたっぷりの野菜といっしょに挟めばボリュームたっぷりのVeganサンドイッチになるのですが、週末になるとファラフェルサンドの店は大行列。Veganではないけれど、ヨーグルトのソースがかかったメニューも多く注文されていました。

20171016_vegan_4.jpg

ファラフェルサンドが大好きだというパリ在住の男性(28歳)曰く、スパイシーな味わいにハマっているとのこと。男子のハートをつかむしっかりした味つけがパリ流のようです。

今回ご紹介した3種「野菜のタルティーヌ」「チアプティング」「ファラフェルサンド」は、家でも簡単につくれるので、挑戦してみてください。ぜひ、美しく盛り付けてパリ風に。

育った環境や宗教観にかかわらず共有しやすいVeganの食事は、きっと、世界の食卓とつながることができます。いま東京にも、パリと同じように、世界中の人と一緒に楽しめるVeganが少しずつ増えてきています。世界各地から訪れた人が、"TOKYO VEGAN"の同じテーブルを囲む風景が見られる日を楽しみにしています。

Vegan(ヴィーガン)とは、完全菜食。動物性ものを一切使わないライフスタイルや、そのような食事のことをさす言葉。

本連載『TOKYO VEGAN』では、おうちでつくれるVeganレシピのほか、おいしい野菜や調味料、世界のVegan事情についてなどをゆるゆると綴っていきます。

次回は、寒天ってすごい! ヘルシーヴィーガン素材・寒天を活用した、混ぜて放っておくだけの「Veganアイスクリーム」と「レモンのソイタルト」のレシピをご紹介します。お楽しみに!

>>「TOKYO VEGAN」をもっと読みたい

Profile:大皿彩子 Saiko Ohsara

20170613_tv_pro.jpgAlaska zwei 店主 / 株式会社さいころ食堂 代表"おいしい企画"専門のフードプランナー。VeganカフェAlaska zweiの運営のほか、食に関わるブランドプロデュース、レシピ開発、空間コーディネート、イベントのトータルコーディネート等を行う。saikolo.jp

大皿彩子 Saiko Ohsara

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 免疫治療で肺がんに勝利。アメリカの研究で明らかに

    3. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    4. 糖質約96%カットも。低糖質・低カロリーおやつ10選

    5. 続けると糖尿病に。生活習慣でやりがちな間違っていること6

    6. 「果物を食べると太る」は誤解。糖質が怖くなくなるズルイ食べ方

    7. 糖質オフ・制限の基本と効果的に行うポイントは?

    8. ダイエット&冷え対策! もち麦入り、具だくさんの食べるスープの作り方

    9. 「糖質制限ダイエット」管理栄養士に聞く効果と方法【完全版】

    10. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    1. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    2. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    3. 更年期が始まる年齢は、食事が関係している?

    4. エリザベス女王の食習慣。健康でご長寿なのは、ヘルシーな食事のおかげ?

    5. 7月10日は納豆の日。納豆をもっと効果的に食べる5つの方法

    6. 長子はIQが高い? きょうだいの生まれ順が、あなたの性格に与える影響

    7. 免疫治療で肺がんに勝利。アメリカの研究で明らかに

    8. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    9. 【7月の新月】自分を知るための特別なタイミング

    10. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    1. 人からほめられたとき、この言葉は言ってはだめ! NGな返事4種

    2. 貧血のとき、意外なNG食品ってなに?

    3. 麺類を食べても太らない3つのコツ

    4. 正しい糖質制限って? 糖質が怖くなくなる6つの秘策

    5. サインを見逃さないで。心臓病を防ぐ、10の身近な方法

    6. 人生が変わる。「習慣」を味方につけると起こるいいことは?

    7. 20キロ以上やせた女性たちが紹介。ダイエットに効果的なヘルシーおやつ9つ

    8. 薄い色は栄養不足? 経血の色6パターンでわかる身体の変化

    9. 人間関係をスムーズにして、「敵」を作らないためのマインド術

    10. しこりだけじゃない? 疑うべき乳がんのサイン4つに気をつけて

    真似したいパリのおしゃれな最新ヴィーガン【TOKYO VEGAN】

    FBからも最新情報をお届けします。