1. Home
  2. EAT
  3. 寒さストレスで栄養が消費される!? 冬場に不足しがちな栄養素は

寒さストレスで栄養が消費される!? 冬場に不足しがちな栄養素は

ポジティブ栄養学

6,334

吉川圭美

20180117_cold

image via Shutterstock

とっても寒い日々が続きますね。澄み切った空気のなかの夕暮れや朝焼けはうっとりするほど美しいのですが、あまりの寒さに、一日が終わる頃にはなんだかグッタリ......。困ったものです。

じつはこうした外気の変化も、身体にとってはストレス。自分で気づかないうちに栄養を消費しているということになります。ちょっと見逃せないなと感じています。

寒さストレスで栄養は消費される!?

身体は寒さを感じると、交感神経にスイッチが入り、血管がキュッと縮こまります。それは皮膚表面の血流を減らし、身体の熱を逃がさないようにするため。

さらに寒さによるストレスを感じると、コルチゾールというホルモンの量が増えます。コルチゾールとは、体内でストレスのある部分をなんとかしようとはたらくホルモン。寒さ、暑さといったもの以外にも、つまずいてけがをした、仕事でいやなことがあった、までさまざま。アレルギー反応を抑える、なんてこともしています。

冬場に特に不足しがちな栄養は?

これだけ多岐にわたってはたらきつづけているということは、それだけ消費量も多いと考えることができます。コルチゾールの材料はタンパク質とパントテン酸、ビタミンC、コレステロール。冬は黙っていてもこれらの栄養が不足しやすくなります。

さらに、風邪などで体調を崩したときはビタミンCやタンパク質なども多く必要になります。だからこそ、冬はより一層、しっかり食べて栄養をつけなければと考えているところです。

鍋料理で肉、魚をたっぷりタンパク質をとろう

タンパク質は言わずと知れた肉、魚、卵。ビタミンCは野菜、パントテン酸はさまざまな食材に含まれています。またコレステロールは、基本的には体内で7、8割は作られますが、カロリーを気にするあまり油分を控えたり、卵や肉などを避けすぎている場合はちょっと心配です。肉や魚、卵、フレッシュな野菜類などを優先的にとるのが、冬の栄養不足を防ぐコツともいえます。この時期などは鍋もいいですね。

とくにタンパク質はしっかりとるのがおすすめ。わが家では二人分なら鶏肉1枚に豆腐一丁、肉団子、油揚げ、卵といった具合。味つけによってはチーズや納豆を入れたりもします。食べれば身体が芯からポカポカになるのもいいですよね。この食べ方、前回紹介したお正月太りを防ぐ食べ方とも重なるのも見逃せないところ。

体調を崩すと日々のテンションも下がってしまうもの。だからこそ必要な栄養を意識しながら、寒い時期をタフに過ごしていくことができたらなと思っています。

ポジティブ栄養学をもっと読む>>

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    3. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    4. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    7. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    8. 新連載「野菜をひと皿」。みずみずしい新玉ねぎの白バルサミコ漬け

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    5. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    5. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    6. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    7. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    8. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    9. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら