1. Home
  2. EAT
  3. はちみつとカカオだけ、糖質オフの本格チョコレートが新登場

はちみつとカカオだけ、糖質オフの本格チョコレートが新登場

糖質とはなにか? 糖質のすべてに迫ります

2,181

奥田景子

はちみつとカカオだけ、糖質オフの本格チョコレートが新登場

カカオは、ポリフェノールを含んだスーパーフードのひとつ。カカオが原材料のチョコレートは、糖質オフや低糖質のものも見かけるようになって、よりヘルシー志向になっています。そんななか、はちみつとカカオだけでつくられたチョコレートが登場しました。

美容と健康に効果が期待できる、はちみつチョコレート

それは、美容やダイエットに敏感なモデルや女優に大人気の「ナッツの蜂蜜漬け」をつくっているはちみつ専門店MY HONEY」から立ち上げられたチョコレートブランド「BOUDDICA(ボーディカ)」。

BOUDDICAは、「一般的なチョコレートに使用されている乳化剤、光沢剤、香料などの添加物や人工甘味料、砂糖や乳製品まで一切使わずに、美味しいチョコレートをつくりたい」という思いで誕生したそう。

MY HONEYのはちみつは、製造工程で加熱殺菌をしていない生はちみつを使用しています。高温処理してしまうと、色や香りが変化し、さらに酵素が破壊されてしまう。そんなはちみつでチョコレートを固めることは難しいことでした。

ヨーロッパでは、伝統的に「はちみつチョコレート」をつくっている村があり、その地でレシピを学んだという、ショコラティエールのRie Sawaiさんと共に、2年間の歳月をかけて開発。「ハニージュエリー」と名付けられた商品は、フランボワーズ、カカオニブ、ゆず、ジンジャー、ヘーゼルナッツ、ピーナッツの6種類の味と見た目も楽しめるアソートボックスです。

1712_bouddica_01.jpg
BOUDDICA ハニージュエリー / 3,132円(税込)※各1種×6枚入り

ミツバチは体内の酵素で、花から採取したショ糖をブドウ糖と果糖に変えるので、糖質を気にする人でも安心。また、腸の調子を整え免疫力をアップさせてくれるので腸活にもなりそう。フランス菓子・料理研究家の大森由紀子さんのアドバイスもあり、ハニージュエリー以外にもこれからのラインアップに新商品が加わる予定だとか。

日常のライフスタイルを、少しだけいつもと違う気分にしてくれそうな、健康に配慮されたリッチで魅力的なチョコレートです。

BOUDDICA

    specialbunner

    Ranking

    1. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    2. 「グルテンやめたら調子がいい」は気のせい? グルテンフリー8つの誤解

    3. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    6. 肩こり・首こり改善にはストレッチ! 最速で柔軟性をアップさせる方法とは

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. 女医さんに聞く、デリケートゾーンのモヤモヤを吹き飛ばすヒント

    9. 体の不調や疲労を瞬殺で解決! 簡単メソッド5つ

    10. 「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

    1. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?

    2. 肩こりで押すべきは上より下! SNSで話題の「10秒ストレッチ」って?

    3. 飛行機、新幹線で選んではいけない席とは?

    4. カリスマトレーナーが教える「腕と腹筋の週末集中トレーニング」

    5. 栄養士・医師が選ぶ「やせる食材10選」。優秀なフルーツはどれ?

    6. 風邪をひきたくない! 管理栄養士が実践しているおすすめの食べ方

    7. ダイエットのために覚えたい。間食に食べるべきナッツの種類と量の目安は?

    8. 専門家が伝授。すぐわかる! 股関節ゆがみチェック

    9. 知っておくべき新ジェンダー。「ノンバイナリー」は何を意味する?

    10. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    1. 風邪の引きはじめ、医師・栄養士がすすんで食べているものは?

    2. 「更年期」を迎えると体や気持ちはどう変わる? 膣がにおうのは正常?

    3. やせやすい体をつくる食事の3大ルール。午前中は何を食べるとベター?

    4. 風邪じゃないのに「のど」がつらい...甲状腺がんを疑うべき6大サイン

    5. 疲労回復の権威が教える「疲れ」のとり方。ほぐすべきは肩より脳!

    6. 1日1万歩は歩き過ぎ? ウォーキングの新常識とは?

    7. 体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

    8. 熱や風邪で動けない! 寝こんだときに食べるとよいもの、悪いもの

    9. 発症率は男性の3倍! 女性が「甲状腺がん」を気をつけるべき理由

    10. あっという間に、最高の柔軟性が手に入る! 「最新ストレッチ」とは?