1. Home
  2. EAT
  3. 脂肪の蓄積を防ぐスーパーフード「クコの実」のおいしい食べ方

脂肪の蓄積を防ぐスーパーフード「クコの実」のおいしい食べ方

16,455

片岡理森

脂肪の蓄積を防ぐスーパーフード「クコの実」のおいしい食べ方

冬になると、代謝不足が気になります。それに加えて、年末年始のイベントでいつもよりお酒を飲んだり、カロリー高めな食事も多くなったり。油断してると、年明けには立派な「正月太り」体形ができ上がってしまうことに。

適度な運動はもちろん有効ですが、もっと気軽にできる予防方法はないかと思っていたところ、「クコの実」にその効果が秘められていることを知りました。

世界中で注目されるスーパーフード「クコの実」

中国では古くから漢方薬として親しまれており、日本でも平安時代から食していたという鮮やかな赤い色のクコの実。ポリフェノールビタミンCが豊富で美容によいことから欧米でも注目され、スーパーフードとして人気が出ています。

実は、クコの実には、美容のほかにもこんな効果が期待できるそうです。

1712_gojiberry_01.jpg

クコの実には、ルチンやタンニンといったポリフェノールやビタミンC、ゼアキサンチンが豊富に含まれています。その他にも、ベタインβ-シトステロール、ビタミンB1、ビタミンB2、リノレン酸、ミネラル類など含まれおり、とても栄養豊富な食品と言えます。これらの栄養素を摂取することで、美肌・アンチエイジング効果、ダイエット効果、視力低下予防や白内障予防、ストレスをやわらげる効果など、様々な効果が期待できます。

(「Diet Plus」より引用)

注目なのが「ベタイン」という栄養素。これが、肝臓に脂肪が溜まってしまうのを予防し、脂肪の排出を促す効果が期待できるのだとか。さらに、ベタインは消化の手助けもするとされ、胃を保護する働きをするので、医薬品でも活躍しているそうです。

「クコの実」の食べ方と注意点

この時期、積極的に摂りたい食品ですが、どんな食べ方があるのでしょうか?

日本で流通しているクコの実は、ほとんどがドライフルーツの様に乾燥させたものです。スープやおかゆに加えると、クコの実の赤色が鮮やかな彩りになります。水でもどして、サラダやスムージーに加えるのも良いでしょう。甘めの味付けを施すと、デザートのトッピングにもなります。乾燥したクコの実をグラノーラに加えると、気軽に食事に取り入れることができます。さらにヨーグルトをプラスすれば、クコの実の栄養とあわせて、食物繊維・乳酸菌をとることができます。

(「Diet Plus」より引用)

1712_gojiberry_02.jpg

クコの実というと、杏仁豆腐の上にのった姿をまず思い浮かべます。鮮やかな赤色は料理のアクセントになりそうだけど、それ自体を食べるというイメージがありませんでした。主張しない味なので、どんな料理にも合いそうですが、グラノーラに混ぜるというのが一番手軽かもしれません。また、栄養価の高いクコの実は、食べるのに注意点もあります

クコの実は一度にたくさん摂取すると、お腹をくだしてしまう可能性があります胃腸が弱い方は摂取量に特に注意してください。ダイエットの結果を求めすぎて、食べすぎたりしないように気をつけましょう。また、妊娠中や授乳中の女性、低血圧の方は、クコの実の摂取を避けたほうが良いと言われています。また、まれにクコに対してアレルギーのある方もいます。食品にアレルギーがある方や、食べて不調を感じた経験がある方は避けることをおすすめします。

(「Diet Plus」より引用)

以前、マイロハスに登場していただいた薬膳アドバイザー・長谷川あんのさんによると、「1日の目安量はティースプーン1杯(10粒)程度」だとか。体に良いからといって食べ過ぎないように気をつけましょう。

脂肪の蓄積を予防し、目の健康や美容にも効果が期待できるというクコの実。適量を摂り入れたら、この冬は体形をキープできるかも。

Diet Plus

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. トーストに合う、おいしい目玉焼きの作り方。あの調味料をたっぷり入れてみて!

    2. 美容と健康の強い味方。今がおいしい「れんこん」の豆知識

    3. 2021年1月18日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. スムーズな寝落ち、ぐっすりとした眠りを求めるなら、紫色のあの野菜を食べよ!

    6. 2021年は長所を伸ばす年にしよう。心理テストでわかる、あなたのいいところ

    7. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    8. モノもコトも、忙しいだけの毎日を変える「捨てる技術」。本当に大切な1%を見極める

    9. キツイ! けど、ギリギリできる。脂肪燃焼効果が続くジャンプしないHIIT

    10. チアシード入り、赤米、黒米も。グルテンフリーが体も喜ぶ「ライスパスタ」

    1. トーストに合う、おいしい目玉焼きの作り方。あの調味料をたっぷり入れてみて!

    2. キツイ! けど、ギリギリできる。脂肪燃焼効果が続くジャンプしないHIIT

    3. 美容と健康の強い味方。今がおいしい「れんこん」の豆知識

    4. 「ただ休む」ことにも練習が必要。休息のヨガでストレスを解き放つ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    7. 2021年は長所を伸ばす年にしよう。心理テストでわかる、あなたのいいところ

    8. 納豆マニアが厳選。スーパーで買えるおいしい納豆12選

    9. 2021年1月18日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. チアシード入り、赤米、黒米も。グルテンフリーが体も喜ぶ「ライスパスタ」

    1. 2021年は長所を伸ばす年にしよう。心理テストでわかる、あなたのいいところ

    2. トーストに合う、おいしい目玉焼きの作り方。あの調味料をたっぷり入れてみて!

    3. 丑年に贈る心理テスト。あなたの「牛度」は何%?

    4. 【心理テスト】2021年、あなたが大切にしたいヘルシーな「モットー」は?

    5. キツイ! けど、ギリギリできる。脂肪燃焼効果が続くジャンプしないHIIT

    6. 週に2日控えめにするだけ。イギリスBBCも注目する「5:2ダイエット」

    7. 美容と健康の強い味方。今がおいしい「れんこん」の豆知識

    8. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    9. 股関節が痛む人も安心。脚を組まずにおしりとハムストリングを伸ばす

    10. チアシード入り、赤米、黒米も。グルテンフリーが体も喜ぶ「ライスパスタ」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら