1. Home
  2. EAT
  3. 風邪をひいたかなと思ったら少食に【あるベジタリアンの食卓】

風邪をひいたかなと思ったら少食に【あるベジタリアンの食卓】

1,601

松永真美

風邪をひいたかなと思ったら少食に【あるベジタリアンの食卓】

今年の冬はずいぶんとあたたかいなあと油断していたら、急に冷え込みはじめましたね。寒くなって空気が乾燥すると、風邪やインフルエンザが流行ったりするものです。『家庭でできる自然療法』(東條百合子著/あなたと健康社)には、風邪についてこんなふうに書かれています。

大食、過食、連食をして胃腸がくたびれるとかぜに負けやすくなります。断食中にはどんなに寒くてもかぜをひかないものです。何かを必死にして気が張っている時もかぜをひきません。つまり、自律神経が活発に働いてくれるからです。気持ちがだれたり、くよくよしたりなどの時は、自律神経は疲れますから働きにくい。その上胃腸が弱ったら年中かぜをよびこむようになります。

『家庭でできる自然療法』P173より引用

体や気持ちが弱ると、食べて栄養をつけなければと思いがちですが、ここでおすすめされているのは、間食をやめること、よく噛んで食べること、食事は腹八分目にすることです。

また、ごはんにすりごまをたっぷりかけて食べることや、梅干しを1日に2個食べることも風邪の予防にいいとされています。私自身も、胃腸が弱っていると、全身がなんとなく疲れた感じがして、エネルギーがわいてこない感覚があります。食べた物を消化するのには、たくさんのエネルギーを必要とします。

エネルギーを消化ではなく、体の修復に使えるよう、風邪かな、なんだか体調が悪いなと思ったら、少食にするか食事を抜くかして、梅醤番茶を飲み、夜は早く眠ることにしています。そうすると、不調が長引くこともありません。

今日食べたもの:きんかんの黒糖煮

『家庭でできる自然療法』(P174~175)によれば、きんかんを丸ごと黒糖でジャムのように煮たものは、何年でも保存でき、そのまま食べるか熱い湯を注いで飲むと、せきや風邪に効くとあります。

きんかんは洗って、ヘタを取ります。半分か1/4に切って種ごと鍋に入れ、黒糖を加えます。そのまましばらくおき、水分が出てきたら火にかけてきんかんがやわらかくなるまで煮ます。以前、実を丸ごと煮たことがあって、これもおいしかったのですが、今回はお湯で割って飲みたいと思い、小さくカットしました。

    Ranking

    1. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    2. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 10月後半のおひつじ座【LUAの12星座占い】

    9. 一度クサくしてしまった服を、劇的に復活させる方法。洗濯王子が教えます!

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    4. 言霊って本当にあるの? 公認心理士に聞いてみた

    5. 「鶏むね肉」を使った1週間献立。季節の変わり目の疲れを撃退

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    8. 眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

    9. 【永久保存版】人気ブランドから良コスパまで。ソムリエおすすめワイングラス22選

    10. 「上腕三頭筋」のトレーニング。1年中、二の腕を鍛えたほうがいい理由とは?

    1. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    8. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら