1. Home
  2. EAT
  3. 風邪をひいたかなと思ったら少食に【あるベジタリアンの食卓】

風邪をひいたかなと思ったら少食に【あるベジタリアンの食卓】

1,717

松永真美

風邪をひいたかなと思ったら少食に【あるベジタリアンの食卓】

今年の冬はずいぶんとあたたかいなあと油断していたら、急に冷え込みはじめましたね。寒くなって空気が乾燥すると、風邪やインフルエンザが流行ったりするものです。『家庭でできる自然療法』(東條百合子著/あなたと健康社)には、風邪についてこんなふうに書かれています。

大食、過食、連食をして胃腸がくたびれるとかぜに負けやすくなります。断食中にはどんなに寒くてもかぜをひかないものです。何かを必死にして気が張っている時もかぜをひきません。つまり、自律神経が活発に働いてくれるからです。気持ちがだれたり、くよくよしたりなどの時は、自律神経は疲れますから働きにくい。その上胃腸が弱ったら年中かぜをよびこむようになります。

『家庭でできる自然療法』P173より引用

体や気持ちが弱ると、食べて栄養をつけなければと思いがちですが、ここでおすすめされているのは、間食をやめること、よく噛んで食べること、食事は腹八分目にすることです。

また、ごはんにすりごまをたっぷりかけて食べることや、梅干しを1日に2個食べることも風邪の予防にいいとされています。私自身も、胃腸が弱っていると、全身がなんとなく疲れた感じがして、エネルギーがわいてこない感覚があります。食べた物を消化するのには、たくさんのエネルギーを必要とします。

エネルギーを消化ではなく、体の修復に使えるよう、風邪かな、なんだか体調が悪いなと思ったら、少食にするか食事を抜くかして、梅醤番茶を飲み、夜は早く眠ることにしています。そうすると、不調が長引くこともありません。

今日食べたもの:きんかんの黒糖煮

『家庭でできる自然療法』(P174~175)によれば、きんかんを丸ごと黒糖でジャムのように煮たものは、何年でも保存でき、そのまま食べるか熱い湯を注いで飲むと、せきや風邪に効くとあります。

きんかんは洗って、ヘタを取ります。半分か1/4に切って種ごと鍋に入れ、黒糖を加えます。そのまましばらくおき、水分が出てきたら火にかけてきんかんがやわらかくなるまで煮ます。以前、実を丸ごと煮たことがあって、これもおいしかったのですが、今回はお湯で割って飲みたいと思い、小さくカットしました。

    Ranking

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. しっとり、クタクタまで煮て。飛田和緒さんの「茹で過ぎ」野菜料理

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    8. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    9. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    10. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    6. 【心理テスト】プライド? 人間関係? 2022年に捨てたいもの診断

    7. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. 「糖質」と上手につきあおう。肌の老化にもつながる未来のAGEを増やさないコツ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら