1. Home
  2. 婦人科

婦人科の記事一覧

顔がほてる、汗をかく。最も多い悩み「ホットフラッシュ」の改善策

更年期の不調に「個人差」があるのはなぜ? 日によって症状も程度も違うのは?

体重もメンタルも。自分のリズムにあわせてコントロールする方法

女性の人生を1日とすると、更年期はランチ後のお茶の時間。怖がらないで大丈夫

「女性なら、誰もが受けるべき」は間違い。乳がん検診の真実/ピンクリボン強化月間

乳がんの早期発見のためにすべきこと。検診は「不要不急」ではない/ピンクリボン強化月間

若年性乳がんになりやすいのはどんな人? きちんと知りたい「乳がん」のこと/ピンクリボン強化月間

子宮をあたためると生理痛は軽くなる? 女性の「健康都市伝説」を宋美玄さんが論破

一見、真逆のイライラとクヨクヨ。実は原因は同じなのです

新型コロナ禍で、わけもなく涙が出る、気分が落ち込む。どう対処すれば?

疲れやすい、やる気がでない。女性のメンタル不調に役立つ漢方は?

頻尿でトイレが近い、つい漏れてしまう…こんなこと増えていませんか?

2月4日は世界がんデー。乳がん・子宮がん・卵巣がんのサインと予防法15

看護師が明かす、あなたが医師にすべき質問7つ

デリケートゾーンの優秀アイテム7つ。ウォッシュ・サプリ・専用カミソリも

年齢に応じた必要なケアを寄り添いながらサポートするかかりつけ医/産婦人科医・井上裕子先生

クリトリスが性交部位から離れた場所にある理由とは?

女性特有のつらさ、これからの時代は「テクノロジー」で解決できる?

生理周期のトラブルやプレ更年期に丁寧に向き合う婦人科のマイドクター/産婦人科医・松村圭子先生

ニキビとリフトアップ治療に優れた皮膚科のマイドクター/皮膚科医・堀内祐紀先生

「冷え方」でわかる更年期のサイン。その対処法は?

生理の出血が多い女性のうち8割は貧血かも! 疲れやすい、だるい人は要注意

「生理用品をつくれなかった」彼女が一番作りたかったタンポンを作るまで

彼との記念旅行が大惨事に。『生理ちゃん』が教えてくれる男女の違い

女性が気楽に立ち寄れる地域のホームドクター/産婦人科医・船津雅幸先生

あなたの身体や生理は大丈夫? 将来の妊娠を考えながら健康に向き合う

ナプキンの選び方ってどうしてる? いま基準に加えたい視点とは?

肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

出血が多くても生理だから仕方ない! と思っていませんか? 過多月経は治療できます

生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問