1. Home
  2. 婦人科

婦人科の記事一覧

「外陰部の腫れ」は悪性がんの恐れも。セルフチェックの方法は?

「セックスの痛み」の相談のしかた。医師は患者にこう言ってほしい!

4人に3人が経験してる「性行為中の痛み」。出血したら危ないの?

生理の出血が多い女性のうち8割は貧血かも! 疲れやすい、だるい人は要注意

「生理用品をつくれなかった」彼女が一番作りたかったタンポンを作るまで

だるい、ほてり、イライラ…更年期に似ているけれど、実は危険な病気って?

その不調、「更年期だから」と片付けないで。深刻な病気が潜む場合も!

彼との記念旅行が大惨事に。『生理ちゃん』が教えてくれる男女の違い

女性が気楽に立ち寄れる地域のホームドクター/産婦人科医・船津雅幸先生

あなたの身体や生理は大丈夫? 将来の妊娠を考えながら健康に向き合う

ビヨンセの父が乳がんに。男性にもおこりうる「乳がん」の危険性とは?

長い間「していない」。セックスレスから抜け出すことはできるの?

ナプキンの選び方ってどうしてる? いま基準に加えたい視点とは?

「がん」は治る時代!? あきらめなかった11人が今、伝えたいこと

肌やメンタルを左右する女性ホルモン、コレステロールが関係している?

がんを乗り越えた人が「やったこと」と「やらなかったこと」

仕事中に卵巣嚢胞が破裂! どれだけ痛いのか体験者に聞いた

出血が多くても生理だから仕方ない! と思っていませんか? 過多月経は治療できます

何度もイケる体になるには? セックス博士が4つのテクを教えます

生理予定日はコントロールできる?生理について7つの疑問

「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

閉経後女性の乳がん予防に有効な食事とは?

いまこそ知っておきたい、「生理」と「ピル」の基礎知識

放っておくと本当にまずい。「卵巣がん」の地味なサインとその怖さ

「自分は大丈夫」と思わないで。がんを克服した9人のアドバイス

「生理休暇」は有給? 無給? あなたを守る制度について

痛みがなく気づきにくい「卵巣」の病気3つ。度重なる下痢や便秘は疑って!

月経周期や更年期の不調対策、心のケアに定評/婦人科医・吉野一枝先生

閉経したら卵巣はどうなる? 卵子はいくつあるの? 卵巣のキホン

セックス博士に聞きました!「女性は一晩で何回イケますか?」