「パーソナライズドビューティ」とは

シンプルなのになぜかいつもすてき。清潔感があって「印象がきれい」......。魅力的な女性は皆、本来の個性を魅力に変えて、自分だけの美しさを表現しているもの。その人だけの持ち味を美しさにつなげているから、自信に満ちて活き活きと輝いています。

顔立ちだけではなく、体も肌も体質も。一人ひとりが全て異なるわたしたち。今もこれからも、ずっときれいでいたいなら、意識したいのが「パーソナライズドビューティ」という発想。一人ひとり、自分のための美しさを自ら作ろう、という考えです

パーソナライズドビューティ」連載、第1回のゲストはランニングアドバイザーの番場由衣さん。「走ること」に打ちこみ、「走り続けること」で磨かれた美しさの秘密をうかがいました。

芯の強い女性でありたい

pb_vol1_01.jpg
内面から明るい光が差してくるような、柔らかな笑顔が印象的な番場さん。自分らしく毎日を楽しんでいる人ならではの、心の余裕や充実感が伝わってきます。

番場さんに理想の女性像を聞いてみました。

芯の強さを感じる人、なにか打ち込むものを持っている人。70歳、80歳になっても姿勢がきれいな人――でしょうか。

以前、温泉に行ったときに、若い女の子がみんなスッピンで帰っていくなかで、ひとり丁寧にお化粧をしていた70代くらいの方がいて。いくつになっても美しくいたいという気持ちがみえるその姿が、すてきだと感じました」

日常的なシーンでは、電車で座っても背もたれに寄りかからずに、あえて浅く座るシャンとした姿勢の女性。自分を客観的に見ることができるといった、大人の節度を持った女性に憧れると話してくれました。

走るとポジティブスイッチが入る

pb_vol1_02.jpg


私たちから見れば、番場さんもまた、そんな「芯」を感じさせる女性のひとり。現在の彼女を形作ってきたコアが「走ること」です。

走っていると、いろんな嫌なもの、嫌なことがなくなっていくんです。悩みがあっても、走り終わったころには『もうそんなこと、どうでもいいや!』と切り替えられる。ポジティブなスイッチが入る瞬間があるみたい

番場さんにとって、走ることは日常。朝のランニングは顔を洗うのと同じでルーティンワーク、走らないと気持ちが悪くなってしまう――と笑います。

「走る時間は、1番私らしくいられる時間。ひとつのことに集中して、そのことに打ち込めている状態が好きなんです」

番場さんが走るとポジティブになれるのは、きっと「走っている自分が好き」と思えるから。大人の女性にとって、そんな自分なりのポジティブスイッチを持つことは、とても大切なことのような気がします。

いつでも始められる魅力

pb_vol1_03.jpg
番場さんいわく、思い立ったらいつでも始められるのもランニングの魅力。

「70代の初心者の女性を指導したことがありますが、2年程でグングン伸びて、年齢別マラソン大会で優勝したんですよ。あらためてランニングに年齢は関係ない、と実感しました

途中でやめてしまう人は、私は向いていないとか、やるなら10キロは走らなくちゃとか、固定観念が強い気がします。できない、と自分で決めてしまうのはもったいない。少しずつ走ればいいと思うんです」

ストイックになりすぎずに、気の向くままに走るのが番場流。ちょっと物足りない、ぐらいでやめておくのがポイントだそう。

好きなときに好きなだけ走る、喜び

pb_vol1_04.jpg
番場さんがランニングを始めたのは中学時代。大学生まで長距離ランナーとして、厳しい練習を続けてきました。

「当時は決められた時間、決められた距離を走るのが私にとってのランニング。楽しいというのとはちょっと違っていましたね。

卒業後、いったんは辞めようと思ったのですが、1週間もしないうちにイライラしてきて。もう人に当たるくらい(笑)。それで走ってみたら、嘘みたいに気持ちがすっと『ひらけた』んです

やっぱり私は走らなきゃダメ、でも仕事しながらだと、昔みたいなきついトレーニングは続けられない......。試行錯誤しているうちに、『好きなときに好きなだけ』走るスタイルに行き着きました

競技者を卒業して8年。新しい喜びを味わいながら、番場さんは今も走り続けています。

楽しく、そして美しくなるランニングのコツ

pb_vol1_05.jpg
最後に、美しくなるランニングのコツを番場さんに教えてもらいました。

・姿勢を意識して走る

女性は腹筋が弱くなると、前かがみになって姿勢が悪くなりがちです。ランニングでは、姿勢がとても重要。姿勢を意識しながら走るとインナーマッスルが鍛えられ、体幹がしっかりしてくるので、自然と姿勢が良くなります。

・「走る」を入口にキレイを拡大

私自身もそうでしたが、走ると自分の体に対する意識が高まるので、口に入れるものや、スキンケアにも自然と気を配るようになります。太陽の光を浴びて走ったあとはビタミンCをとろうとか、汗をかいたから鉄分の多い食事をしようとか、体との対話を増やすことがキレイの近道です。

「大切なのは、続けること。気分が乗らないときは、走るまでいかなくても、『走る前』につながることをするだけでもいいんです。ウェアに着替えてストレッチするだけでも気分が変わります。無理せず少しずつ、自分が心地よく続けられるペースを探してみてください

後編は、いよいよ実践編。番場さんにご指導いただきランニングの基本を学びます。お楽しみに!

LISSAGE

article_under_banner.jpg
pb_vol1_06.jpgランニングアドバイザー 番場由衣さん

1985年生まれ。中学から大学まで陸上部に所属し、東日本女子駅伝や全国大学女子駅伝などに出場。大学卒業後は国立競技場でのランニングの指導を経て、現在はフリーのランニングアドバイザーとして活動中。ランニングだけではなく、歩き方やキレイに走るための筋力トレーニングなども教えている。

撮影/内山めぐみ 取材・文/田邉愛理 取材協力/株式会社ニューバランス ジャパン