1. Home
  2. Author
  3. 田邉愛理

田邉愛理のサムネイル

田邉愛理

ライター。学習院大学卒業後、センチュリーミュージアム学芸員、美術展音声ガイドの制作を経てフリーに。40代を迎えてヘルスケアに目覚め、さまざまな分野の専門家への取材にやりがいを感じている。食、医学、運動、美容、睡眠、暮らしのリズムやマインドの整え方について、日常に役立つポイントをわかりやすく伝えることが目標。

メインは「純豆腐チゲ鍋風」。管理栄養士が教える、寒い日にうれしい低カロリー高栄養献立

有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

「栗」の知られざるパワー。疲労回復、美肌効果も

栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

眠る前の習慣に。簡単「骨盤バランス・ストレッチ」で歪みをリセット

野菜やハーブを育ててみたい。良原リエさんが「食べられる庭づくり」を指南

生理前~生理中こそ「軽い運動」を。老廃物の排出を促す過ごし方

「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

手首、足首、足の指の角度に気をつけるだけ。「動作解析」で疲れない体に

通勤がないときの疲労回復法。「アクティブレスト」3つの方法

「無気力な日」に読みたい本。大丈夫、そういう日はあったほうがいい

9月3日は「秋の睡眠の日」。疲れ知らずの体を作る上質な眠り方

「発酵ストック」で腸からすっきり、免疫アップ。今こそ知りたい「白崎茶会」の発酵定食

ヨーグルトはもっとおいしく食べられる。毎日食べたいけど飽きてしまった人はやってみて

「極端語」を使わないだけで大きく変わる。相手も自分も無駄に傷つけない会話法

感染症対策にも必要?「しそ」はなるべく刻んで食べて

新たな血糖値コントロール法に注目。野菜ファーストの「5分✕3」メソッドって?

だるいのは「夏の冷え性」かも。冷房の適温など5つのポイントで体調回復をめざす

おいしくて低糖質。「砂糖不使用」のひんやりスイーツレシピ

森拓郎さん考案の「リブトレ」って? 1日5分でくびれができて体が変わる

「ラジオ体操」の効果が倍増。肩こりやむくみにも効果的

野菜冷凍保存の新常識。「そのまま冷凍庫へポイ」が正解