1. Home
  2. Author
  3. 多田亜矢子

多田亜矢子のサムネイル

多田亜矢子

編集&ライター。雑誌『Hanako』『GINZA』編集部に勤務し、ビューティ、ファッションなどを担当。現在はフリーランスとして「Hanako.tokyo」や「FUDGE.jp」、「MASHING UP」などで活動中。

今! 今すぐここに行きたい! 30分で頭と心がすっきりする銀座の瞑想空間

【10月22〜24日開催】史上最大規模! 世界から150以上の「フェムテック」がやってくる

世界中の人が安心して心地よく使える。ハラール認証を取得した進化系クリーンビューティ・ブランドがすごい

どっと疲れを感じたときの、ディープヒーリング術/MICHIRUさん、早坂香須子さん、Georgeさんが伝授(後編)

疲れた肌とボディの一発逆転コスメ&サロン/MICHIRUさん、早坂香須子さん、Georgeさんが伝授(前編)

あら、かわいい!まあ、すてき!! 「アート」がブランケットやクッション、お皿に

現在、シャンプー&コンディショナーの満足度No.1。老舗メーカーの本気を感じるヴィーガン処方のヘアケアブランド

体脂肪率や骨格筋量まで推定。服を着たまま「写真を撮るだけ」のアプリがすごい

なめらかさがクセになる1枚、肌当たり最高なレースの1枚。どちらも天然素材/「極上のパンツ」を探し出した(後編)

まくれない、締め付けない、後ろ姿が美しい/「極上パンツ」を探し出した(前編)

メンテして、長〜く愛して。ずっと着られるTシャツ&ジーンズ

「シャンプーバー」の使い心地は? 固形シャンプー注目3ブランドを試してみた

ザクザク編めば気分すっきり。心をほぐし、SDGsも実現できる編み物キット

いけてるレインシューズがほしい! かわいくて環境配慮もされている防水シューズ3選

ズズッ。朝昼晩食べたい「腸内環境を整えるうどん」

30年後、チョコが食べられなくなる!? 廃材を用いて「チョコレート危機」に立ち向かう

シリコーン製保存容器「stasher」と「Zip Top®」を使ってみたら、保存だけでなく調理にも大活躍だった

伝統は進化させることで守られる。シンプルさの中に美意識が宿る「HaaT」の春夏コレクション

電気圧力鍋、どうやって選ぶ?判断ポイント&編集部おすすめ3選

春ファンデ豊作年。マスクに強い3選&サラサラ肌2選[極上ベースメイクアイテム・後編]

春ファンデ豊作年。つけているのを忘れるほど心地いい、自然由来高機能アイテムも[極上ベースメイクアイテム・前編]

お口のケアを見直して。マスク生活で口内環境が荒れているかも

これって、本当にヘルシー? 添加物は? 手にした食品の健康度をチェック

美しい衣服、そのすべてに物語が詰まっている。天然由来かつ高機能性な生地で紡ぐ未来へのストーリー

スポスポっ。着脱に要するのはわずか数秒。「完全ハンズフリー」なスニーカー

脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

スムーズな寝落ち、ぐっすりとした眠りを求めるなら、紫色のあの野菜を食べよ!

1枚の古着が子どもたちの笑顔につながる。楽しく参加できるサステナ活動

N21が日本人女性ふたりとコラボ。コスメとビーガンバーから始まるサスティナブルな新プロジェクト

困ったときこそ助け合い。廃棄危機のビールやワインをお取り寄せして応援[ドリンク編]