1. Home
  2. Author
  3. 増田美加

増田美加のサムネイル

増田美加

予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書に『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人みんなの漢方理事長。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク副理事長。NPO法人女性医療ネットワーク理事。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。公式ホームページ

一見、真逆のイライラとクヨクヨ。実は原因は同じなのです

不眠、寝つきが悪い、眠りが浅い…。原因はコロナストレス?

急に胸がドキドキする、息切れする。そんなときに、まずすべきこと

マスク、運動不足…。リスクが高まるコロナ禍の熱中症対策

「暑い、ほてる」だけじゃない。更年期の「冷え」はどうすればいい?

ぽっこりおなか、更年期太りかも。食べても太らない体になる方法

セルフケアだけでは口臭は解決しない!? その理由は?

30代から年1%ずつ減少する筋肉! いまこそタンパク質ファースト

新型コロナ禍で、わけもなく涙が出る、気分が落ち込む。どう対処すれば?

女性の不調は10年遅れてくる⁉︎ 眠りの質を下げない方法とは?

毎日お通じがあっても便秘の可能性も!? 【慢性便秘症チェックリスト】

ウイルスや細菌の繁殖を防ぐ「IgA」が唾液中に!【唾液の質チェックリストつき】

かぶれはバリア機能の低下。自分の皮脂分泌の過剰も原因に!

アトピー性皮膚炎の新治療薬が久しぶりに登場! 苦しんでいる人も改善の方向が

40歳以上の20人に1人! 緑内障は自覚症状なく進行します

ドライアイや眼精疲労が進む理由。 エストロゲンの減少も影響!?

頻尿でトイレが近い、つい漏れてしまう…こんなこと増えていませんか?

今年の花粉症対策。花粉量は例年よりも少ない? 多い?

インフルエンザ対策、ここがポイント。ピークが来る前にどう防ぐ?

年齢に応じた必要なケアを寄り添いながらサポートするかかりつけ医/産婦人科医・井上裕子先生

歩くたびに痛い! タコやウオノメの原因は靴ではなかった

生理周期のトラブルやプレ更年期に丁寧に向き合う婦人科のマイドクター/産婦人科医・松村圭子先生

外反母趾になりやすいのはどんな人? 足の専門医が教えます

ニキビとリフトアップ治療に優れた皮膚科のマイドクター/皮膚科医・堀内祐紀先生

「冷え方」でわかる更年期のサイン。その対処法は?

いま、毛細血管ケアがアンチエイジングに必要な理由

生理の出血が多い女性のうち8割は貧血かも! 疲れやすい、だるい人は要注意

女性が気楽に立ち寄れる地域のホームドクター/産婦人科医・船津雅幸先生

出血が多くても生理だから仕方ない! と思っていませんか? 過多月経は治療できます

月経周期や更年期の不調対策、心のケアに定評/婦人科医・吉野一枝先生