1. Home
  2. Author
  3. 小林繭

小林繭のサムネイル

小林繭

デザイン会社、広告代理店、レコード会社を経て、現在はフリーの編集ライターとして生息中。旅モノや女性向ライフスタイルを中心に、ロハス、音楽、食、和服などがフィールド。アイランダー&ビーチラバーとして、沖縄、ハワイをはじめ、離島モノを手がけることが多い。好きな島はハワイ島! 目下、踊れる編集ライター目指し、趣味のフラメンコに取り組む日々。

ありそうでなかったヒノキ製の箱、その用途は?

ここは西海岸? それともLA? いいえ、沖縄のリノベーションホテルです

グリーンあふれる部屋に、吊るして転がす #エアプランツ

敏腕バイヤーが選ぶ北欧雑貨100アイテムが集結。機能美、デザイン、その魅力を再発見

美しさは生活のなかに。民藝の父 柳宗悦の審美眼にふれる

六本木の街から見上げる月。9月15日は「中秋の名月」鑑賞へ

「道の奥は、未知の奥」。あたらしい東北をみんなでつくる #山形ビエンナーレ2016

沖縄で一番フォトジェニックな島。 海も山も欲張りたいなら久米島へ

開業1年前から異例のオープン「TRUNK(HOTEL)開業準備室」って何をするところ?

お土産の新定番に。作り手の顔、今の沖縄を発信する美味なブランド

日常のストレスを脱ぎ去って。葉山でオーシャンリラクゼーション

植物の魅力再発見。プラントハンター西畠清順によるウルトラな植物園が銀座に出現

ぐんと部屋がおしゃれに。黒板塗料でかんたんカフェ風インテリア

天体観測に音楽ライブも。オールナイトクルーズで夜のピクニック

食事がわりにサルモレホ。お腹がふくれる冷たいトマトスープ